Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

とにかくたくさん書けば人気ブログになってお客さんも来るはず!

そう思ってひたすら記事を書いていませんか?

 

 

ブログは数多く記事を書く事ももちろん大切です。

ですが、それだけでは思ったように読んでもらえないというのも現実のところ。

 

 

趣味で書いている日記のブログなら何も気にせず徒然なるまま書けば良いのですが、ビジネスブログとなると少し意識の転換が必要です。

やはり、読んでくれる人にとって価値のあるものを情報として提供しなければ読んでもらう事は難しいと言わざるをえません。

 

 

じゃあ読んでくれる人にとって価値のある情報ってどうやって見つけるの?

何を書いたらみんなが求めている情報になるの?

 

 

そのヒントを得るための行為が『キーワード選定』です。

どんなキーワードを使って検索されているのかを調べた上で記事を書くということ。

 

 

検索キーワードを意識する記事ばかり書く必要はありません。

ですが、多くの人がどんなことに興味関心を持っているのかを知ることは大切なことです。

 

 

キーワード選定をして、しっかりと書いた記事は面白いようにアクセス数に違いが出てきます。

ネット検索からのアクセスを増やして、集客や売上アップにつなげたい方はぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

 

 

検索キーワードの意味するもの

何か調べ物をするときに、GoogleとかYahoo!を使って、知りたい事を連想する言葉(キーワード)を入力して検索しますよね。

この検索するときに入力している言葉の事を検索キーワードと言います。

 

 

この検索キーワードというのは、いわば検索ユーザーの『質問』です。

 

 

つまり、自分が知りたい事をGoogleやYahoo!に質問したら、それに対してのベストアンサーを答えてくれるというのが、インターネット検索の考え方です。

そのため、ブログ記事等のWebサイトのコンテンツには何を求められているのかというと、検索窓に入力された質問に対する答えが求められています。

 

 

それは、『神戸の美味しいラーメン屋ってどこ?』っていう質問かもしれませんし、『疲労を溜めないコツってあるの?』っていう質問かもしれません。

GoogleやYahoo!に寄せられてくる質問に対する自分の回答を記事に載せて発信していくことがSEO対策です。

 

 

 

SEO対策のというのは、決して機械を相手にするものではなく、『人』が何に悩んでいて、何を知りたいのかを理解しておかないと上手くいかないということです。

 

 

検索キーワードの検索数はニーズの数

検索キーワードというのは、『質問』だという話をしました。

言い換えると、それはニーズがあるということです。

 

 

人気があって影響力の強い人のブログは、このニーズにしっかり応えているブログだとも言えます。

でも、みんながどんなキーワードで検索しているかどうかなんてどうやって分かるの?

そう疑問に思う人もいますよね。

 

 

結論から言うと、Googleが提供しているキーワードプランナーというツールを使うと簡単に分かります。

 

 

1ヶ月の間に10,000回検索されてたら、このキーワードに関する情報をみんなが求めているというのが分かりますし、もし10回だとしたらほとんど誰も求めていない情報だと言えます。

ビジネス目的のブログであれば、好きだからといって全く誰も求めていない情報を出してても仕方ありません。

それだとただの趣味になってしまいます。

 

 

ビジネスである以上、誰かの問題を解決するための情報でないと意味がありません。

だからこそ、どれくらいのニーズがあるのかをあらかじめ確認して記事を書くというのも、時には必要です。

 

 

実際には検索する人自身が本当の問題に気付いていないケースも多いので、その道のプロとして発信するからにはそのような潜在的なニーズにも応えたい。

だから毎回毎回、検索キーワードを意識して書く必要はありませんが、顕在化している問題に答えるには検索数を調べることは有効なことです。

 

 

検索数だけ見てキーワード選定をしない

検索キーワードの検索数を確認しましょうと言うと、検索されてる数が多いほど良いと思ってしまいますが、一概にそうとは言えません。

検索数が多いキーワードというのは、多くの人が検索しているキーワードなので、明確な質問ではなくてボヤッとしている事が多いからです。

 

 

例えば、『ラーメン』っていうキーワードでの検索は月間に100万回以上行われています。

すごい回数ですよね。

でも、このキーワードで検索している人が求めているものが何なのかは曖昧です。

 

 

美味しいラーメンの作り方を知りたいのか、美味しいラーメン屋に行きたいのか。

もしかしたら、ラーメンって何?って思って検索してるかもしれない。

 

 

それが、『美味しいラーメン 神戸』だったら、ラーメン食べたいと思ってラーメン屋探してますよね。

だからただ単に検索回数が多いのを狙うんじゃなくて、どういった心境からそのキーワードで検索しているのかを想像しやすいものから狙っていくことが大切です。

ゆくゆくは、検索数の多いキーワードを攻略して広く認知を広げていくというのもアリですが、それはずっと先の話です。

 

 

いかに自分の求めている人に来てもらうのかが重要

極端な話をすると、ラーメン屋さんをやっていたとして、ラーメン嫌いな人たちにいくら自分のブログにアクセスしてもらっても、それは結果に結びつかない可能性が高いですよね。

 

 

もちろん、ブログでラーメンの魅力を語り尽して、想いが伝わったら、ラーメンへの印象が変わって来店してくれる可能性もゼロではないです。

でもそれより先にラーメンが好きで好きで仕方ない人に店を見つけてもらって来てもらった方が良いですよね。

 

 

ここからは想像力を働かせながらにはなりますが、こんなキーワードで検索している人は、どんな人で、どんな事に悩んでいるのかををイメージする事が大切です。

そして、それが自分が求めている人に合致するなら、そのキーワードで上位表示させるように対策をするという形です。

 

 

逆に、検索数が多いキーワードであっても自分が来て欲しくはない人しか検索しないようなキーワードで上位表示させようとする必要は全くないということです。

 

 

具体的なキーワード選定のやり方については以下の記事に詳しく書いているので、そちらを参考にしてみてください。

検索上位表示を目指すためのキーワード選定の方法について書いた記事です!

 

 

ブログでターゲットとするのは『今すぐ』の人だけじゃない

ブログで集客しようと言うと、今すぐお客さんとして来てくれそうな人に向けて書く事をイメージするかもしれませんが、必ずしもそうじゃありません。

 

 

むしろ、ブログでは今すぐ客以外をターゲットとする方が良いと考えています。

どんな商品やサービスでもそうですが、みんなが同じタイミングでそれを必要としているかと言うと、そんなワケないですよね。

 

 

そもそも今すぐ必要としている人というのは、そうじゃない人に比べて圧倒的に少ないです。

でも、時間軸をもっと広く取ると、将来も含めて、あなたの商品やサービスが必要となる人は格段に増えます。

 

 

その将来的に必要となる人たちに、必要となった時に自分を選んでもらうためにブログで価値ある情報を提供しておくという事です。

だいたいどんなジャンルも今すぐ客というのは、数パーセントと言われています。

 

 

この圧倒的少数派だけに目を向けるのではなく、そうじゃない人との人間関係を作って信頼してもらっている状況を作り上げていく事です。

 

 

見込み客の分類について以下の記事で書いています!

 

 

まとめ

検索キーワードというのは多くの人が顕在的に求めていることを表したものです。

記事の中でも言いましたが、検索キーワードというのは検索ユーザーからの質問なので、その質問に対する自分のベストアンサーを表現するのがSEO対策を施したブログ記事です。

 

 

ブログ記事を通して専門家として多くの人の悩み事を解決していきましょう。

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事