500円ランチから金額と価値の関係を学ぶ
Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

いつもよく通る道沿いに500円ランチをしているお店があります。

外から見るとアメリカンな雰囲気のお店で、夜はBarをしていて、お昼時間も有効活用したいのとランチで気に入ってもらった人に夜も来てもらいたいというので、ランチは500円でやってるというお店です。

 

 

外観はポップな感じで、とても良い雰囲気が出ていて、店前に置いてある看板もオシャレな感じ。

『当店自慢の唐揚げをふんだんに使った唐揚げ丼が、なんと500円』と書いてて、ランチタイムは価格もリーズナブルな感じです。

 

 

決して人通りが多い立地では無いんですが、周りにオフィスがたくさんあるので、会社員風な人は多いし、おそらく近くに大学があって学生の子もちらほら歩いている場所です。

周りにもランチをやっている店がそれなりにあって、人の多さと店の数を比較すると、まぁまぁ激選区なのかもしれません。

 

 

冒頭に書いたお店の両サイドもランチをやっていて、それらの店にはそれなりにお客さんが入ってます。

ですが、その500円ランチのお店にはいつ見てもお客さんが全く入っていません。

 

 

両サイドのお店のランチはさらに安いというわけではなく、普通に800円とか900円でやっています。

両サイドが人気店なのか、そのお店が不人気店なのかは分からなかったのですが、明らかに人の入り方が違うので、何か理由がある事は明らかでした。

 

 

実は先日このお店に行ってみてお客さんが入らない理由を確認してきました。

注文はもちろん例の500円の唐揚げ丼です。

というより、ランチタイムはそのメニューのみで営業していました。

 

 

その唐揚げ丼はセットメニューになっていて、サラダとスープも付いてくる、かなり充実メニューです。

500円で3品出てきたら十分すぎるぐらいのボリュームですよね。

 

 

さらに、5分もしない間に食事が揃うというファーストフード並みの早さです。

500円ランチなので、すぐに出せるようにある程度作り置きして出しているのだと思うのですが、一口食べた瞬間に理由が分かりました(笑)

 

 

普通にマズイ。。。

食べれないレベルのマズさです。

 

 

ご飯は冷めてるし、唐揚げも冷たい。

敷き詰めているキャベツもシャキシャキ感ゼロで友達の家で出てきてもダメなレベルです。

 

 

いつもお客さん入ってないの知ってて、食べに行ったわけですから、ある程度は理解してお店に入ったわけですが、それでも想像をはるかに上回りました。

 

 

ここから本題に入りますが、この『ランチが500円』は安いですか?っていう話ですが、どうですか?

 

 

ランチの相場を考えたら500円というのはかなり安い部類に入ります。

たぶん、あなたが普段食べているランチも金額的にはもう少し高いと思います。

 

 

でも、この唐揚げ丼は500円だけどかなり高かった。

ランチだからこれぐらいの値段にしてたらオッケーではなくて、その値段でお客さんが食べたときに満足するかどうかが重要です。

 

 

1,000円でもめちゃくちゃ安いと思うランチもあれば、500円でも高いと思うランチもある。

500円とか価格だけでは高いも安いも判断出来なくて、受け取った人がどれだけ満足するかによるという事です。

 

 

それはもちろんランチだけの話ではなく、1000円の商品でも、1万円の商品でも、10万円の商品でも一緒のこと。

価格以上の満足度があれば安いし、逆なら高いってことです。

 

 

価格というのは価値を表現する指標なので、100円の価値しかないのに500円取られたら高いし、1000万円の価値があるものを100万円で購入できたら安いです。

決して金額だけで判断できるものではなく、それを購入することによって得られる価値で判断されるものです。

 

 

どんな仕事でも全く同じ事が言えます。

 

 

このブログで時折話題に出す、ホームページ制作業者の見積もりもそうです。

少なくない業者がホームページ制作にかかる工数によって金額の見積もりをしています。

 

 

そこから生み出される価値がどれぐらいなのかというのは度外視され、作業者が費やす時間に単価をかけて金額を算出する形です。

 

 

職人視点として時間をかけたら良いものが出来るのは分かります。

ですが、そのクオリティーアップが効果を生まない部分であるなら、職人の自己満足である可能性があります。

 

 

そこのさじ加減は非常に難しいですし、正解が無い部分です。

ただ、ビジネスとしてやる限りは価値を提供した対価としてお金をいただく形なので、自分の満足感をそこに上乗せするのは違います。

 

 

フォーカスすべきは価値です。

価値の対価が金額として反映されるということです。

 

 

500円ランチの話に戻ると、残念ながら今回の唐揚げ丼は500円の価値もなかったことになります。

実際に私自身も今後そのお店には行かないでしょうし、ランチタイムに人が入っていないことを見ると、他の人もそう感じたのだと思います。

 

 

ビジネスをしている以上、自分に対しても同じ視点で見られることになります。

その時に、見限られないように常に注意して活動していかないといけないと、改めて思わせてくれる出来事でした。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

需要と供給の関係で価格は決まる

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

ブログの関連記事
  • 自分の希少価値を確立して自分の価値を高める方法
  • ピコ太郎が売れた理由を考えてみた
  • 必要に迫られたことか、楽しくて仕方ないことしか身に付かない
  • 本を読む事は大切だけど、それだけじゃ何も変わらない。アクションして初めて何かが変わる!
  • 『早起きは三文の徳』の由来
  • 楽して簡単にお金を稼ぐ方法は本当にあるのか?
おすすめの記事