知識を記憶に定着させるには繰り返しが大切

Pocket

こんばんは。 個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。 今日は『知識を記憶に定着させるには繰り返しが大切』というテーマです。 ご参考になれば幸いです。  

中小企業診断士の勉強をしています

去年から中小企業診断士という資格の勉強をしています。これはどんな資格かというとコンサルタントの国家資格という位置付けの資格です。 実際には、資格を取ったからといって安泰とかは全く無いと思いますが、一般的なビジネス知識を持っている証にはなると思いますし、体系的に広く学ぶことで思考の土台が出来るかなと思って取り組んでいます。と言っても毎日本当に少しずつ勉強している感じです。 試験としては3ステップになっていて、1次試験(7科目)、2次試験(4科目)、口述試験(面接)という試験内容です。今の状況としては、去年1次試験に合格したので、次は今年の秋に2次試験、冬に口述試験に合格する予定です。 ただ、資格の勉強だけに集中できる状況では無いですし、そうするつもりも無いので、いかに工夫して勉強するかがポイントだと思っています。 今日は知識を頭に定着させるためにやっていることについて書きたいと思います。資格の勉強以外にも活用出来ると思います。  

忘れることは人間の正常な機能

まず大前提は、人間なので『1度で全てを覚えることは出来ない』ということです。勉強しているとせっかく頑張って覚えたのに、ちょっと時間が経つとキレイさっぱり記憶から消えていてショックを受けるということあると思います。 当然人によって記憶力に差はありますが、書籍を1度読んだぐらいで、全てがしっかり記憶に留まるという人はいないんじゃないかと思います。 何かに書いていましたが、『忘れる』という事は人間としてとても大切な機能だそうで、これが無いとつらい過去も忘れられず、精神的に耐えられないそうです。 なので、せっかく覚えたのにすぐ忘れてしまうと、ショックを受ける必要はなく、忘れることは当たり前のことで、それを前提事項として認識しておくことが大切です。 とは言っても、毎朝記憶が真っ白な状態からスタートしている訳ではないので、記憶に残るものと、残らないものがあります。そこをいかに工夫して記憶に残りやすくするかが重要かな考えています。  

繰り返すことで定着していく

裏ワザみたいな話が出来れば良いんですけど、それはやっぱり無くて、結局は繰り返し覚えるしかないと思います。ただ、何も考えずに繰り返すのではなく、ちょっと忘れかけた頃に繰り返すというのがポイントかなと。 例えば、僕が中小企業診断士の1次試験の勉強をしていた時ですが、7科目を4ヶ月弱で勉強するとなった時にやったことは、テキストを繰り返し読むということでした。(本当はもっとしっかり勉強してから受けたかったのですが、受けようと思い立った時には4か月前でした) テキスト読んで、問題集やって、模試受けて、過去問やってという一般的な勉強方法をやっている時間が無かったので、ポイント絞って読んで覚えるということに集中しました。 まずは理解するために1度しっかり読む、そして次の日以降にその部分をぺらぺらページめくって目に触れさせるという感じで回数をたくさん読むことを意識しました。その日新しく読むところは30ページとか、40ページに抑えて、あとは昨日までに読んだ部分をぺらぺらってする感じです(笑) 本当に最後の1ヶ月はこれしかしてません。その代わり、起きてる時間は仕事してる時間以外はずっとやってました。 1回1回は一瞬なのでそれだけでは覚えられないんですけど、繰り返し繰り返しやってると、自然と頭の中でその内容について考えていて、気がついたら理解が深まっている感じです。多分ちょっと忘れかけた頃に繰り返すので、記憶が良い感じで呼び起こされるのが良かったのだと思います。 なので、仕事関係の本を読む時も、じっくり読むところと、ササッと繰り返し回数読むところを区別すると良いと思います。  

耳から聞いて覚える

その他には、歩いている時とか本を読めない時は耳から聞いて覚えるというのをやっていました。 最近は便利なもので、スマホのアプリでテキスト読み上げツールというのがあって、読み上げて欲しい文章入力したら、エンドレスに繰り返し読み上げてくれるというのがあります。ちなみに無料アプリで試してみましたが、十分満足な感じだったので、それを使い続けました。 頭に入れておきたいものを、スマホに入力しておいて、再生ボタン押すだけなので、とても簡単に頭に叩き込むことが出来ました。  

アウトプットを意識する

あとはやっぱり、実際に使ってみるか、もしくは使うことが前提になっていると、記憶には留まりやすいかなと思います。というより、アウトプットしない前提なら勉強する意味ないのでやらない方がいいですね(笑) なんとなくインプットするのと目的意識を持ってインプットするのとでは、説明するまでもなく後者の方が良いに決まっています。なので、まず最初にここから確認することですね。   今日は以上です。それではまた明日。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!