トイレ掃除の目的はトイレをキレイにすることではない
Pocket

むかしの話なんですけど、ある会社のトイレを使わせてもらった時に、ちょうど清掃中の時間で『すみません。清掃中です。ペコリ』みたいな看板が出てました。

 

 

『ちょっと使わせてもらいます』と断り入れて使わせてもらったら、手を洗ってる時に『今日はいいけど、次からやめてくださいね』と嫌味を言われたということがありました。

今日同じようなシチュエーションで、トイレに行った時にまぶしい笑顔で『どうぞ♫』と言ってもらった時に、それを思い出しました。

 

 

トイレ掃除ってめちゃくちゃ尊い仕事で、超重要な仕事だと僕は思うんですね。

あんまり自分から進んでやりたいとみんなが思う仕事ではないけど、トイレがキレイかどうかでオフィスとかお店とかのイメージに大きく影響を与えます。

 

 

例えば、ラーメンを食べに行ったお店のトイレが汚かったら、ラーメンが美味しくても、もう一回食べに行きたいという気持ちは薄まります。

不思議なもんで、そのお店のテーブルがちょっとベタついてても大丈夫なんですけど、トイレが汚いのはダメなんですよね。

 

 

ちょっと話が逸れてしまったのですが、トイレ掃除ってトイレがキレイになったらそれでいい、というわけではないんですよ。

 

 

トイレを掃除している目的はトイレをキレイにすることではなく、使う人に気持ちよく使ってもらうことです。掃除というのは手段であって、目的ではないわけです。

そう考えたら、冒頭に書いた人は掃除することに一生懸命になりすぎて、本来の目的を忘れてしまっていますよね。(僕も気を使わずに入って行ってしまったので、お互い様ではありますが・・・)

 

 

人は一つのことに集中すると、元々は何か目的を果たすためにそれをやっていたのに、いつの間にかそれをすることが目的にすり替わりがちです。

それは僕もそうです。

やってるうちに『これなんでやってるんやっけ?』となることもあります。

 

 

特に忙しいときには、そうなりがちなので、忙しい中でも時々自分がやってるこの仕事はなんのためにやってるのか、というのを振り返る時間を作ってはいかがでしょうか。

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

金沢夏樹

金沢夏樹

神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。 >>詳細なプロフィール★

コメントを残す

ブログの関連記事
  • 引退がなくなる時代に向けて僕らがやるべき事
  • これから日本人が伸ばしていくべき力は自分で考える力
  • それに価値があるかどうかは人によって違う!ということをタマネギの皮から学ぶ
  • 階段とエスカレーターから思ったこと
  • 忙しくて出来ないというのは、時間の問題ではなくやる気の問題。
  • ピカソが30秒で描いた絵の価格から価値というものを考える
おすすめの記事