検索からのアクセスを劇的に増やすためのSEOキーワード戦略

Pocket

ブログ・オウンドメディアにアクセスを集める方法として 主に『検索』と『SNS』があります。

どちらも重要な事で、欠かすことは出来ません。

 

今回はそのうちの『検索』からのアクセスに関して重要な キーワード戦略について書きます。

 

ブログやオウンドメディアをこれから作り始める方、 既に運営し始めているけれどまだまだ思うような成果が出せていない方は ぜひ読んでみてください。

 

 

 

闇雲に書いていてもアクセスは増えない

ブログを書き始めた頃は何を書いたら良いのかも分からないですし、 文章書くことにも慣れていないので、 まずはとにもかくにも『書く』ということが大切です。

 

最低でも最初の1ヶ月は毎日書き続けるというぐらい あまり難しいことを考えず習慣化させるつもりで書いていきましょう。

 

ですが、そのままずっと書き続けていてもなかなかアクセスも増えず、 心が折れそうになります。

というより、多くの人の心が折れています。

 

実際に僕もこのブログを書き始めた当初は全くアクセスがなく、 1日のアクセス数が5PVとかが普通でした。

5PVといっても、そこには僕自身がブログを確認するためのアクセスも 含まれているので、実質2〜3PVです(笑)

 

そこからFacebookでシェアするようになったり、 名刺にURLを書いたりしながら少しずつ増えるようにはなったのですが、 検索からのアクセスはほとんど無いという状況が続きました。

 

キーワードを意識するように考え方を変えた

キーワードリサーチして狙ったキーワードで記事を書くという考え方があること自体は知ってました。

 

ですが、最初はそんなことより、自分が書きたい事を書くのが1番想いは伝わるし、 キーワードにとらわれてたら、良い記事は書けないと思ってちょっと嫌煙していました。

 

それでも数ヶ月書き続けてましたが、一向にアクセスが増えないという状況で、 考え方を改めてキーワードをしっかり意識するようにしました。

 

やっぱり、そうするとジワジワ検索からのアクセスが増えてきています。

いま時点も順調に増えていっているところなので、 これからもキーワードを意識して記事を書いていくつもりです。

 

キーワードというのはユーザーニーズ

最初、キーワードを意識して記事を書くという行為は、 とても機械的な感じがして、やる気にならなかったのですが、 ある本を読んでいた時にこんな事が書いていました。

 

検索キーワードというのは、ユーザーニーズそのもの

 

確かにそうだなぁって思ったんですよね。 検索って別に機械がしてるわけではなくて、 インターネットというバーチャル世界の向こう側にあるリアルな世界の人が、 何かの悩みを解決したくて行っているわけです。

 

で、検索キーワードっていうのは、この人の悩みを表すものであって、 キーワードを意識して記事を書くというのは、悩みに応えてるようなものです。

目の前にいる人の悩み相談に乗ってるのと本質的には一緒やなぁと意識が変わりました。

 

キーワード戦略の進め方

それでは実際にどんな感じでキーワード戦略を立てているのかをご紹介したいと思います。

もちろんこれだけが正解では無いので、あくまでも参考で、 あなたにあったやり方を見つけたもらえればと思います。

 

①大キーワードを考える

まずはアナログに自分のビジネスに関係するキーワードを考えます。

 

例えば、釣り具屋さんだったら、『海釣り』とか『サビキ釣り』、『エギング』みたいな感じで、 少し大きな括りのワードを思いつくままに書き出します。

 

これがこの後のベースになるので、しっかり考えてみてください。

もちろん、あとから思い付いたキーワードがあれば書き足してこの後のステップを同じように進めてください。

 

②複合キーワードを調べる

次に複合キーワードを調べます。

複合キーワードというのは、 ①で書き出したキーワードと合わせて検索する時に使うワードの事です。

 

例えば、『海釣り 初心者』みたいな感じです。

 

キーワード戦略においての基本事項なんですが、 いきなり大きなキーワードを攻略するのは難しいので複合キーワードといって、 組み合わせでのキーワードをまずは攻めていきます。

 

複合キーワードでの検索でジワジワとGoogleの評価を高めていって、少しずつ全体を底上げして、 単一のキーワードを落とすというような流れが王道パターンです。

なので、この複合キーワードを洗い出すのですが、 この時に使うのが、Googleのサジェスト機能です。

 

難しそうな名前が付いていますが、 Googleの検索窓に一つキーワードを入力して、スペースを入力したら、 Googleの方からキーワードを提案してくるあれのことです。

この提案してくるのをメモしておきます。

 

③関連キーワードを洗い出す

ここまで出来たら、次に①と②で出したキーワード一つ一つに対して、 ツールを使って関連キーワードを洗い出します。

 

ツールといってもWeb上で無料で提供されているものです。

このツールというのが『goodkeyword」というもので、下記のURLから利用できます。

goodkeywordはこちら

 

④Googleキーワードプランナーでボリュームを調べる

③のステップで抽出した関連キーワードをコピーして、 Googleキーワードプランナーでそれぞれの検索ボリュームを調べます。

 

GoogleキーワードプランナーもGoogleのアカウントさえ持っていれば 無料で利用できるので、ぜひ使ってみてください。

これについて詳しい内容はまた別途記事を書きたいと思います。

 

優先順位を付けて記事を書いていく

この流れで、検索キーワード毎にどれぐらいの検索が行われているのかが把握できます。

 

これらのキーワードを狙った記事を1つずつ書いていって攻略していくイメージです。

 

検索ボリュームが多いものというのは、一般的には競合も多いので、上位表示はしにくいです。

逆に検索ボリューム少なすぎるものは、 いくら上位表示できても、そもそも検索する人が少ないのでアクセスも少なくなります。

 

その辺りのバランスを見ながらどのキーワードを狙うのかを決めます。

 

競合のサイトをリサーチして追い越す

記事を書いて更新したら一旦はそれで完了で次のキーワードの記事を書いていきます。

これをどんどん続けていくのですが、2〜3ヶ月経ったタイミングで、 それぞれのキーワードで自分の書いた記事がどれぐらいの順位にいるかを調べます。

 

本当はもっと早くチェックしていきたいところではあるんですが、 記事を更新してすぐにガンガン上位表示されていくということは無いので、 少し寝かしておく必要があります。

 

最近はGoogleの検索エンジンも改良されていて、 検索ランキングに登場するスピードも速くなってきているように感じるので、 もう少し早くてもいいかもしれませんが、記事のリライトをしていきます。

つまり、過去に書いた記事を改良していくわけです。

 

改良するポイントを考えるのも比較的シンプルで、 自分より上位表示されている記事を調べて自分の記事に足りない要素を加える、 もしくは不要な部分を取り除くことです。

 

Googleは検索ユーザーにとって価値があるサイトを より上位に表示するようにランキング付けしているため、 自分より上位の記事は何かしらの部分で価値が高いと判断されているわけです。

それを調べながら改善していくというのを繰り返していくと、 そのうち評価されるようになっていきます。

 

まとめ

ということで、ブログにアクセスを集めるためには、 キーワード戦略というのが欠かせません。

 

自分のブログに訪れてくれる人が何を求めてやって来ているのかを意識することです。

もっと言うと、検索ワードを通してあなたに相談に来ているというイメージです。

その相談者に親身に応えてあげることがキーワード戦略なので、 あまり難しく考えずに取り組んでみてください。

 

あとさっきも書いたように、見直しという段階があるので、 一発で完璧にするというより反応見ながら良いものにしていくという意識でやってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!