オウンドメディアの価値を高めるコンテンツ構築戦略

Pocket

オウンドメディアを構築して集客に繋げたい!

そう考えている方はたくさんいらっしゃいますが、思うように記事が書けていない方も多いのではないでしょうか?

 

 

その最も大きな理由は、記事を書いた方が良い事は分かっているけど、どんなネタを元にして、どんな内容の記事を書いたら良いのかが分からないというものです。

つまり、コンテンツが作れないという事。

 

 

オウンドメディアを最大限に活かすためには、コンテンツ作成が欠かせません。

いかにターゲットとして想定している人にとって価値のある情報をコンテンツとして提供できるかどうかが重要なわけです。

 

 

これが上手く出来た人はオウンドメディアから集客ができますし、それが出来ない人は、いくらたくさん記事を書いても徒労に終わるわけです。

そして、この価値あるコンテンツというのは、毎日行き当たりばったりで記事を書き続ける形ではなかなか難しいというのが実際のところです。

 

 

そこで必要なのが『戦略』です。

 

 

どのようなコンテンツを、どのような数、どのようなタイミングで出していくのか、という事をあらかじめ設計した上で出していくわけです。

 

 

今回はオウンドメディア構築に欠かせないコンテンツ作成プランについてお話していきたいと思います。

 

 

あくまでも読んでくれるユーザーに提供する価値を優先する

コンテンツマーケティングというと、どうしても注目してしまうのが、SEO対策です。

もちろん、それは間違っていないのですが、SEO対策自体を間違って解釈している方がとても多い。

 

 

SEO対策というのは、ただGoogleの検索エンジンを攻略して上位表示させるテクニックではありません。

そうではなく、何かに困っている人に自分が持っている情報をしっかりと届けてあげて、その人の問題を解消してあげるために行う事です。

 

 

つまり、SEO対策というのは検索している人の問題解決なわけです。

インターネット検索をする人は基本的に何かしの問題を解決したいから使っています。

 

 

それは『風邪をひいたから病院を調べたい』かもしれませんし、『おなかが空いたから美味しいパスタ屋を知りたい』かもしれません。

もしくは『ストレス解消のために笑える情報』を求めているかもしれません。

 

 

そのような人たちに自分が持っている価値を提供する事です。

 

 

Googleもその観点から評価していて、検索ユーザーの検索意図を考えて、それに対して最も適切な情報を提供しているページから順に上位に表示していきます。

つまり、検索した人の課題を解決してあげられる価値ある情報を提供する事がSEO対策だという事です。

 

 

まずはスモールキーワードを攻略

これからオウンドメディアを使ってコンテンツマーケティングに取り組むのであれば、最初に狙うべきはスモールキーワードです。

つまり、月間検索ボリュームが50以下のキーワードを狙った記事を書いていきます。

 

 

ジャンルや目指すレベルにもよるので一概には言えませんが、最低100記事程度をスモールキーワードで記事を作成します。

 

 

これには大きく2つの理由があります。

1つは、スモールキーワードは競合が強くないケースが多いので、しっかりとした記事を書けばすぐに上位表示されるようになるという事。

 

 

ただ、このキーワードで上位表示したところで、そんなに大きなアクセスにはなりませんが、手を抜かずに最高レベルの記事を書きます。

そうする事でサイト全体が検索エンジンに評価されるようになります。

つまり検索の世界で生きるための土台を作っているようなイメージです。

 

 

もう1つの理由は、スモールキーワードほど、検索ユーザーの意図を汲み取りやすいため、的確な情報を提供しやすいためです。

 

 

言い換えると、検索からアクセスしてきたユーザーが明確に情報を求めて来ているため、目的なくネットサーフィンをして来る人より、コンバージョン(成約)しやすいと言えます。

 

もちろん、検索してきているキーワードにもよりますし、記事の質や読者さんとの相性もありますので、一概には言えませんが、何れにしても意識の高い人が来てくれやすいというのがあります。

 

 

ミドルキーワード、ビッグキーワードに進む

スモールキーワードをある程度攻略出来てきたら、少しずつ検索数の多いキーワードも視野に入れてコンテンツ作成をしていきます。

 

 

ここでも意識するべき事は高品質で価値の高いコンテンツを出し続けるという事です。

ミドルキーワード、ビッグキーワードの場合は、パイが大きいので、ここを取れると認知度の向上は見込めます。

 

 

ですが、多くの競合もここを狙っているので簡単には上位表示させる事が出来ないというのが現実のところです。

なので、ここは単発の記事で上位表示を狙うのではなく、複数記事を組み合わせて戦略的に取りに行く必要があります。

 

 

つまり、たくさんの記事をあるテーマでまとめた『まとめ記事』を作って、それを使ってビッグキーワードを狙っていきます。

 

 

まとめ記事自体はGoogleの評価を高めるという意味合いもありますが、それ以上に読んでくれる人にとって価値があります。

色々な記事を自分で集めてきて読まないといけないところを、1つにまとめて読めるというのは便利ですよね。

 

 

読者の役に立つ記事を書くことが検索エンジンに評価されるポイントなので、その観点からもまとめ記事というのは意義があります。

 

 

リライトして改善を繰り返す

ブログ記事というと、一度書いたらそれで終わりにしている人が圧倒的多数です。

ですが、記事の内容によっては改善を繰り返して質を高めていく事が重要なものもあります。

 

 

もちろんそのタイミングの空気感を大切にしたい記事とかであれば書いたその時の勢いをそのまま残しておくのが正解です。

そうではなく、ある程度長期に渡って読んで価値があるノウハウを書いた記事や、本質的な考え方や思想を書いた記事であれば、より分かりやすく、より網羅性のある記事にしていく事が望ましいと言えます。

 

 

また、時間を置いて自分で読み直してみると書いた当時には思い付かなかったポイントや、より良い表現の仕方を思い付く事があるので、それを反映していくだけでも質が高くなります。

 

 

また、Googleの検索エンジンも更新頻度を評価基準に入れていると言われているので、SEO対策の観点からもリライトは意味があります。

 

 

実際に私自身のブログ記事もいくつかリライトしている記事がありますが、リライトする度に内容の充実と質が向上していることもあり、検索からのアクセスも増えていっています。

 

 

ですので、一度書いたらそれで終わりではなく、リライトをして記事の質を高めていきましょう。

 

 

まとめ

オウンドメディアというのは自分の情報発信のプラットフォームです。

 

そこには行き当たりばったりで記事を書いていくより、ある程度意図を持って書いていくことが重要です。

いかにオウンドメディアで価値ある情報を発信して、信頼関係と信用を築いていくのかで集客できるかどうかに直結します。

 

 

ぜひコンテンツ構築を戦略的にしていき、ビジネスを加速させる1つのツールにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!