三宮のほとんどの美容院はお客さんを取りこぼしています!一刻も早くオウンドメディアを作ろう!
Pocket

先日、神戸元町で『ソーシャルメディアでお店の集客・売上をUP!』をキャッチフレーズに事業をされている、株式会社 be love companyさんにお呼びいただいて、ブログでの効果的な情報発信のセミナーをさせていただきました。

 

 

当日は20人近くの方々にご参加いただき、また奈良から私の話を聞きに来ていただいている方もいらっしゃいました。

本当にありがとうございました。

 

 

今回のセミナーのテーマはブログという事で、『すでにブログを書いているけど、もっと効果的に発信したいという方』と『これからブログを始めていきたいという方』の両方に学びのある内容を意識してお話させていただきました。

セミナー後には受講いただいた方からたくさんのお礼のメッセージもいただき、ご満足いただけたようで良かったです。

 

 

このセミナーの中で、インターネット検索についてのお話を少しさせていただきました。

特に、地域ビジネスをされている方の集客の入口の1つとしてインターネット検索があり、ブログの場合は検索にヒットさせやすいということで基本的な部分をお話させていただきました。

 

 

ブログ等でインターネット検索を意識して記事を書く場合に大前提として意識すべき事が2つあります。

 

 

1つは、その検索キーワードでインターネット検索している人が、自分の求めている行動をする事を前提に検索しているのかということ。

もう1つは、その検索キーワードがある程度の回数検索されているのかということです。

 

 

例えば、自分が三宮で店舗を構えて美容院を営んでいるとします。

三宮で美容院を探している人がインターネット検索をする時に使うキーワードを想像すると、最初にパッと思い付くキーワードは『三宮 美容院』もしくは『美容院 三宮』です。

 

 

このキーワードで検索された時に、自分のブログやホームページが表示されたら、来てもらえる可能性はありそうですよね。

これが、『美容師 なり方』とかだと、美容師になりたいと思っている学生が調べていると想像できるので、お客さんとして来る可能性はゼロではありませんが、『三宮 美容院』に比べると低いはずです。

 

 

まずはキーワード的にはクリアしているのでOKとして、次は実際にそのキーワードで検索している人がどれぐらいいるのかを調べる必要があります。

どれだけ良いキーワードを見つけたとしても、そのキーワードで検索している人がいなければ、お客さんとして来る可能性も低いからです。

 

 

せっかくなので、『三宮 美容院』、『美容院』三宮というキーワードで検索している人がどれぐらいいるのかを調べてみました。

その結果は以下の通りです。

 

 

『三宮 美容院』が月に2,400回、『美容院 三宮』が月に480回検索されています。

合わせると、約3,000回です。

 

 

さらに、この結果というのはGoogleでの検索回数なので、Yahoo!検索を使っている人を考慮するともっと多くなります。

このキーワードで検索する人の属性を考えると、もしかするとYahoo!検索を使っている人の方が多い可能性もあるので、単純に倍ぐらいの回数はこのキーワードで検索されていると考えられます。

 

 

かなりの回数検索されていますよね。

さらに注目したいのが、『月間平均検索ボリューム』の右側にある『競合性』という項目が『低』になっていることです。

 

 

これが何を意味するのかというと、三宮で美容院を営んでいるところがインターネット検索を意識したサイトをあまり作っていないということです。

つまり、しっかりと意識して作れば比較的簡単に検索した時の上位に表示させられるということが分かります。

 

 

長く神戸に住んでいる人なら馴染みの店があってそこに行くという人も多いと思いますが、神戸ぐらいの都市になると毎年転勤等でたくさんの人が移り住んできます。

その方々も当然髪は伸びるので、どこかの美容院に行って切るわけで、その時にお店を調べる方法としてインターネット検索はするはずです。

 

 

そこで自分のお店が出てくるかどうかでお客さんの数に影響することは容易に想像できます。

 

 

だからタイトルにも書いたように、三宮で美容院を営んでいる方はチャンスなわけです。

ホットペッパービューティーに毎月何万円も払って掲載してもらうぐらいなら、自分のお店のメディアを作ってそこでの発信力を高めて行くことに力を注ぐべきです。

 

 

これは美容院だけではなく、他の店舗系のビジネスでも同じことが起こっているケースは多々あります。

もちろん、他の地域の美容院も同じくです。

 

 

ポータルサイトに依存している状態だと、そのポータルサイトと運命をともにすることになり、ポータルサイトがこけると自分のお店もこけるという状態になります。

しっかりと自分のお店のメディアを持つことで、そこのリスクは自分でコントロールできるようになります。

(ポータルサイト依存だけではなく、アメブロに頼っている場合も同様です。)

 

 

こういうケースは多く、もったいないことをしてしまっている人はとても多いので、自分のメディアを持って集客につなげていきたいという方は、ぜひご連絡ください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

  • Facebook社から『トップに表示』の推奨が出てるがこれは本当有効なのか?
  • ネタ切れ
    ブログ・SNSでネタ切れせずに365日情報発信し続ける方法
  • インターネット集客に必須!読まれる文章にするための9個のコツ
  • 着眼点によって結果が180度変わる!?アフリカに靴を売りに行った営業マンから学べる事
  • スモールビジネスには立派なホームページは必要無い。要るのはブログとSNS
  • ブログを集客に活用するためにやるべき事をまとめました!
おすすめの記事
2020年に電子教科書が導入される?
ブログ
今日のニュースで、文部科学省が有識者会議で2020年を目標に公立の小中学校に電子教科書の導入を進めるというのがありました。 僕らが小学生...