プラシーボ効果という思い込みの力はめっちゃでかいよという話

Pocket

大して実力差は無いはずなのに、一方は圧倒的な結果を出していて、一方は鳴かず飛ばずの状態。

こんな状況に出くわしたことありませんか?

 

もしかすると、それは『思い込みの力』の差かもしれません。

僕たちが思っている以上に思い込みの力というのは大きくて、本来はそんなに力の差が無いにも関わらず、大きな差が生まれてしまったりします。

 

プラシーボ効果の威力

『プラシーボ効果』って聞いたことありますか?

 

『偽薬効果』と訳されたりするのですが、病気になった患者さんに成分としては効果の無いものを、薬として飲ませると本当に病気が治ってしまうというものです。

患者さんとしては、お医者さんが出してくれたものなので、ちゃんとした薬だと思い込んでいて疑いなく飲みますよね。

実際に飲んでるのは、何の薬効成分も含まれていない、ただの粉であってもその粉を飲むことで病気が治ったりするそうです。

 

これぐらい人間の思い込みというのは体に影響を与えるものです。

 

以前、テレビ番組でダチョウ倶楽部の上島竜兵さんの後輩の芸人(有吉さんだった気がします)がこんな話をしてました。

 

上島竜兵さんが行きつけの飲み屋でキープしてるボトルを、その後輩芸人さんが勝手に飲み干してしまったそうです。

とても仲の良い関係なので、勝手に飲んだのがバレてもいいんですけど、面白いから飲んだのと同じ量の水を入れておいて、そっとボトルを戻しておいたそうです。

 

で、後日そのお店に一緒に行った時に、自分のキープしているボトルにただの水が入ってるとは知らない上島竜兵さんは、普通にいつも通り水割りを頼んで、チビチビ飲んでいました。

水を、水で割って飲んでるので、ただの水なんですけど、帰る頃にはいつもどおりしっかりとベロベロになって帰って行ったという話です。

 

バラエティ番組でのエピソードトークなので、多少誇張している部分もあるとは思いますけど、人の思い込みというのは、これぐらいすごい力を持っているというのが分かります。

 

自分の都合の良いように思い込めば大きな影響が出てくる

こんなに大きな力を持っているなら使わない手は無いですよね。

自分が叶えたい目標とか夢とかを実現できるものと思い込めば、叶う可能性が高くなりますよね。

 

実際に、あなたの周りにもすごく勘違いしている人っていませんか?

大した力も無いのに自分は優秀で出来ると思い込んでる人です。

でも結構な割合で、こういう人たちは本当に優秀な人になっていきます。

 

自分は優秀だと思い込んでいるので、プラシーボ効果が働いて本当に優秀になっていくわけです。

思い込むだけで大きな力が得られるなら思い込む努力はしたいですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!