Pocket

 

初心を思い出してブログを毎日書こうと思い昨日から書き始めたのですが、やっぱりキツイですね。。。

  • 中小企業診断士の試験勉強
  • キッズプログラミングのオリジナルのテキストの作成
  • Ruby on Railsを使えるように勉強
  • 会社設立の準備 etc.

これらを通常の仕事をしながらやっているので、時間がもっと欲しいと思いながらも、仕事のスピードが上がるのはこういう自分のキャパ以上の量のタスクに向き合っているときなので、頑張ってやっていこうと思います。

たぶん、8月初頭の中小企業診断士の試験が終われば少し余裕ができるので、そこを一旦は目指してやっていきます。

 

 

僕が今やっていることというのは、一応自分の中でざっくりと『こういう人生にしたい』というテーマがあってそれに沿う形でやる・やらないを決めています。

そのために3年後・5年後ぐらいにはこうなっていたいという未来像があって、その上でそれに繋がる具体的な行動を決めているという形です。

中小企業診断士の『企業経営理論』のテキストの最初の方に出てくる『経営理念・経営戦略』というセクションに書かれていることに当たるかなと。

 

 

企業の場合は、経営者が経営理念という形で、その企業における価値観とか基本思想、規範、目的などを掲げます。

『ステークホルダー』という言葉で表現されることがありますが、従業員や株主、取引先など、その企業に関わる人たちに、『この企業は何のために存在しているのか』というベースとなる考え方を共有して、企業としての方向性を定めるという事をします。

その経営理念に沿う形で、中長期でどんな状態になっていたいのかという『経営ビジョン』を表明し、また具体的なアクションとして行動基準を定めて事業を前に進めていくというものです。

 

 

企業経営理論という科目は1次試験の試験科目ですが、2次試験にも出題される内容を取り扱う重要な科目になっていて、そのテキストの最初で扱っているのが『経営理念』に関する内容なので、ビジネスにおいて重要なものだと考えられているということだと思います。

 

 

あと数ヶ月で独立して2年になりますが、ビジネスをしていると判断に迷う時というのが頻繁に出てきます。

また良い人も悪い人も(笑)近付いてくる機会が増えます。

順調に進んでいる時はあまり必要性は感じないのですが、判断に迷う場面に直面した時には、自分の人生のテーマとか方向性に照らし合わせて考えるようにしています。

 

 

個人も会社も同じだと思いますが、経験を積んでいくに連れて見えてくる景色も変わってくるので、その時その時で『理念』自体が合わなくなってきたと感じたら、軌道修正すれば良いでしょう。

ブレることが悪いとは思いませんし、考えが変わるのも当たり前ですが、ある程度は軸を持って動かないと物事は前に進まないのも事実なので、自分の人生における理念やビジョンを設定してみてはいかかでしょうか。

 

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事