朝日新聞の奨学金破産の記事から考える常識を疑うことの大切さ
Pocket

今朝の朝日新聞デジタルにこんな記事が出ていました。

 

奨学金破産、過去5年で1万5千人 親子連鎖広がる

(朝日新聞デジタル)

 

 

奨学金が返せない人が増えているというニュースは数年前から出てきてますよね。

思うことは人によってそれぞれ違うと思いますが、ここで一度みんなが立ち止まって考えるべきタイミングです。

 

 

その前に、『奨学金って何?』という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれないので、一応簡単に説明しておくと、進学するための資金を学生本人が借りて、卒業後に返済していく制度のことです。

進学するために行う借金のことを奨学金と言います。

高校などの進学の際も奨学金制度を利用することもできますが、ほとんどのケースが大学進学だと思います。

 

 

ここで考たいのは、本当に大学進学する必要ある?ということです。

 

 

私自身も浪人をして大学に進学をしています。

私の場合は関西大学という大阪にある私立大学に通いましたが、『大学は必須で行かないといけないところではなく、自身が必要だと思ったら行くところ』だという両親の方針もあって、大学進学は奨学金制度を利用しました。

 

 

本来は借りなくても行けたのかもしれませんが、妹が3人いたことと親が自営業で収入が保証されているわけではないということで、条件を満たすことが出来たので、お金を借りて大学に通ったという形です。

 

 

そういう考え方なので、神戸から大阪まで毎日通うための交通費や教科書代なども含めて大学にかかる費用は自分でアルバイトして稼ぐというルールでした。

 

 

今考えると、この時の両親の考え方は正しかったんじゃないかと思っています。

関西大学というところは、中学・高校・大学とエスカレーター方式で進学できるルートもあって、何も考えずに大学進学してきていて、アルバイトもそんなにせず親からの小遣いで遊んでいる子達がたくさんいました。

 

 

今時、大学まで進学することが当たり前で、大学を卒業していないと良い会社に入って、安定した暮らしを送ることが出来ないという風に思って、親子ともにそれが当たり前と思って大学に通っていたのだと思います。

 

 

でも本当に大学に行く必要ってある?

 

 

確かに、就職活動をするときに学歴の有無で差があったりしますし、入った後も大卒なのかどうかで給与体系も違っていたりします。

最初は月に数万円の差かもしれませんが、生涯年収に換算したらかなり大きな差になるので、やっぱり大学出ておいた方が有利なのかなと思うかもしれません。

 

 

ですが、それは終身雇用が実質的に保証されていた時代の話です。

これからは就職した先で定年まで勤め上げる人の方が少なくなるような時代になります。

 

 

実際に私自身も、現在東証一部に上場している企業に新卒で入社しましたが、それから10年経った今では既にその会社を退職して独立して活動しています。

今の状況になると、どこの大学を卒業しているのかなんて関係ないですし、大卒かどうかすら関係ありません。

 

 

今後このような状況は、今以上に多くの人に広がっていくはずです。

 

 

大学進学だけではなく、あらゆる事で今の常識が通用しなくなるスピードが加速していきます。

私も含め全員が常識を疑う目を持つことが重要です。

 

 

常識にとらわれずに自分にとって最も適した道はどれなのか?

自分の頭で考えて選択していけるようになることです。

 

 

一朝一夕に出来るようになることではありませんが、『本当にそうかな?』と考える意識を持つようにしましょう。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

  • 朝日新聞の奨学金破産の記事から考える常識を疑うことの大切さ
  • Twitterの文字数が280文字に増えた!けど日本語は対象外だそうです。
  • 『ネット利用が新聞を上回る』時代に考える2つの事。
おすすめの記事