モチベーションをアップさせ継続的に行動できるようなるための10の秘訣

Pocket

モチベーションが保てなくて継続ができない・・・

 

そんな風にお悩みではないですか?

何か新しい事を始めたいとやり始めてみたものの3日坊主でやめてしまって続かなかったという経験は誰しも持っていると思います。

 

今回はやる気が出ない時にどうやってモチベーションをアップしてそれを維持するのかについてお話しします。

モチベーションをアップさせてガンガンやりたいことを実現していきましょう。

 

3日坊主というのは人間の習性?

まずは大前提の話なのですが、実は人間というのは3日坊主になるように本能的にプログラムされています。

 

ホメオスタシス(恒常性維持機能)と言って、生命を維持するために人間に備わったもので、生体の状態を一定に保つための機能があります。

夏の暑い日には汗をかいて体温が上がりすぎないように調節をしてくれますよね。

これはホメオスタシスの働きによるものです。

 

このように、生命を維持するために安定した状態にする機能が本能的に備わっているために、いつもと違うことをすると不安定な状態だと無意識に認識して元に戻そうとするわけです。

 

だから3日坊主になるのは人間として当たり前のことで、自然な反応なんですね。

この人間としての習性をいかに覆して継続できるようにモチベーションをアップさせて維持していくかが工夫のしどころだというわけです。

 

コンフォートゾーンをずらしていくには習慣化すること

さきほど言った通り、ホメオスタシスというものが人間の生命を保つために現状維持させるようにしていますが、この維持している環境のことをコンフォートゾーンと言います。

このコンフォートゾーンの中にいると安定しているので気持ち的にも安心して居心地が良いのですが、そのコンフォートゾーンの中に留まり続けている限り成長もしません。

 

何か新しいことをやりたいという場合も、その新しいことというのはコンフォートゾーンの外側にあるため、それをやるとホメオスタシスがコンフォートゾーンに少しずつ戻してきてしまって、気が付いたら3日坊主になってやめてしまっているというわけです。

 

じゃあどうすれば良いのかと言うと、コンフォートゾーンを少しずつずらしていくという事が必要です。

要するに新しく取り組むことを習慣化していくということです。

習慣にさえなってしまえば、それがコンフォートゾーンになって安定の状態になるので、何の苦もなく続けられてしまうというわけです。

 

習慣化するには少し時間がかかる

今日習慣化させようと思って明日には習慣になっているというような事は絶対になくて、習慣化させるためには一定の期間が必要です。

さらにその習慣化させる対象がどんな事かによって、どれぐらいの期間が必要なのかも変わってきます。

 

行動習慣

帰ってきたら靴をそろえる事だったり、ご飯を食べ終わったらすぐに皿洗いをする事だったり、家計簿をつけるというような、簡単な行動の習慣を、行動習慣と呼びます。

この行動習慣を習慣化させるためには約1ヶ月必要だそうです。

もちろん個人差はあるので、みんながそうでは無いのですが、簡単な目安として1ヶ月間継続して行う必要だという事です。

 

身体習慣

行動習慣よりも少し負荷の高い、ランニングや筋トレ、早起きのような習慣を身体習慣と言います。

この身体習慣の場合は、行動習慣よりもやっぱり習慣化されるまでに時間がかかって約3ヶ月の期間が必要だと言われています。

 

思考習慣

ポジティブシンキングやロジカルシンキングのような思考に関する事を習慣化させるためには半年間の期間が必要です。

逆に言うと、だいたいどんな事でも半年間の期間を掛ければ習慣化させる事が可能だということです。

 

 

モチベーションをアップさせて行動を継続させる秘訣

じゃあこの期間をクリアして行動を習慣化させるためにどのような点に気をつけて行動を継続していけば良いのか、その秘訣についてお話ししていきます。

 

秘訣1:継続して行動し続けることによってどうなるのかを明確にイメージする

それを頑張った先にどんな未来が待っているのかを出来る限り明確にイメージすることはとても有効です。

 

あだち充さんのタッチでも『目指せ甲子園!』という張り紙をみなみちゃんが書いて貼ってましたよね。

あれは野球の練習を頑張った先に甲子園出場という未来をイメージさせるために効果的なわけです。

 

目標を手帳に書いて毎日見たり、理想の状態をイメージできる写真を目に付く場所に貼ったりすることも効果的ですね。

 

秘訣2:目標を人に伝える

自分一人の強制力ではすぐに諦めてしまいそうな場合は、人に言ってしまうというのも1つの方法です。

やっぱり人間というのは理性を持って生きているので、一度口に出して言ったことを覆すことには抵抗があります。

 

人に言ったのにそれをやらないというのは約束を破っていることと同じことなので、自分の意思だけでは継続する自信がなければ人に言うことで、それを守ることがモチベーションアップになります。

 

秘訣3:最初から飛ばしすぎない

よくやってしまう失敗が最初から頑張りすぎてすぐにやめてしまうというケースです。

資格の勉強を始めようとして初日から10時間も勉強を始めたり、ダイエットしようとしていきなり10キロも走ってしまうというようなことです。

 

それが続けられるなら素晴らしいことなんですけど、今までやってないことをいきなり極端にやり始めてしまっては続かないのも当然です。

単発で10時間頑張っても人生は何も変わりませんが、毎日15分でも積み重ねていけば人生は少し変わります。

 

最初はもうちょっとやりたいと感じるぐらいでやめておくのがモチベーションを維持するのにも良いでしょう。

 

秘訣4:ハードルを上げすぎない

完璧にやろうとしすぎる事も継続できない理由の1つです。

マラソンの練習を始めてすぐにベストタイムの更新を目指してしまうと、それだけでしんどくなって続きません。

 

また、ブログを書くときでも最初から完璧な文章を書こうとして続かなくなる人がとても多いと感じています。

最初は恥ずかしいぐらいしょぼい文章でも問題ないので、書き続けられることを優先しましょう。

 

秘訣5:成長曲線を知っておく

どんな事でも同じですが、頑張った時間と成果が生まれるのとは比例しない事が普通です。

10日間頑張ったら10日分成長してそれだけの成果が生まれる事を期待する人が多いと感じています。

 

でもそうはならずに、自分の期待値と実際とのギャップにガッカリしてしまってモチベーションがダウンしてしまいます。

ですが、あらかじめ成長曲線の存在を知っていれば、どこかでブレイクスルーが起こると信じて行動を続けられるので、モチベーションをアップさせたまま続けていくことができます。

 

秘訣6:作業興奮を利用する

『なんかやる気ないなぁ・・・』と思っていても、いざやり始めると意外に勢いづいてはかどったという経験ありませんか?

 

こういうのを作業興奮と呼びますが、やる前はモチベーションが低くても、実際にやり始めるとモチベーションもアップしてくるということがあります。

なので、軽い作業からで良いので、とりあえず始めてみるということも大切です。

 

秘訣7:軽い運動を行う

身体と心というのは密接に繋がっているので、身体を動かすことで心もスッキリするということはよくあります。

やり過ぎると逆効果になりますが、軽い運動をするというのもモチベーションをアップさせるには有効です。

 

ランニングハイではないですが、身体を動かすことでアドレナリンが出てくるため、やる気の醸成につながるということです。

 

秘訣8:ルーチンを作る

メジャーリーガーのイチロー選手がバッターボックスに入る前に必ず行う一連の動作があることをご存知ですか。

同じ動作を行う中で集中力を高めていくという事なのですが、これはとても効果があります。

 

レモンを見たらよだれが出てしまうパブロフの犬のように、それをやると集中するという動作を作ると条件反射のように集中力が発揮出来るようになります。

 

秘訣9:目標を細分化する

目標が大きい場合に特にそうなのですが、小さな目標に細分化する事も重要です。

やっぱり目的地まであとどれぐらいの距離にまで来ているのかが分からないとなかなかモチベーションを維持できません。

 

ですので、目標を細分化して目先の目標をクリアしていけばゴールに到達するように中間ポイントを設けていく事が継続するためにも必要です。

また、細分化した目標を達成する度にモチベーションもアップしますし、直近の目標をクリアしたら自動的に次の目標に向かっていく事が出来るので、とても良い方法だと思います。

 

秘訣10:それでもできないことはやらない

最後の秘訣は、これだけ工夫してもモチベーションがアップせず継続できないことはやらないというのも大切かなと思います。

 

人生で使える時間は有限なので、あれもこれも全てのことを行うことはできません。

なので、どうしてもモチベーションが上がらないようなことはそもそもやらないという判断をすることも必要かもしれません。

 

まとめ

モチベーションというのは全ての行動のエネルギーの源になります。

モチベーションが下がっている状態では上手くいくものも上手くいきません。

 

いかにモチベーションをアップさせて、維持できるように努力することが大切です。

今回ご紹介した方法を参考にしていただいて目標に向かって行動を続けていってもらえればと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

1 個のコメント

  • 元が怠けものなもので、モチベーションとかやる気に関する話は自分も好きで良く調べたりするのですが、すごく良くまとまっていて、非常に参考になります(^_^)v

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    Profileプロフィール

    金沢夏樹

    個人ビジネスコンサルタント
    1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
    趣味:野球、マラソン、料理

    オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

    Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
    また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

    Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

    【人生を懸けたミッション】
    自分の好きな事に本気で取り組み、
    ワクワクして生きる人を増やすこと!
    自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!