時間が無いのではなく、作ろうとしていない人がほとんど

Pocket

 

学生時代は暇な時間もあったのに、社会人になって働き始めてからは、いつも忙しく時間が無いと思っている方は多いと思います。

 

確かに働き始めると、自分1人で全ての時間をコントロール出来ない場合も出てきます。

しかし、他に何も出来ないぐらい時間が無いというわけではないですよね。

 

 

テレビを観ている時間もあるでしょうし、上司や同僚と飲みに行ってる時間もあるでしょう。

時間自体が全く無いわけではなく、他のことに使っているから時間が無いように感じているだけです。

 

時間という有限なリソースをいかに有効活用するのかについて書いていきます。

 

何に時間を使っているのかを把握する

まずは現状分析です。

時間が無い今どんなことに時間を費やしているのかというのを把握しましょう。

 

とりあえずは一週間とかで良いので、何に何時間使っているのかを記録してみましょう。

一週間でも大変な場合は1日だけでも大丈夫なので、実際に紙に書き出してみてください。

 

おそらく意外なものに思った以上に時間がかかっていることに気がつくことと思います。

 

 

本当にやらないといけないことかをチェックする

何に時間を使っているのかが把握できたら、次はそれらが本当にやらないといけないものかどうかをチェックします。

 

時間というのは誰にとっても平等に与えられたものですが、有限で無駄に使えばすぐに無くなっていってしまいます。

 

限られた時間をいかに有益なことに使うのかというのは、全ての人にとっての課題です。

 

そのためやらなくても問題ないことは出来る限りやらないというのは、とても大切なことです。

やらなくても良いことをやり続けるほど、私たちに与えられた時間は多くはありません。

 

まずは今やっていることを本当にやらないといけないことなのかを見直してみましょう。

 

それは将来の理想の自分に必要か

洗い出したタスクを必要かどうかふるいにかけていきますが、一つ問題なのがどういった観点で要否の判断をすれば良いのかということです。

 

けっこうここで悩むこともあると思いますが、それをやることによる将来の自分への影響があるかどうかで判断しましょう。

つまり、なりたい自分に近づくために必要ならやる。近付かないならやらない。という感じです。

 

特に普段何も考えずに行っていることには無駄なことが隠れている可能性が高いです。

 

 

例えば朝新聞を読むことを私はやめました。

社会人になって数年は日経新聞を1時間も2時間もかけて読んでいましたが、ある時によく考えると費やした時間に対して得るものが少なすぎると思いやめました。

 

あとはダラダラテレビを見ることもやめました。

以前は特に目的もなく、とりあえずテレビをつけていたのですが、それによって浪費されている時間の大きさに気が付きました。

 

そのため、特に見たいものが無い時はすぐにテレビを消すように心掛けています。

 

こんな感じで無駄なものを一つずつ捨てていきましょう。

 

時間が出来たらやりたいことを細切れに分ける

ここまでで、ある程度無駄な時間が減っていると思いますが、あともう一歩踏み込みましょう。

 

次にやりたいのはやりたいことを細切れに分けるということです。

まとまった時間が出来たらやりたいと思っているのかもしれませんが、まとまった時間はなかなか取れないことが多いと思います。

 

まとまった時間が取れなければ、小さな時間を見つけてやるしかありません。

小さな時間を使って出来るレベルにまで細分化して、ちょっとした時間を使って少しずつ進めていくことです。

 

 

ちなみにこのブログも電車待ちの時間などちょっとしたスキマ時間に少しずつ書いています。

5分とか10分の積み重ねですが、1日トータルすると1000字前後のブログ記事になります。

 

1000字書こうと思ったら、1時間ぐらいまとまった時間が必要そうに思えますが、ブログを書くのもタイトルを決めるとか導入部を書くとかいう感じで細切れに分けてあげると、ちょっとした時間で取り組むことが出来ます。

 

まとめ

時間というのは誰にとっても平等です。

私たちの1日とソフトバンクの孫正義さんの1日は等しく24時間です。

違うのはどうやってその24時間を使っているのかだけです。

 

いきなり明日から孫さんと同じように時間を使おうと思っても難しいですが、少なくとも今より改善することは意識するだけで可能です。

 

やりたいことをやるために時間を作っていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!