全ての仕事を同じレベルで取り組まず、強弱をつける
Pocket

今日は『全ての仕事を同じレベルで取り組まず、強弱をつける』というテーマです。

ご参考になれば幸いです。

 

 

全てが同じ重要度ではない

日々仕事の中には、色んな種類のものがあると思います。

絶対いまやらないといけないものもあれば、暇ならやればいいというものまで様々だと思います。

この全てを完璧にやろうとする人がたまにいます。

 

 

時間が無限にたくさんあればそれでも良いのですが、残念ながらそんなことは無く、全てのことは限られた時間の中で行う必要があります。

昔、一緒に仕事をしていた人に『この機能はどんな仕組みになっているんですか?』と質問をしたことがありました。

 

 

新たな機能を追加するために、現状がどうなっているのかを簡単に概要だけ知っておきたいと思ったためです。

『ちょっと確認してみます』と言ってくれたので、僕はそれを待つことにしました。

 

 

僕の中では15分ほどで何かしら回答が出てくるイメージだったのですが、その日1日は何も出てこず終了。

『まぁ他の仕事もあるし、忙しいんかな』と、僕も急いでいたわけでは無かったので、特に急かすこともなく次の日に仕事行くと、なんとご立派なパワポの資料を用意してくれていました。

 

 

おそらく時間をかけてわざわざ作ってくれたのだと思います。

これを見た瞬間、僕は『しまった!』と思いました。

ここまでしっかり資料を作ってくれるとは想定もしていなかったとはいえ、最初に一言『簡単にで良いですよ』と声をかけていれば、その方は4〜5時間かけて資料を作る必要もなく30分で終わっていたかもしれなく、申し訳ないなと反省しました。

 

 

と同時にこれをやってたら、ダメだなとも思いました。

お客さんが何かしらの意思決定をするためという目的であれば、資料をちゃんと作った方が良いケースもあります。

でも、今回のこのケースの場合は完全に内部向け(というより、僕とその方の2人だけ)のためなのに、外部向けと同じだけの時間かけてしまっているというのが問題でした。

 

 

全てに全力を注いで完璧に仕上げる。

この心意気は素晴らしいと思いますし、何でもかんでも適当にやってくる人より、好感も持てます。

 

 

でも、仕事である以上、時間無制限で取り組むことはありえないことで、何かを優先して、何かは後回し、もしくはやらないことも必要です。

つまりプライオリティ(優先順位)をしっかりとつけて取り組むという意識を持つことが大切です。

 

 

影響の大小で判断する

じゃあ何を判断基準にして、しっかり丁寧にやるか、手を抜いてやるのかを見分けるかというと、『影響』の大きさだと僕は思います。

 

 

その仕事によって跳ね返ってくる影響(良い影響も悪い影響も含めて)が大きいものは時間かけてでもしっかりやるし、別にやってもやらなくてもどっちでもあんまり変わらないものは適当にやる。

 

 

適当にやって出来た余力を影響度の大きな仕事に注ぎ込むというのが重要です。

全てのことが同じだけ重要事項なわけでは決してないです。

また、時間は最も大切なリソースです。

使いどころをしっかり見極めていきましょう。

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

金沢夏樹

金沢夏樹

神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。 >>詳細なプロフィール★

コメントを残す

関連キーワード
ブログの関連記事
  • 『なぜ自分はこんなに上手くいかないんだ・・・』と思った時の処方箋
  • 勝手に自分に巻き付けている鎖を1つずつ取っていく。
  • スマホでブログを書く人は必須!素早く文字入力するならフリック入力を使おう!
  • 一番手軽で始めやすい情報発信ツールはTwitter
  • 少食だと仕事のパフォーマンスを上がるということで1日1食生活始めてみました
  • 教師がオンラインで自作の教材を販売しているっていう記事について書いてみた
おすすめの記事
瞬間、瞬間を完全燃焼すること・・・
ブログ
今日は最初にこんな言葉から。 『瞬間、瞬間を完全燃焼すること。その点の連続が未来につながる』 誰の言葉かご存知ですか? 京セラ創業者で、...