Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

LP(ランディングページ)を作りたいけど外注して作ってもらうと高額な費用がかかる、でも自分で作るスキルも無い。

そうお困りでは無いですか?

 

 

もしそうだとしたら1つの選択肢として知っておくと便利なツールがあります。

それがペライチというツールです。

 

 

ペライチを使えばプログラミングやデザイン等のスキルがなくても使い方を覚えて文章さえ書ければLP(ランディングページ)を作ることが可能です。

 

 

そもそもLP(ランディングページ)って何?

インターネット検索をしていた時に、1ページの中にたくさんの情報を詰め込んだ、縦にすごく長いページを見たことないですか?

 

例えば、『http://relief.mohri-mhr.com』こういう風なページの事です。

 

 

厳密に言うと、自分のサイトに1番最初に入ってきたページのことをLP(ランディングページ)と言うのですが、共通認識として、セールス用の縦長ページをランディングページとみんな呼んでいるので、その理解で大丈夫です。

 

 

インターネット上でものを販売しようと思ったら、対面で直接話をしている時のように質問も出来ないので、不明点が発生しないようにしないといけません。

直接顔が見えない分、ミスマッチが起きないようにしっかりと情報を出すわけです。

 

 

だから、このページさえ読めば、購入するという意思決定をするために必要なものが全て書かれているというページのことをランディングページといい、最近ではほぼ必須のページになってきています。

でも、ランディングページを作るのはけっこうハードルが高いというのが、実際のところです。

 

 

ライティングスキルはもちろんいるし、デザインセンスも必要だし、場合によってはプログラミングスキルも必要になります。

これをプロ以外の人が作るのはなかなか難しい。

だから、ランディングページは必要だと考えているのに、目を背けているという人はとても多いんですよね。

 

 

僕自身も、WordPressは少し勉強したら自分で更新するぐらいにはなれますよ、とお伝えしたりするんですが、さすがにランディングページは簡単に作れるとは言えないです。

もちろん気合い入れて取り組むなら、全然作れると思いますよ。

 

 

ペライチならスキル不要で作れる

1番普通にベーシックな形で作るなら、HTMLやCSSといった、専門的なスキルが必要になります。

ですが、ペライチの場合は『文章を書くこと』と『クリック』が出来たら、けっこう満足できる見栄えのLP(ランディングページ)が出来上がります。

 

 

こういうツール系のサービスって、けっこうメニューやボタンがたくさんあって、それを覚えるのが大変だったりします。

『たしかにプログラミングはいらんけど、十分難しいやんけ・・・』となることが多いんですが、ペライチの場合はめちゃくちゃシンプルです。

 

 

こんなにシンプルでホンマに作れんの?と心配になるぐらいです。

 

 

SEO的にはどうか?

気になるところは、『作ったのはいいけど、アクセスしてもらえるんだろうか?』というところですよね。

 

1つはブログとかFacebookなどのSNSからペライチで作ったLPに誘導したり、広告をかけてアクセスしてもらうという経路。

これはもう誘導元のメディアのパワーに依存するので、ペライチがどうこうではないので、今回は議論の対象外としますね。

 

もう一つの流入経路が検索からのアクセスです。

『ペライチ自体はSEOに強い状態が出来ている。ただし、ペライチ内での競争に勝つ必要がある』という感じです。

 

 

アメブロと同じ構造

何を言っているのかというと、Googleのサイトの評価の仕方に関係しています。

Googleというのは、ドメイン単位でまずは全体を評価しています。

 

 

なので、ペライチを使ってサイトを作っている人が自分の他にもいるので、その人達のページも含めて全体として評価されているはずです。

で、その後に個別のページをキーワードごとに評価するという形です。

 

 

だから、ペライチを使うことは、基本的に検索では有利に働きます。

ですが、同業種の人がたくさん使い始めたら、要注意です。

 

 

Googleの検索結果の出し方として、同じドメイン内からは何ページかしか出さないからです。

同じ運営者のページばかりを検索結果として表示してしまうと、情報が偏ってしまって客観性が損なわれますよね。

そうならないような考慮をGoogleはやっています。

 

 

だから、例えばあなたがラーメン屋だとして、他のラーメン屋がたくさんペライチを使ってWebページを公開しているとすると、キーワードが被ってしまって検索結果に出てこない可能性が出てくるということです。

 

 

もちろん他のラーメン屋よりもしっかりとしたものを作り込んで、Googleに評価してもらえれば、検索結果の上位に表示される可能性もあるので、作っても意味ないということではないです。

 

 

無料プランと有料プランがある

Web系のサービスには必ずと言っても良いほど利用されている、フリー戦略がペライチでも採用されています。

機能は少し縮小されますが、1ページは無料で作ることが出来ます。

 

 

それでも、簡易的にLP(ランディングページ)を作るには十分ですし、その1ページだけなら永久に無料で公開し続けられます。

また、『1ページでは足りない』っていう場合は、有料プランもあります。

 

 

料金はページ数やサービス内容で異なりますが、月数百円〜数千円と比較的低価格で利用できるようになっています。

 

 

詳細は公式ページをご確認してみてください。

https://peraichi.com/pages/pricing

 

 

まとめ

ペライチは簡単に作れてとても便利なツールです。

WordPressを使っている場合は、WordPress自体にランディングページ作成の機能が搭載されているテンプレートもあるので、それを使うのも1つの手です。

 

 

ですが、そうじゃ無いケース等の場合にはとても重宝するので、覚えておいてもらえると損は無いと思います。

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事