プログラムが書けなくても大丈夫!自分でWebサイトを作る方法

Pocket

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。

ビジネスをやっていくにあたって必要なツールは色々ありますが、
その一つとしてWebサイトがあります。

Webサイトを持っているだけでお客さんがどんどんやって来る、
という状況には残念ながらなりませんが、
持っているかどうかは結構重要なポイントでもあります。

なぜなら今の時代、
何かの商品やサービスを購入する前には必ずといって良いぐらい、
検索という行為をみんなやるからです。

その時に自分の名前や会社名で何の情報も出てこなければ、
それだけでお客さんが引いていくという可能性すらあります。

電通の広告マンの方が提唱し始めたといわれている、
消費者行動を表すフレームワークに『AISAS』というのがあります。

「AISASはもう古い」という方もいますが、
ここではあえてAISASを簡単にご説明して、
そのあとに自分でWebサイトを作成できる方法について
いくつか書きます。

AISASは5つの言葉の頭文字

AISASというのはこの手のフレームワークによくある、
頭文字をつなげた言葉で、その元々の言葉は次の通りです。

  1. Attention:注意、認知
  2. Interest    :興味、関心
  3. Search       :検索
  4. Action       :行動
  5. Share         :共有

AISASについて詳しく書こうと思うと長くなってしまうので、
一言で説明すると、人が商品やサービスの存在を知ってから購入するまでの
流れを一般化して表現したものです。

その商品やサービスの存在を知って、それに興味を持ちもう少し詳しく知りたいと思い、
インターネットで検索して十分な情報を得て、購入する。
そして、その商品やサービスにとても満足したら友人・知人に facebookなどSNSでシェアする
というのが基本的な流れになります。

あなた自身も比較的金額が大きいものは特にそうだと思いますが、
これに似たような流れで購入するかどうかを検討するんじゃないかと思います。

そして今回は3つ目のSearch(検索)に注目してください。
Action(行動)するというところにたどり着いてもらうために
必ず乗り越えないといけない一つの壁がSearch(検索)です。

で、そのSearch(検索)をした時に
自分の情報がヒットするために持っておくのがWebサイトです。
そのWebサイトを自分で作るためにどんな手段があるのかを今日はご紹介します。

もちろん業者に頼めばすぐに作ってくれるのですが、
個人ビジネスのスタートアップ時は潤沢に使えるお金もないと思うので、
自分で作るための方法にフォーカスして今回は書いていきます。


WebサイトというとブログもホームページもECサイトも全て含みますが、
今回はいわゆるホームページを中心にお話しします

ホームページビルダーで作る

ひと昔前だったら、業者に頼まずに自分でホームページを作るというと
ホームページビルダーを使って作るというのがほぼ一択でした。

と言っておきながら、僕自身はこれを使ったことはないです(汗)

なので、ちょっと調べてみました。
金額は1万円ちょっとで、いくつかテンプレートがあって、
それをドラッグアンドドロップとかの簡単な操作で仕上げていくイメージです。

直感的に操作が出来るので、プログラミング知識がなくても
最低限のホームページは作れます。
もちろんHTMLやCSSが出来ればもっと自由に作れますよ。

まぁでもやっぱり全体的な印象としてWordPressに劣りますね。
また後で詳しくは書きますが、やっぱりプラグインの存在は大きいです。

費用的にもホームページビルダーを購入するのと同じぐらいの金額を出せば、
まぁまぁ良いテーマを購入できますしね。

ただ、唯一WordPressより優れている点は、
電話サポートしてもらえることです。

僕みたいにITの世界にそれなりの期間いる人間であれば、
ジャンル違いであっても調べながら作っていけるのですが、
そうでない人がゼロからWordPressで作るとなるとけっこう難しいと思います。

その点、ホームページビルダーを購入すれば、
電話サポートをしてもらえるので、安心かなと思います。

でもやっぱりあまりオススメはできないんですけどね。

アメブロをカスタマイズ

ちゃんとデメリットも理解してやるなら、これはけっこうアリです。

なんやかんや言っても、やっぱりアメブロに人は集まっています。
その中に入ると言うことは繁華街にお店を出すようなものなので、
ふらっと来てくれる人がいる可能性は他の方法に比べるとダントツに高いです。

商用利用は禁止とは言いますが、
しょうもないスパムアフィリエイターみたいなことをしなければ
特に問題ないと思います。


ただし、いつ削除されるか分からないというリスクは
他社のプラットフォームを使っている以上ゼロにはできません

カスタマイズ自体はCSSが出来ればスムーズに出来ると思いますが、
そうでなくても、ユーザーが多いだけあって情報も豊富に出回っているので、
なんとか調べながら苦労すれば、それなりのものは作れるはずです。

また、アメブロのカスタマイズを専門にサービスを提供している
フリーランスもけっこういて、比較的安く作ってくれるので、
自分では難しければ、そういう人に作ってもらうというもアリかなと思います。

WixやJimdoを使う

これは本当にここ数年の間に出てきたサービスで、
無料でホームページを作れるというものです。

最近、これらで作られたホームページをちらほら見ますが、
けっこうクオリティも高いし、デザイン的も綺麗なものが多いので、
使いようによってはこれもアリかなと。

無料なので、広告が出てしまったりなど、いくつか制約はあります。

なので、メインサイトとして作るというのであれば、
大手を振ってオススメするとまではいかないですが、
何かイベント用のサイトを作ったり、セールスレターを作ったりなど
ワンポイントでの使用は全然アリです。

先日、Wixで作られた、あるサービスのセールスレターを見ましたが、
かなり綺麗で見栄え的には十分満足できるものが作れます。

CMSで構築する

上に挙げたものや、ここには挙げていないような方法もありますが、
やはり僕自身としてはこのCMSで作るというのが一番オススメです。

CMSというのは、『Content Management System』の略で、
日本語で言うとコンテンツマネージメントシステムです。

つまり、コンテンツを管理するシステムで、
最初の構築さえ出来れば、あとはブログを書くぐらいのイメージで運営ができます。

で、このCMSの中での有名どころで言うと『Movable Type』と『WordPress』の2強です。
でも、トータルで考えたらやっぱりWordPressかなと思います。

まず、WordPressは利用者が圧倒的に多いので、
情報が豊富にあるということが一つのメリットです。

けっこう困ることあるんですよね。
そんな時にパッと調べてみると、だいたいは問題解決できます。

また、WordPressを使うと、どんどん開発されているプラグインという
機能拡張が無料で行えます。これは大きいですよね。

もちろんハズレのプラグインもありますが、
優れた機能が無料で使えるというものも数多くあります。

あとこのWordPress等のCMSを使っているメリットの一つは
自分で借りているサーバーで運営することになるので、
すべての権限とサイトの自由度は自分に帰属するということです。

つまり、勝手にアカウントを削除されたり、勝手に広告はられたりは
CMSを使っている限りありません。

まとめ

自分のWebサイトを持つにあたって、
どんな方法があるのかということを今回書きました。

ここに書いたのがすべてではありませんが、
主要なところは全て挙げたつもりです。

それぞれに一長一短あるので、
必要としているものが何かと、扱いやすさ、将来性とかを
考慮して何を使うのかを決めましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!