トイレ掃除の目的はトイレをキレイにすることではない

Pocket

762fc9b405336049277c674ac9d40010_s

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。

むかしの話なんですけど、ある会社のトイレを使わせてもらった時に、ちょうど清掃中の時間で『すみません。清掃中です。ペコリ』みたいな看板が出てました。『ちょっと使わせてもらいます』と断り入れて使わせてもらったら、手を洗ってる時に『今日はいいけど、次からやめてくださいね』と嫌味を言われたということがありました。

今日同じようなシチュエーションで、トイレに行った時にまぶしい笑顔で『どうぞ♫』と言ってもらった時に、それを思い出しました。

トイレ掃除ってめちゃくちゃ尊い仕事で、超重要な仕事だと僕は思うんですね。あんまり自分から進んでやりたいとみんなが思う仕事ではないけど、トイレがキレイかどうかでオフィスとかお店とかのイメージに大きく影響を与えます。

例えば、ラーメンを食べに行ったお店のトイレが汚かったら、ラーメンが美味しくても、もう一回食べに行きたいという気持ちは薄まります。不思議なもんで、そのお店のテーブルがちょっとベタついてても大丈夫なんですけど、トイレが汚いのはダメなんですよね。

ちょっと話が逸れてしまったのですが、トイレ掃除ってトイレがキレイになったらそれでいい、というわけではないんですよ。トイレを掃除している目的はトイレをキレイにすることではなく、使う人に気持ちよく使ってもらうことです。掃除というのは手段であって、目的ではないわけです。

そう考えたら、冒頭に書いた人は掃除することに一生懸命になりすぎて、本来の目的を忘れてしまっていますよね。(僕も気を使わずに入って行ってしまったので、お互い様ではありますが・・・)

人は一つのことに集中すると、元々は何か目的を果たすためにそれをやっていたのに、いつの間にかそれをすることが目的にすり替わりがちです。
それは僕もそうです。やってるうちに『これなんでやってるんやっけ?』となることもあります。

特に忙しいときには、そうなりがちなので、忙しい中でも時々自分がやってるこの仕事はなんのためにやってるのか、というのを振り返る時間を作ってはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!