Pocket

 

今年は試験勉強に割と時間を費やしていたので、活動量自体が少し減っていたのですが、ようやく試験も終わって結果待ちになったので、少しずつ活動量を増やしていっています。待ってもらえる仕事は後ろに伸ばしてもらっていたこともあって、まだその影響でバタバタはしているのですが、少し外に出ていけるようにはなってきました。

 

SNSやブログでの発信も意図的に減らしていたので、少しずつ以前の水準まで増やしていきます。

 

で、今回書きたいのは、お金の話です。

独立や起業をするときに1番気になるのが収入面だと思います。会社に勤めている時と違って、仕事が全くなくなると普通に月収0円になります。そこまでいかなくても、生活するのにギリギリの収入になってしまう人も少なくはなく、独立しても半年とか1年で廃業してしまう人は割と多いのが現実です。

 

僕の場合も、今は少し先の事も視野に入れながら活動できるようになってきましたが、独立して1年目の時は収入的にもけっこうキツくて、さすがにゼロの月は無かったですが、それに近い時は何度かあったので目先のことだけでいっぱいいっぱいになっていました。

 

今から考えると仕方ない部分もあり、必要な時期だったとは思いますが、今後独立しようと考えている方は、避けられる難は避けた方が良いとは思うので、僕が考え方を変えた部分を書いてみます。これから独立・起業にチャレンジしたいと考えている方の参考になればと思います。

 

スキルが高いと収入が高くなるか?

少し前に教育改革実践家の藤原和博さんの動画でも似たような事が言われていたのですが、スキルと収入の関係性について最初にお伝えしたいなと。

 

普通に考えると、スキルが高い人と低い人とではどちらが収入として高くなるか考えると当然、スキルが高い人ですよね。スキルが低いより高い方が収入が高くなる可能性は高くなるとは思いますが、実際はそんなに単純な話ではないんですね。

 

詳しくは後で書きますが、スキルの高低と収入との相関関係は思っているより弱くて、そのスキルがどんなスキルなのかが重要だったりします。スキルを高めていく事も大切なのですが、ストレートな表現をするとそれがお金を稼げるスキルなのかどうかは見極めないといけません。

 

難しい事が出来たら収入が高くなるか?

もう一つ似たような観点で、人ができないような難しい事が出来たら収入が高くなるかという問題です。

スキルというより、特殊能力といえるようなものを持っていたら収入が増えるかということです。これも実際は直接的には関係ないと考えています。もちろん、特殊能力を使って高い収入を得ている人もいますが、それは1つの要素であって、それだけで稼げるかというと、そうではないと思います。

 

難しいかどうかというのは、お金を払って商品・サービスを購入するお客さんからはあまり関係なくて、それだけを判断基準にすることはできないということです。

 

自分の提供価値とお客さんとのマッチングが大切

じゃあ何が大切なのかというと、自分が提供できる事とお客さんとをマッチングする事です。スキルを高めるための努力は今後もやり続ける必要はありますが、もう1つ大切な視点として、どんなお客さんにどうやって提供していくのかという部分を明確に意識する事です。

独立した当初と今とで経験値としては少しずつですが積み重ねてきてはいますが、スキルや出来ること自体はそれほど大きくは変わっていません。ですが、収入面でいうと、スキルが上がった分以上の増加があります。

 

めちゃくちゃスキルが高くても使いどころを間違っていたら価値は生み出せませんし、価値が生み出せなければ収入にも繋がりません。スマホを原始時代のようにインターネット環境もなければ電源もない世界に持っていっても役に立たないように、高度なスキルを持っていたとしても、使う環境を間違えたら価値を生み出せないので、それらをちゃんと当てていくことが大切です。

 

収入源のポートフォリオを組む

もう1つ大きく考え方を変えたポイントがありまして、それは収入源のポートフォリオを考えると言う点です。

資産運用とかの話でよく出てくる、預金を何割、株を何割みたいな組み合わせの事をポートフォリオと言います。これと似たような考え方を個人の収入源の観点にも取り入れたという事です。

 

自分が価値を提供出来る事を洗い出して、何にどれぐらいの時間を使って、それらからどれぐらいの収入を得るのかを結果論ではなく、自分で意識してコントロールするように動くようにしたというのが大きいです。もちろん、考えた通りそのままにはならないのですが、自分の中での活動内容の指針が出来るので、調整しながら動きやすくなります。

 

この考え方をするきっかけは、成毛眞さんという元マイクロソフトの日本法人で社長をされていた方の書いた『Amazon』という書籍です。Amazonのビジネスモデルについて書かれた本なのですが、Amazonという会社が何で収益を上げていて、どういう形で成り立っているのかを分析されています。

 

今でこそ、AmazonプライムやAmazon Goなどの他のサービスも一般に知られるようになりましたが、少し前までは多くの人にとってAmazonというのはネット書店のイメージだったと思います。1番知られているネット書店は割と最近まで赤字事業だったそうです。それにも関わらず、あれほどまでに大きく成長していったのかというと、AWSというサーバー事業があったからです。

 

Amazonがサーバーを貸しているというのを知らない人もいるんじゃないですかね?

 

その知られていない事業によって稼いだお金で会社全体を成り立たせていたというのがAmazonの裏側だそうです。それを参考にして、僕自身も1つの仕事から全ての収入を得るのではなく、大小組み合わせてトータルで考えて活動しているという形です。

 

僕の場合は、会社に属しておらず、自由に動きやすいから出来ている面もありますが、会社に属していても同じような動き方をしている人は増えてきているので、興味がある方はAmazonを読んでみてください。

 

仕事の賞味期限は短くなってきている

たまたま切羽詰まってた時に人生を変える良書に出会ったので、その点はラッキーだったなと思うのですが、3〜4つの収入源を持ちながら、次の事の仕込みをしていくというのを今後も続けるつもりです。

 

というのも、今の時代の流れの速さは想像しているより速く、このまま一生やっていける仕事なんてほぼ無いといえます。僕がやっている事も、今は仕事として成り立っていても、5年、10年経った時に変わらずあるかと言われたら、分からないものもありますし、おそらくなくなってるだろうと思うものもあります。

 

だからこそ、今は赤字でも取り組んでいる事もありますし、これからのために準備しているものもあります。

これが出来るのも、ちゃんとポートフォリオを組んでるからで、今のことばかりやってたら将来ヤバくなるし、先の事ばかりやってると今の生活が破綻するので、そのバランスを取る事が大切かなと思います。

 

もちろん、収入源を増やすということは、勝負する分野を増やすということなので、その分、自分がそこで戦える力を付ける必要もあります。やることが増えれば増えるだけしんどい部分も増えるのですが、それに比例して柔軟に動ける体力もついていきます。それを積み重ねていくことで、世の中の変化にも対応していけるようになると思うので、今後もそれを続けていこうかなと思います。

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事