Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

ブログにプロフィールは書いていますか?

もし書いていない、もしくは適当に書いてしまっているとしたら非常にもったいないことをしているかもしれません。

ブログの中でもアクセスが多くのなるのは『プロフィールページ』です。

これだけ多くの人が見に来るということは、『どんな人がこのブログを書いているんだろう?』と思っている証拠。

そこを適当に書いているのは、ざるに水を注いでいるようなもので、お客様が興味を持ってくれているのにみすみす素通りさせてしまっている状態です。

 

 

ですが、『そういえばプロフィールって何を書いたら良いの?』という方が多いのも事実。

そこで今回は、ブログの中で重要な位置付けにあるプロフィールの書き方についてご説明したいと思います。

 

この記事をオススメする人
  • 最近ブログを書き始めた人
  • ブログのアクセスが増えてきた人
  • ブログからレスポンスが生まれ始めている人
  • ブログにプロフィールをまだ書いていない人

 

 

ブログのプロフィールはそんなにしっかり書く必要あるの?

そもそもブログのプロフィールをわざわざ時間をかけてまで、しっかり書く必要はあるのかということについてですが、もちろん時間を掛けてしっかり書くべきだと考えています。

なぜブログのプロフィールをしっかりと書く必要があるのかを理解しておいた方が、書く時のモチベーションにもなると思うので、まずはプロフィールを書く意義についてお話しておきます。

 

プロフィールページはブログ上の名刺の役割

ブログを読んでくれている人の大半は次の2つのどちらかです。

  • GoogleかYahoo!で検索してたどり着いた
  • SNSで流れてきて見てみた

 

 

特に検索からたどり着いた人に関しては、自分が知りたいことがあって調べている中で、偶然たどり着いた人なので、興味関心は記事の内容にあります。

ただ、インターネットの情報というのは鵜呑みに出来ないものも多いので、誰が書いているのかは気になるわけです。

その時に、自分の情報をしっかりと開示しているということで安心してもらうことが出来ますよね。

リアルな場で表現すると名刺を渡しているようなイメージになりますかね。

 

プロフィールで共感を得る

ブロフィールをしっかりと書いておくことで、読者の人に共感してもらえる可能性があります。

リアルな場面での自己紹介でも共通点があることで共感してもらえることってありますよね。

ブログの場合は、双方向でのやり取りをしながら自己紹介は出来ないのですが、プロフィールページという形で自分の情報を書いておけば、読んでくれた人が共通点を探しながら読んでくれます。

 

 

同じジャンルで活動している人がたくさんいる中で自分を選んでもらうために必要な要素として大きなウエイトを占めるのは『好き嫌い』です。

『この人自分と合うなぁ』と思ったら次からも読んでもらえるでしょうし、そうでなければ他の人のところにいくでしょう。

プロフィールが無ければその土俵にも立てないので、その判断をしてもらう意味でもプロフィールは書いておくべきです。

 

読者さんに自信を持って自分の記事を読んでもらうため

さっきも書いたのですが、インターネットに書かれている情報というのは、全てを真に受けると良くなくて、信頼して良い情報なのかどうか自分で判断しながら読む必要があります。

その時の判断材料としてプロフィールが機能します。

プロフィールを読んでもらうことで、『この人から情報を得て大丈夫!』と思ってもらえるようになるというのが1つ大きな目的です。

自分は何の専門家で、どんな悩みや課題を解決出来るのかを伝えながら、人間性も知ってもらえるようになっていたらベストです。

 

 

プロフィールの作りの前準備

それではブログのプロフィールページの書き方についてお話していきたいのですが、まずは書く前の準備からです。

ブログの記事も同じなのですが、実際に書き始める前の準備が重要で、それが出来ているかどうかで記事の質も大きく変わってきます。

めんどくさいと感じるかもしれませんが、後から得られるメリットは大きいので、ぜひ時間をかけて準備してから書き始めましょう。

 

プロフィール作りの準備1:自分の過去を振り返って書き出す

自分のことを知ってもらうためには、過去にどんなことをしてきたのかを整理してみましょう。

頭の中でなんとなく覚えてはいても、紙に書いて見えるようにすることで記憶も思い出してくるでしょうし、プロフィールとして使えるエピソードがあるかどうかも考えやすくなります。

まずは箇条書きで良いので、子供の頃から今までの出来事を書き出してみてください。

 

プロフィール作りの準備2:過去の出来事をプラス・マイナスに振り分ける

書き出した出来事には良いことも悪いこともあるはずです。

1つ1つの出来事をプラス・マイナスで振り分けていってください。

後で詳しくお話しますが、プロフィールというのは自分の良い面ばかりを話すのではなく、過去の失敗などマイナスのエピソードも語ることで、共感してもらえ、また面白味も出てきます。

どのエピソードが使える・使えないを判断するためにも洗い出したものを、プラスかマイナスかで振り分けておきましょう。

 

プロフィール作りの準備3:現在取り組んでいることを整理する

これは必要ないかもしれませんが、自分が今やっていることは当然プロフィールの中でも伝えるべきなので、それを整理しておきましょう。

なぜ今それをしているのか、どういうきっかけでやり始めたのか、そういう想いの部分も含めて整理しておきましょう。

 

プロフィール作りの準備4:目指している未来を明確にする

プロフィールというと、自分の過去にだけ言及しがちなのですが、自分の目指している未来についても語るべきです。

ビジョンやミッションというものですね。

その目指している方向性が同じ人、共感できる人から話を聞きたいですよね。

とても崇高なビジョンを持っていたとしても、それをどこにも発信していなければ共感以前の話なので、まずは発信する前準備として自分の中で整理をしておきましょう。

 

プロフィール作りの準備5:自分にしか無い強みを見つける

自分にしか無い強みについても整理しておきましょう。

自分の事って意外に分かっていないもので、過去に人から言われた事ややってきた事などを振り返って、自分が他人と違う部分を再認識しておくのもオススメです。

自分にしか無い部分というのは、とても大きな強みになります。ですが、ここに関してはしっかり考えないと分からない部分だったりします。

 

 

自分に出来る事は何か?他の人と違う部分はどこにあるのか?

ビジネスをしていく上で知っておくと良い部分なので一度時間を取って考えてみてください。

 

 

具体的なプロフィールの書き方

それでは具体的なプロフィールの書き方について説明していきます!

 

ターゲット(ペルソナ)設定をしっかりと行う

インターネットを使って情報発信する時には全て同じなのですが、まず最初に『ターゲット』をしっかりと明確にする事が重要です。

自己紹介をする時でも相手がどんな人か様子を見ながらやると思いますが、ブログのプロフィールページも誰に読んでもらいたいのかを定めてから書くようにします。

マーケティングの世界でよく『ペルソナ』という言葉で説明されるのですが、仮想でも良いので、理想的なお客様像を設定して、その人に特定して情報発信するという形です。

 

プロフィールに関しても、ブログを書く時に設定しているペルソナに対して情報を伝えるイメージで書いていきましょう。

 

最初に基本情報を簡単に書く

自分の個人的な情報をまず最初に書きます。

名前や生年月日、趣味、出身校などオープンに出来る範囲で書きます。

人によって開示できる部分には差があると思うので、可能な範囲で問題ありません。

ただ、出身地が同じなど些細に感じる部分でも同じだと一気に親近感が湧いたりするので、知られても問題ないものは開示しておくと良いでしょう。

また、文章で書くというのも可能ではあるのですが、長々書くより箇条書きでサッと目が通せるような感じになっているのがオススメです。

 

自分のストーリーを語るように書く

プロフィールページに書く内容というのは、履歴書のように淡々と書いたり、時系列に沿って書くのではなく、自分の今の仕事に関する事をストーリー形式で書くのがオススメです。

プロフィールというのは、別に読まなくても良いものなので、本当に興味がある人しか読んでくれません。

なので、少しでも興味を持ってもらえるように気を付けながら書かないと読み進めてもらえないわけです。

 

 

自分の人生を振り返ったら成功した事も失敗した事もあるはずです。

今の仕事に関することや、仕事をする上での考え方や行動のベースになった出来事等をピックアップして、人に語るように書いていきましょう。

出来事だけを書くのではなく、その時々に感じたことなど感情面も含めながら書いていくと面白いプロフィール文が出来るはずです。

 

想いや考え、ビジョンを語る

プロフィールに書きたいのは、今までやってきた過去の事だけではなく、未来に向けての想いなんかも書くと良いでしょう。

 

プロフィールに書くと良い事
  • そのビジネスをやっている理由
  • 理念・ビジョン
  • 夢・目標
  • ブログで何を伝えたいのか

 

人が共感する時というのは、その人がどんな未来を想い描いているのかを知った時だと思います。

それが本当に世の中のためになって、自分もそれを応援したいと感じた時に共感が生まれます。

みんなそれぞれ想いは持っているとは思うのですが、それを発信していない事が多いので、プロフィールを書くのと合わせて自分のビジョンや未来への展望を整理してみても良いと思います。

 

 

まとめ

ブログにおいてプロフィールというのは、思っている以上に見られている部分なので、時間を取ってしっかりと書いていきましょう。

プロフィールというのは一度書いたら終わりではなく、その時々にやっている事や状況に合わせて追記・修正すべきなので、定期的に見直してアップデートするようにしましょう。

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事