Pocket

 

今回から起業をテーマにシリーズ記事を書いていきたいと思います。

週に1〜2回程度の頻度で書いていきますので、これから独立、起業したいと考えている方はご参考にしてみてください。まずは考え方の部分をいくつか書いて、その後に実践編として具体的な方法論を書いていこうと思います。

 

ビジネスの基本は価値の交換

AmazonやGoogle、TOYOTAなど世界的に展開している企業が行なっているビジネスも、町の豆腐屋さんのビジネスも規模は違えど、根本的な考え方は全く同じです。

何が同じなのかというと、付加した価値に対してお客さんが対価を払ってくれる事で利益が生まれるということです。1億円の商品ならそれが1億円の価値だと認めてくれて、なおかつ1億円の支払いが可能な人がお客さんになってくれるということ。

 

なので、ビジネスの大前提として『価値を生み出す』もしくは『価値を付加する』ということが必要です。

『やりたい事を仕事にする』、『好きな事で稼ぐ』のを目指すのは僕も大賛成です。むしろ、賛成だからこそ今回のような記事を書いている訳で、僕自身もまだまだ先の目標を目指しますし、1人でも多くの人にそういうのを実現して欲しいと考えています。

 

ビジネスの世界は弱肉強食

もう一つ理解しておかないといけないのが、価値を生み出すことが出来て、その価値に見合う対価を支払うことが出来る人がいたとしても、自分を選んでもらえるかどうかは分からないということです。

例えば、お腹が空いたのでご飯を食べたいなと思った時に、全く同じ金額で同じ食べ物を提供しているお店が2件あったときにどっちに入りますか?という話で、お客さんの中で比較をして選ぶわけです。

この世の人たちはみな平等に扱われるというのは理想的な考え方なのかもしれないのですが、ビジネスの世界では露骨なほどに弱肉強食です。何か明らかに秀でている部分がなければ、選んでもらえることはありません。

 

勝負する相手は百戦錬磨のプロたち

で、全員に可能性はありますし、ひるまずにチャレンジしてもらいたいのですが、理解しておいてもらいたいのは、どんな業界に参入しても勝負する相手はその業界で長年やってきているプロ達です。

それを理解しておかないと想像していたより厳しい世界で耐えられないように思います。実際、独立・起業しても大半は1年を持たずに廃業していて、甘い気持ちで参入してしまうと後々痛い目にあってしまいます。ただ、どんな業界のプロ達も初めからプロだったわけではなく、素人の状態から一つ一つ積み重ねて今の立ち位置まで上がってきています。

 

僕自身も上にいる人たちを全速力で走って追いかけているというのが現状で、気を抜けないのでしんどい部分はありますが、どれぐらいのペースでどれぐらいの時間走ればこれぐらいまではいけそうかなという感覚は少しですが、分かってきたので、目標地点をしっかりと定めてやっていっているという感じです。

 

まとめ

最初に少し厳しい事を書きましたが、実際に会社を辞めて独立して2年強の期間やってきて実感しているところなので、頭には入れておいてもらいたいなと思って書きました。

しんどい部分はありますが、それと比べて余りあるぐらいにやりがいや面白さはあるので、ぜひチャレンジしてみてもらいたいなと思います。今なら環境も整っているので、会社に勤めながら小さくビジネスを始めて、大きく広げていく方法もあります。

自分の取れるリスクに合わせて進んでいくこともできるので、以降の記事も参考にしてみてください。

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事