雨乞いする祈祷師が必ず雨を降らせることが出来る秘密

Pocket

雨乞い

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。

『雨乞い』っていう儀式は知ってますよね。あれって日本だけの儀式ではなく、世界各地で大昔からやっているみたいです。
それぞれの地域でやり方は異なりますが、共通するのは雨というのは神様の機嫌によって降ったり降らなかったりすると考えられていて、『祈祷師』と呼ばれる人が中心となって儀式をとりはからい、神様の機嫌をとって雨を降らせてもらうという考えのもと行われているそうです。

確か子供の頃に『マンガ日本の歴史』を読んだ時の記憶では、縄文時代の後半に稲作が伝わってきた頃から雨乞いの儀式は行われていたようです。で、この雨乞いを取り仕切る『祈祷師』ですが、ちゃんとした祈祷師が雨乞いをすると、百発百中、100%の確率で雨を降らすことが出来たそうです。

昔の人は現代人と違って、魔法が使えて雨ぐらい降らすことが出来たというわけではないにもかかわらず、必ず雨を降らすことが出来た理由があります。それが何か分かりますか?

ちょっと考えてみてください。

大昔は当然ながら、今ほど水道関連の施設はないので、雨が降るというのはかなり大切なことでした。特に農業によって食料の調達をしていた地域では雨が降るかどうかで今後ご飯が食べられるかどうかにとても大きな影響を与えるので、死活問題でした。

では、なぜ祈祷師が行う雨乞いは100%成功するのかという問題に対する答えを発表します。

答えは『雨が降るまで祈り続けてたから』です。
『なんやそれ』という感じですかね(笑)でもこれ本当だったみたいです。まぁ、村民を代表して雨乞いをするわけで、雨が降らないと村民達の命に関わってくるわけなので、途中で諦めるわけにもいかないというのもあるとは思います。

ここからの教訓として成果が出るまで続けることが大切ということは言えます。まぁ雨乞いに関しては、続けようが続けまいが雨は降るんですけどね。

何でも同じですけど、やり始めることは簡単にできるんですが、それが上手くいくまで続けることって想像以上に大変で、なかなか出来る人っていません。続ければ必ず成功するほど人生甘くはないですが、続けないと絶対成功することはありません。なので、雨乞いの祈祷師のように雨降るまで信じて続けていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!