個人ビジネスで重要な独自性を出したいなら最初は真似することから始めるべし

Pocket

『独自性』

この言葉に悩まされている人も多いのではないでしょうか?

ビジネスという戦場で勝ち残るためには人と同じことをしていてはダメで、何かしら差別化をして独自の価値を生み出す必要があります。

とは言っても何からして良いのか分からない、というのが本音ではないですかね。

 

今回は独自性を生み出すためのステップについてお話したいと思います。

 

ゼロベースで始めるのは大変

あなたがアイデアマンで、すごく斬新で実現性の高いアイデアがバンバン浮かび、かつそれを全て実行していける時間もお金もあるのであれば、自分でゼロから考えたアイデアを試していくのもアリです。

 

というよりそれが出来るならそんなに面白いことはないですよね。

もちろん最終的にはそこを目指したい。

 

ですが、多くの人の現状はそうしている余裕はありません。時間的にも経済的にも限られたリソースの中で戦っていく必要があります。

そうなると、まずはある程度の成功確率を見込んで飛び込んでいくことが重要だったりします。大企業のように資金力があれば別ですが、そうでない僕たち個人ビジネスの場合は、できる限り無駄なコストをかけずに最短距離を目指して突っ走る必要があります。

※実際には走ってみないと最短距離なんてわからないので、手探りでいくしかないんですけどね。

 

まずはマネから始め、徐々に独自性を出していく

ではどうするのが良いのかというと他者の成功事例を調べてマネをすることです。

こう言うと『他人のマネはちょっとかっこ悪い』と思う人もいるかと思います。

 

でもよく考えてみてください。世の中はマネすることで、向上していっていることを。例えば家電製品なんてその代表です。

どこかのメーカーが薄型テレビを出したらこぞって他のメーカーも薄型テレビを開発して売り出していますよね。

 

ここで大切なのは、ただ単にマネするだけではなくそこに一つ独自性を入れることです。言い換えると、似た商品やサービスが他にもある中であなたを選ぶ理由を作るということです。

 

価格が安い、映像がダントツにキレイ、Blu-rayプレイヤーが内臓されているなど、何か他と比較出来る部分を作っておけば、そのポイントに引っかかったお客様が購入してくれるわけですね。

 

マネされる側にもメリットがある

こんどは少し視点をズラしてマネされる側の立場で考えてみましょう。

マネされる側はデメリットしか無いのかというと、そんなことはありません。

 

『マネされるとライバルが増えるので儲からなくなる』と思うかもしれませんが実はマネしてもらったほうが売上が上がるケースがあります。

それはどんなケースかというと多くの人にその物に対する概念が無い場合です。人というのは新しい物に対して不安を感じる生き物で、何かよく分からないものを買って損するのは嫌だと思いがちです。

 

そんな中で類似の商品やサービスがあることが確認できれば、『別に変なものではないんだ』と安心出来るわけです。

『市場を作る』という風に言われますが、周りも含めて全体的に上がっていくイメージです。

だから、マネをすることが悪だと思う必要はありません。

 

念のために言っておくと、そのままマネをするのはただのパクリなのでダメです。考え方をしっかりと理解して、そこを取り入れることです。

 

最後に

今日はマネするということについて書きました。

確かに先が見えないものに取り組むという面白さもあるのですが、そのために資金が底をついてつぶれてしまっては元も子もありません。

特にこれからビジネスを立ち上げようと考えている方でしたら、まずは他者の成功事例を探してみてください。そして、自分に合いそうなものを見つけて、そこに一つ独自性を付加してみてください。

ゼロベースから始めるよりは成功確率が高まることと思います。その後に余裕ができたら自分の好きなようにやるっていうのも一つの方法かなと思いますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!