『知ってること』と『出来ること』はイコールではない

Pocket

何か新しいことを始めるときの、1番最初のステップは『学ぶこと』です。

書籍や専門誌、セミナーなど何かしら情報をインプットして知識を得るということから始めます。

 

知らないことを全くのゼロからやるのは難しいし、学ぶというのは必要不可欠です。

どこまでいっても学び続けないといけません。

 

一部の天才ならゼロから自分で全てを考えてやっていけるんでしょうけど、そうじゃないならまず学ぶことから始まります。

 

 

学んで知識を得るということが最初のステップです。

 

ただ、『知ってる』だけで終わってしまってはダメで、それを使って行動に移していかないといけません。

なかなか学ぶところから、それを使って行動するところに移るまでにハードルがあって学ぶことだけで満足する人がとても多いです。

 

むしろ学ぶだけで終わっている人の方が圧倒的に多いのが現実です。

 

 

これも20年ぐらい前なら『知ってる』ことに対する需要はあったんです。

『歩く百科事典』みたいな異名を持ってる人が重宝されたみたいですし。

 

 

でも、今は知ってるだけでは意味がないです。

知識自体はGoogleにキーワードを入力するだけで、それもあなたよりも格段に正確に教えてくれるからです。

だから知識がたくさん頭に入っているだけでは全く意味がありません。

 

それをしっかりと使って行動すること、また頭に入っている知識を組み合わせて新しいアイディアを生みだすこと、これをしないことには学ぶ意味がありません。

 

 

今のところ、そこはGoogleではサポート出来ず人間がやらないといけないんです。

 

 

知識を得てそれを使って実際に行動してみたらどうだったか?という部分を経験値を積み重ねていくことが重要です。

 

 

私は野球をやってたので、すごく良くわかるんですが、カーブが来たらこう打つとか、スライダーの場合はこう、という感じにどうやったら打てるのかは頭では良く分かってます。

 

でも実際にその球が来たら打てるかというと、良いときで3割しか打てないんです。

知ってるのに出来ないんですね。

 

知識なんてそんなもんで、持ってるだけでは意味がありません。

知ってるだけではできないことの方が多いわけですから。

 

その最低限の知識をベースにして、それをいかにうまく活用して使えるものに仕上げていくか、そこに価値があります。

 

だから、知識として知ったことは実践していきましょう。

『知ってること』と『出来ること』の間にはとてつもなく大きな壁があります。

それを乗り越えていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!