斎藤一人さんの『強運』を読みました!

Pocket

強運

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。

今日は最近読んだ斎藤一人さんの『強運』についてです。この本は資産形成スペシャリストの井上耕太氏から紹介してもらって読みました。→http://michiamokota0421.com/

斎藤一人さんご存知ですよね?『銀座まるかん』の創業者で、長者番付に10年以上に渡って10位以内に入っていた、日本のトップ経営者です。少し大きな本屋さんに行くと必ず斎藤一人さんの本が並べられてるコーナーがあり、ちょっと独特な雰囲気なので、ご存知なくても見たら『あぁ、この本の人か』と思うと思います。

著書もたくさん出していて、熱狂的なファンも全国にたくさんおり、他の人の書籍でも斎藤一人さんの言葉が引用されていたりするので、斎藤一人さん自体は知っていますが、実は斎藤一人さんの本をちゃんと読んだのは今回が初めてです。

まず、全体的な印象としてはとても読みやすいです。自己啓発本もいくつか読んでいますが、使ってる言葉が難しくて何言ってるかわからないものが、けっこうあるんですね。

でも、この本はそんなこと全くなく、とてもシンプルな言葉で書かれているので、言ってることがとても分かりやすい。『気合い』のことを『気愛い』という当て字を使ったり、『頑張る』を『顔晴る』と書いていたりと少し変わった表現はありますが、書いてることは誰にでもスッと理解出来るように書かれています。

で、タイトルの『強運』ということについてですが、この言葉だけ聞くと『運』という「棚からぼたもち」みたいなことを想像するかもしれませんが、そういう話ではなく、ちゃんとやるべきことをしっかりやれば引き寄せることができるものと言っています。

ちっちゃな努力を日々積み重ねることで、運を引き寄せ、そして掴むことができるようになるということです。この本の中でたびたび出てくるフレーズとして、『今の自分の実力より一つ上のことに全力で取り組む』ことが大切だというのがあります。

一つ上のことを全力でやって、クリアしたら実力も上がり、更に一つ上のことに取り組みクリアしていく。これを繰り返していくことで、少しずつ加速度が上がっていき、だんだん楽になっていくことを『加速の法則』と呼んでいて、加速の法則を味方にするためにも継続的な努力が必要ということです。

そのほかにもたくさん良いことが書いていて、かつ読みやすいので、普段読書の習慣がないという人にもオススメです。まだ読んでない方は一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!