Pocket

 

インターネット(Web)に限りませんが、商品・サービスを売りたい、集客したいという人が必ず知っておくべきことがあります。

というより、これを知らずにビジネスをしていると相当な機会損失をしている可能性があるので、今すぐにでも学んでもらいたいことがあります。

それは『人間心理』です。

 

 

人というのは何気なく商品やサービスを購入しているように思うかもしれませんが、実はそうではなく、何かしら気持ちが動いているからこそ、『買う』という行動を取っています。

『買いたくなったから買う』というとてもシンプルな事ですが、それを効果的に利用するには太平洋の真ん中の深海のように奥深く、人間の本能的な部分まで遡って知っておく必要があります。

利用するというと、少し語弊があるかもしれませんね。

あなたが提供している商品・サービスが購入してくれた人の人生を良くするものであった場合、その人にとっても購入する事はとても良い事です。

 

 

もっと言うと、その人の人生を良くするものを持っているのに、買いたいと思わせてあげられないのは逆に罪な事だとも言えます。

このお客さんが商品・サービスを欲しくなって買わずにはいられなくなってしまうカラクリについて説明している書籍が、『現代広告の心理技術101』という書籍です。

 

 

『現代広告の心理技術101』は必読ビジネス書

ビジネス書というのは数多くありますし、私自身もたくさんのビジネス書を読んでいますが、トップクラスに必読な書籍の1つが『現代広告の心理技術101』です。

343ページに渡って消費者、つまりお客さんがどういう心理から行動を起こしているのか、商品・サービスを購入しているのかを解説してくれています。

さらに、どうやったら心理的なハードルを下げて、スムーズに購入してもらえるようになるのか、具体的な事例も交えながら書かれています。

 

 

正直、他のビジネス書は読まず、この本だけを繰り返し体に染み付かせるほど読めば、何か売るものさえ持っていれば、それが売れない方がおかしいと思えるぐらいです。

 

 

ブログやSNS、メルマガなどの情報発信でも有効に利用できる

『現代広告の心理技術101』という書籍は端的に言うと、人に行動してもらうためにどうすれば良いのかを科学的に説明しています。

広告と書いていますが、別に広告に限った事ではなく、ブログやSNSやメルマガなどの情報発信においても有効に活用する事が可能です。

というのも、ブログやSNSやメルマガなどの情報発信も読んでくれた人が『勉強になったなぁ!』と思ってもらう事が目的ではなく、もっと先に目的があるはずです。

それは実際にその情報を活用して行動をしてもらい、情報を情報で終わらせずに役立ててもらう事ですよね。

そうする事によって、あなた自身の売上にもつながるかもしれませんし、何よりせっかく時間を費やして読んでくれた人の現実は少しでも良くなります。

 

 

その『行動してもらう』という部分が難しく、せっかく良い情報を得てあとはやるだけというところまで来ているのにやらない人がほとんどです。

そこをしっかりとフォローしてあげ、行動できるようにしてあげるのに、『現代広告の心理技術101』に書かれている内容がとても役に立ちます。

あなた自身にも役立ちますし、あなたの発信した情報を得ている人たちにも役に立つ内容が盛りだくさんなので、ぜひ読んでみてください。

 

 

『現代広告の心理技術101』は一般の書店では購入できない

『現代広告の心理技術101』は、自分でビジネスをしている方、これからビジネスをする予定の方、販売や営業としてお勤めの方には必ず購入してもらって、読み倒してもらいたい一冊です。

ただ、この書籍、一般の書店では販売していません。

ジュンク堂や紀伊国屋書店に探しに行っても、『現代広告の心理技術101』は置いてないんです。

この書籍はインターネットでのマーケティングに興味がある方なら耳にした事があるかもしれませんが、ダイレクト出版という会社でインターネット販売しかしていません。

 

 

ですので、リアルな書店ではなくインターネットで購入するしか手段がありません。

ですので、『現代広告の心理技術101』を購入して読みたくなったという方は、以下のサイトから購入するしかありません。

現代広告の心理技術101が購入できるサイトはこちらです。

ぜひこの書籍を読んであなたのビジネスに役立てみてください。

 

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事