自分にとって都合の良い解釈をしよう

Pocket

こんばんは。 個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。 今日は『自分にとって都合の良い解釈をしよう』というテーマです。 ご参考になれば幸いです。  

イチロー選手のこだわり

インターネットの記事や書籍など、色んなところでイチロー選手の考え方が紹介されているので、目にした人も多いと思いますが、イチロー選手は打者成績として、『打率』ではなく、『安打数』にこだわっているそうです。 野球に詳しくない方のために簡単に説明すると、『打率』というのは打席に立った回数のうち、ヒットを打った回数の割合のことを言います。10回打席に立って1回ヒットを打ったら1割というカウントの仕方です。 『安打数』はお察しのとおり、打席に立った回数は特に考慮せず、何回ヒット打ったかを表します。 小説の世界に『芥川賞』とか『直木賞』があるように、プロ野球の世界にも個人の成績によって授与される賞が用意されていて、打撃(バッター)部門は次の3つが最も賞賛される賞とされています。

①打率、②ホームラン、③打点。

このうち、イチロー選手のような安打を積み重ねるタイプの選手は普通、打率王と言って、そのシーズンで最も①の打率が良かった選手を、目指します。(ちなみに3割(10打席あたりのヒット数が3本)打つ選手は一般的に一流選手だと言われます。) しかし、イチロー選手はみんなが目標にする打率ではなく、安打数(ヒット数)を目標に置いているそうです。野球をやっていなかった人からすると、どっちも同じように感じるかもしれませんが、この2つは全く異なるものです。  

『率』より『数』を基準にしたほうが落ち込みにくい?

打率と安打数の決定的な違いって何かわかりますか? 僕はこれかなと思います。『打率は下がる可能性がある。安打数は上がることしかない。』 打率というのは、打席に立つたびに上がるか下がるかします。例えば、運良く1打席目にヒットを打ったら打率10割です。でも次の打席、その次の打席でヒットが打てなかったら一気に3割3分3厘になります。 10割が3割3分3厘に下がったらショックですよね。でも安打数だったら同じ状況でも、最初の1打席目に打ったヒットを凡退が続いたからといって、『最初のヒット取り上げ〜!』とか言われないので、最初に打った1本は1本として残ります。 気分の問題だと言われたらそれまでなんですけど、気分次第で調子ってかわりますよね。まして、超一流の域に達している人同士の戦いなわけですから、ほんのすこしの怯みで結果は180度変わります。    

どうせ掲げるなら自分の調子が上がる目標を掲げよう

さっきの打率と安打数の話のように、取り組むことは同じであっても、どの側面から見るかによって見え方というのは全然違ってきます。どの側面から見て目標を設定するかによって、自分のモチベーションというのも異なってきます。 であれば、自分にとって1番都合の良い側面を探して、そこから見るようにするのが良いと思います。ある意味自分を騙しながら、自然と前に進むように仕向けていくということです。僕自身が昔、野球をしていたので、野球の話ばかりになって恐縮ですが、やっぱりメンタルの部分ってパフォーマンスに大きく影響するんですよね。 『今日なんか調子悪いなぁ』と思ってマウンドに上がったら案の定打たれることが多いですし、『今日はイケるわ』と思ったら抑えれることが多いです。そんなもんです。なので、自分の調子が出しやすいように物事を解釈していきましょう! 以上です。それではまた明日!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!