今よりさらにホームページ等のモバイル(スマホ)対応の重要性が高まっていきます
Pocket

先日、Googleの公式ブログである情報が公開されました。

 

 

それは、『ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み』というものです。

10年前には全く意識もする必要が無かったのですが、いまでは最重要事項と言えるぐらい重要な位置付けになっているものがあります。

 

 

きっとあなたも毎日使っている『あれ』です。

そうです、スマートフォンです。

 

 

自分の周りでもスマホを利用していない人を探す方が難しいとさえ思えるぐらい爆発的に普及したスマホ。

いつでも、どこでもインターネットにアクセス出来る革新的なツールです。

本当に便利ですし、スマホの登場で多くの人のライフスタイルが大きく変わっています。

 

 

これはホームページを含むすべてのWebサイトに影響を与えており、スマホを使ってアクセスしてもらう事を大前提に考える必要が出てきています。

『モバイルファースト』という言葉まで生まれて、Webサイトのスマホ最適化の重要性が高まってきています。

 

 

その流れで出てきたのが、冒頭でご紹介したGoogleからの発表です。

このGoogleの発表を受けて、私たちが何を考える必要があるのかというのが、今回の記事のテーマです。

 

 

 

Googleからの発表内容

先ほども書いた通り、ここ数年のスマホユーザーの急増で、Webサイトのスマホ対応というのが急務になってきています。

 

 

去年の春頃にGoogleはスマホから検索した場合は、スマホ用の表示に対応しているかどうかを検索ランキングの評価対象にするという発表をしました。

つまり、自分の持っているホームページをはじめとしたWebサイトがスマホ用の画面表示に対応しておらず、パソコンにのみ最適化された画面の場合には、スマホでGoogle検索した場合に検索結果の上位表示がされにくくなるという変更がなされました。

 

 

これをさらに強化していこうというのが今回の発表です。

Googleの意図としては、検索ユーザーの使い勝手の向上という一貫した考えがあり、それによって今回の変更が入った形です。

今後もスマホユーザーは増えることはあっても減ることはないので、この流れは当面続いていくことは容易に想像できますよね。

 

 

ですので、インターネット検索から自分の持っているホームページ等のWebサイトを見てもらいたいなら、スマホ対応させないと、見てもらえる可能性を狭めていくことになるため、必須の対応となったと言えます。

 

 

自分のサイトがスマホ対応されているかどうかの確認方法

飲食店や美容院などの店舗系のビジネスの場合、お客さんの流入経路としてインターネット検索の割合が大きくなりがちです。

 

 

おそらくあなたもやると思いますが、何かお店を探している時に、インターネット検索で近くの店舗を検索し、どの店に行くかを探します。

その中から自分のイメージしているお店があったら足を運んでみるというのは普通の流れです。

 

 

そのため、もしまだスマホ対応が出来ていないのであれば特に早急に対応した方が良いでしょう。

もちろん他の業種でも同様です。

 

 

しかし、自分のサイトがスマホ対応されているのかどうか分からないという方もいるかもしれません。

ですが、確認方法は簡単なので、ご安心ください。

 

 

それは、スマホで自分のサイトを開いてみることです。

そうしたときに、パソコンで見たときと同じものがスマホの小さな画面にも表示されたのであれば、スマホ対応は出来ていません。

そうではなく、スマホの画面であっても見にくくないようにレイアウトが変わって表示されていれば、スマホ対応済みです。

 

 

それでも分かりにくい場合は、サイト名など自分のサイトが検索結果に表示されるようなキーワードでスマホ検索してみてください。

そうすると、検索結果が一覧表示される画面にスマホ対応されているページは『スマホ対応』と表示されるようになっています。

この表示が無ければスマホ対応されていないサイトということで、Googleからの評価が下がるというわけです。

※一切表示されないという訳ではなく、優先度が下がるというイメージです

 

※2018年2月に確認したところ、『スマホ対応』という文字は表示されなくなっています。

 

 

今となっては、スマホ対応されていないのは見込み客の取りこぼしを黙認しているような状況だと言えるので、可能な限りスマホ対応しておきましょう。

 

 

これからホームページ等のWebサイトを作る場合

ブログでもホームページでも同じですが、これからWebサイトを作成するという場合は、スマホを絶対に意識する必要があります。

先ほどご紹介したように『スマホファースト』で、スマホ用の画面を優先して先に作るというケースも検討しても良いぐらいです。

 

 

スマホ用のサイトを作成するとなった時に方法は色々ありますが、オススメとしてはWordPressで作ることです。

最近では、スマホ対応済みのテーマ(デザインテンプレート)がたくさん出てきていますし、スマホ用の画面に自動で変換してくれるプラグイン(拡張機能)もあるので、比較的スマホ対応がしやすい仕組みになっています。

 

 

ですので、こらから新たにサイトを作るならWordPressで作る、もしくは作ってもらうことを検討しましょう。

 

 

まとめ

これだけスマホが普及した世の中なので、あらゆるビジネスにおいてスマホというものの存在を無視することができなくなりました。

 

 

それは当然、ホームページやブログなどインターネット上で情報発信する場合もです。

Googleが発表したように、今後はスマホに最適化されていることが大前提となっていきますので、今のうちにスマホ対応をしっかりと考慮するようにしましょう。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

今の時代の情報発信に必要なのは圧倒的なキュレーション力(編集力)

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

金沢夏樹

金沢夏樹

神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。 >>詳細なプロフィール★

コメントを残す

関連キーワード
  • Facebookリスト機能活用してる?意外と便利なのでお教えします!
  • サイト回遊率
    サイト訪問者の回遊率を3倍高めて購買意欲を高める方法
  • 店舗型ビジネスの方必見!Googleインドアビューで店舗の中を公開して集客アップしよう
  • Web集客のために利用できるツール・サービス総まとめ
  • 読んでもらえるブログにするならお客様が使う言葉を使おう!
  • この記事さえ見ればオッケー!SEO対策チェックリスト(コンテンツ編)
おすすめの記事
第9回  西神戸異業種交流会を開催しました!
西神戸異業種交流会開催報告
神戸新長田でスタートした西神戸異業種交流会の9回目の定例会を開催しました。 神戸の異業種交流会というと、ほとんどが三宮で開催しているもの...