さらにサイトのモバイル(スマホ)対応の重要性が高まっていきます

Pocket

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。 先日Googleの公式ブログで公開された『ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み』という記事について今日は書きます。  

Googleからの発表内容

ここ最近のスマホユーザーの急増で、Webサイトのスマホ対応というのが急務になってきています。 去年の春頃にGoogleはスマホから検索した場合は、スマホ用の表示に対応しているかどうかを検索ランキングの評価対象にするという発表をして、実際にそのようなアルゴリズムに変更されています。自分のWebサイトがスマホ用の画面表示に対応しておらず、パソコンに最適化された画面のみの場合には、スマホでGoogle検索した場合には検索結果の上位表示に不利になる変更がなされました。 これをさらに強化するというのが今回の発表です。 Googleの意図としては、検索ユーザーの使い勝手の向上という一貫した考えがあり、今回の変更が入った形です。今後もスマホユーザーは増えることはあっても減ることはないので、この流れは当面続きます。  

自分のサイトがスマホ対応されているかどうかの確認方法

飲食店とか美容院などは近くの店舗を検索して、どの店に行くかを探すケースが多いので、もしまだスマホ対応が出来ていないのであれば特に早急に対応した方が良いです。もちろん他の業種でも同様です。 しかし、自分のサイトがスマホ対応されているのかどうか分からないという方もいるかもしれませんね。 確認方法は簡単です。スマホで自分のサイトを開いてみることです。そうしたときに、パソコンで見たときと同じものがスマホの小さな画面にも表示されたのであれば、スマホ対応は出来ていません。そうではなく、スマホの画面であっても見にくくないようにレイアウトが変わって表示されていれば、スマホ対応済みです。 それでも分かりにくい場合は、サイト名など自分のサイトが検索結果に表示されるようなキーワードでスマホ検索してみてください。そうすると、検索結果が一覧表示される画面にスマホ対応されているページは『スマホ対応』と表示されるようになっています。この表示が無ければスマホ対応されていないサイトということで、Googleからの評価が下がるというわけです。

※一切表示されないという訳ではなく、優先度が下がるというイメージです

それに、そもそも実際にサイトを訪問してくれたスマホユーザーにとって画面が最適化されている方が見やすいので、できる限り対応しておくことが望ましいです。  

これからサイトを作る場合

ブログでもホームページでも同じですが、これからWebサイトを作成するという場合は、スマホを意識する必要があります。『スマホファースト』と言って、スマホ用の画面を優先して先に作るというケースも出てきているぐらいです。 スマホ用のサイトを作成するとなった時に方法は色々ありますが、オススメとしてはWordPressでサイトを作ることです。最近では、スマホ対応済みのテーマ(デザインテンプレート)がたくさん出てきていますし、スマホ用の画面に自動で変換してくれるプラグイン(拡張機能)もあるので、比較的スマホ対応がしやすい仕組みになっています。 なので、こらから新たにサイトを作るならWordPressで作る、もしくは作ってもらうことを検討しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!