今さら聞けないオウンドメディアとは何かを基礎から説明してみる
Pocket

『オウンドメディア』というのを聞いた事がありますか?

 

 

企業でも個人でもビジネスにインターネットを活用するのであれば、最も重要なものがオウンドメディアです。

その背景にはPPC広告などの効果が出にくくなってきたことや、Googleの検索エンジンの改善などの環境の変化があり、『コンテンツ』の重要性が言及される様になってきたということがあります。

 

 

広告によって一過性の露出で顧客を獲得するのではなく、価値ある情報をコンテンツ化して提供し、それを通して信頼関係を築いていって最終的にお客さんになってもらうという『コンテンツマーケティング』という手法が注目を浴びています。

 

 

オウンドメディアというのは、そのコンテンツマーケティングの中心となって機能するためのメディアで、情報発信のプラットフォームとして、これ無しでは考えられないものになってきています。

 

 

今回は『オウンドメディアとは何か?』という方のために、オウンドメディアとは何なのかという基本的な部分をお話したいと思います。

ぜひ、読んでいただいてオウンドメディア構築を前向きに検討してみてください。

 

 

オウンドメディアとは何か?

オウンドメディアというのは英語表記にすると『Owned Media』になりますが、そのままの意味で自分で所有しているメディアのことです。

 

 

要するに他社が運営しているプラットフォームで自分のコンテンツを掲載するのではなく、自分が管理者として自分で運営しているメディアで情報発信する形です。

ですので、数年前に登場したアメーバオウンドなどは、『オウンドメディアを作れる』と謳ってはいますが、正確にはオウンドメディアではありません。

 

 アメーバオウンドとは
アメブロの上位版の様なイメージで提供が始まったサービスで、ブログ併設型のホームページを作成することができます。
商用利用可なので、ビジネス目的での使用もオッケーです。
テンプレートに従って作っていくだけでデザイン性の高いサイトが作れますが、検索に弱いのがデメリットです。

 

 

オウンドメディアを通して自分のことや、自分の商品・サービスに関連するお役立ち情報発信をし続けることで、見込み客との接点を作り、また見込み客との信頼関係を深めていくことに活用します。

また、同時に発信している情報によってブランディングをしていくという目的もあります。

 

 

オウンドメディアと言うと、企業が構築するものだと思っている人もいますが、むしろ広告に大きなお金をかけられない個人や少数で経営しているスモールビジネスにこそオウンドメディアを持つべきだと私は考えています。

ですので、ぜひあなたもオウンドメディアを構築して自分の情報発信のプラットフォームを作っていってください。

 

 

トリプルメディアの1つがオウンドメディア

 

それでは、オウンドメディアについて、もう少し詳細な説明をしていきたいと思います。

 

 

オウンドメディアを語る際によく使われるのがトリプルメディアというもので、これを知っておくと理解がスムーズになるので、少しトリプルメディアについてお話します。

 

 

トリプルメディアは3つのメディアの総称

『トリプル』メディアというぐらいなので、3つのメディアをまとめた概念になります。

 

 

具体的には次の3つのメディアのことを総称してトリプルメディアと呼びます。

  • ペイドメディア(Paid Media)
  • アーンドメディア(Earned Media)
  • オウンドメディア(Owned Media)

 

 

ビジネスの状況にもよりますが、これらの3つのメディアを適材適所で活用することで情報発信を最適化することができますので、それぞれがどんなものなのかは簡単に理解しておきましょう。

 

 

ペイドメディアというのは端的に言うと、広告のことです。

 

 

ペイド(Paid)というのは支払うという意味の英語ですよね。

つまり、お金を支払うことによって素早くかつ広く情報を広めることを目的に活用されるメディアがペイドメディアです。

 

 

具体的には、バナー広告やリスティング広告、Facebook広告のような広告を指します。

もう少し広い意味で捉えると、自分の商品をアフィリエイトに出してアフィリエイターに売ってもらうというのもペイドメディアと言えますね。

 

 

広く発信しようと思えば思うほど多くのコストがかかるため、資金力のある大企業ほど有利に活用することができ、逆に資金に余裕が無いと大々的にはアピールできないので、中途半端にコストだけがかかって終わるケースも多々あります。

 

 

アーンドメディア(Earned Media)

アーンドメディアというのは、口コミや評判を獲得するためのメディアのことで、代表的なものはSNS(ソーシャルメディア)です。

 

 

SNSとブログは同じように思っている方が多いのですが、実はブログはこの次のオウンドメディアになります。

ただし、アメブロなどの無料ブログサービスを活用している場合は、アーンドメディアですが。

 

 

何が違うのかというと自分で運営しているかどうかという点です。

 

 

要するに、自分以外の誰かが自主的に自分のことを発信してくれるというのがアーンドメディアで、直接的にはコントロール出来ないというのが特徴です。

 

 

オウンドメディア(Owned Media)

冒頭にも少し書きましたが、自分で運営していて全てをコントロールできるメディアをオウンドメディアと言います。

 

 

なので、WordPressで作ったブログはオウンドメディアですが、アメブロやアメーバオウンドの場合はサイバーエージェントの方針の中での運営になるため、オウンドメディアには含みません。

 

 

※WordPressが何かよく分からないという方に『初心者でも大丈夫!「WordPressとは何か」を基本から教えます』という記事を書いていますので、こちらの記事を読んでみてください。

初心者でも大丈夫!「WordPressとは何か」を基本から教えます
2018.5.4
数あるブログの中で、いま一番最強のブログはどれか? もしそう聞かれたら、僕が迷わず答えるのは『WordPress』です。 もちろん未来永劫WordPressが最強だと言うつもりはありません。 ですが、2017年11月時点で最強のブログはWordPressだというのは断言できます。 それは、全...

 

 

自分の好きなタイミングに、好きな内容を、好きなように発信することができるのがオウンドメディアで、情報発信のプラットフォームとして欠かせないものになります。

 

 

なぜオウンドメディアを持つ事が重要なのか?

オウンドメディアが何かというのが簡単に理解できたところで、なぜオウンドメディアの注目度が高まっているのかについてお話しします。

 

Googleの検索エンジンの改善

先日のWELQの問題でGoogleの検索エンジンの不完全な部分があらわになってしまいましたが、それでも以前に比べると格段に精度は高まってきています。

 

 

WELQの問題に関しては『WELQ(ウェルク)の問題から僕たち情報発信者が学ばないといけないこと』という記事に書いていますので、ご興味ある方はそちらの記事をご確認ください。

WELQ(ウェルク)の問題から僕たち情報発信者が学ばないといけないこと
2018.5.4
ここ数日、Web界隈で話題の中心になっているので、すでに見飽きているかもしれませんが、WELQについて書いておこうと思います。 今回、DeNAという大企業が行っていたことで大問題になりましたが、同じようなケースは実はあちこちで行われています。 この記事では『WELQ(ウェルク)の問題から僕たち情報...

 

 

昔はGoogleの検索結果のランキングというのは被リンクと言って、他のサイトからいかにたくさんのリンクをつけてもらうのかが全てと言って良い状況でした。

そのため、中に書かれている情報は適当でも良いのでとにかくたくさんのサイトを作り、それらのサイトからメインのサイトにリンクをつけて上位表示させるという方法が横行していました。

 

 

そうすると、検索した人が知りたい情報が載っているかどうかにかかわらず、リンクがたくさん付いているサイトが検索した時にヒットするため、知りたい情報が得られないようになります。

当たり前ですが、それはインターネット検索をする人からしたらあまり嬉しいことではありません。

 

 

Google自身もそれによってインターネット検索を使う人がいなくなっていったら困るので、対策をし続けてきたわけです。

その結果、Googleの検索システムは劇的に改善され、被リンクだけではなくコンテンツの質を評価するようになっているため、良い情報をサイト内で出せるような形式の情報提供型サイトが有効になってきたという事です。

 

 

広告に対する反応が悪くなった

インターネットがここまで普及する前はまだ目新しい存在だったので、それが広告かどうかわからずにクリックしている人も多かったのですが、今ではユーザーリテラシーが上がって広告かどうかの見極めもできるようになってきています。

 

 

そのため、インターネット広告、特にバナー広告の効果が薄れていると言われています。

もちろん、今効果があると言われているFacebook広告も少しずつ反応は落ちてきていますし、さらに競合が増えてくるとその分、かかるコストも高くなっていきます。

そうなると、どんどん費用対効果が悪くなっていくというのが、広告の特徴でもあります。

 

 

そのような背景もあって、広告費をかけずとも多くの人に情報を届けられる形としてオウンドメディアが注目されているという事です。

 

 

自分でコントロールできないと不安定になる

SNSも広告もどちらも必要なんですが、これらはプラットフォームに依存しているために自分ではコントロールできないというデメリットがあります。

 

 

Facebookに集客を頼っているとFacebookの流行に自分のビジネスが大きく左右されてしまいますし、広告の場合も人が反応しなくなってきたらそれも自分のビジネスに跳ね返ってきます。

 

 

もちろん、ビジネスというのは色々な状況に応じて展開していく必要があるので、時には流行りのものを取り入れる事も必要ですし、その流行りが終わった時の事を想定してリスクヘッジしながら進めていく事が重要です。

アメブロの削除問題というのも、まさにプラットフォームに依存しているからこそ起こる問題ですよね。

 

 

プラットフォームに依存しないと考えた時に『オウンドメディア』と『メルマガ』というのはやっぱり強いというのは間違いありません。

もちろん絶対ではないのですが、他のものに比べるといきなり使えなくなる事にはなりにくいのは事実です。

 

 

趣味でやっているのであれば構いませんが、ビジネスなので自分でコントロールできない部分が多すぎるのは危険ですよね。

 

 

ブランディング目的にも重要

ブランディングというとちょっと難しそうな印象を受けるかもしれませんが、要するに見込み客からどういう風に見えるのかということです。

無理にキャラを作れとか言っているわけではなく、情報発信することで、自分の色が出てきますし、何の専門家なのかというのも、どれぐらいのレベルなのかも見えてきます。

 

 

より価値の高い情報が出せるようになってきたら、見込み客からもそういう目で見てもらえるようになり、それがブランドになっていくわけです。

 

 

その点、オウンドメディアでの情報発信に関しては、発信内容に制限もなく好きなように情報発信することができるので、今後はより重要性を高めていくはずです。

 

 

まとめ

オウンドメディアについて基本的な内容を書きました。

 

 

今の時代のWebマーケティングにおいて欠かす事が出来ないものなので、ぜひ今のうちにしっかりと理解しておいてください。

さらに、オウンドメディアを持っていないのであれば、今すぐにでもオウンドメディア構築に取り掛かる事をオススメします。

 

 

オウンドメディアを持ち、そこに価値ある情報を積み重ねていけばいくほど、多くのチャンスが生まれる事になり、さらに影響力も増していきます。

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

関連キーワード
  • オウンドメディアの価値を高め集客できるコンテンツ構築戦略
  • ホームページを作っても集客に繋がっていない多くの人が陥っている4つの間違い
  • ポータルサイト依存から脱却するためにオウンドメディアを構築しよう!
  • 今さら聞けないオウンドメディアとは何かを基礎から説明してみる
  • オウンドメディア構築の全体像
  • オウンドメディアへのアクセス経路を知っておこう
おすすめの記事
第3回 西神戸異業種交流会開催報告
西神戸異業種交流会開催報告
2016年12月2日(金)は第3回目の西神戸異業種交流会でした。 10月にスタートして以来、毎月第一金曜日に開催していますが、今回も新規...