SEOの第一歩はGoogleの検索エンジンについて理解すること

Pocket

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。 『SEO対策』 インターネットをビジネスに活用したいと考えたことがある人なら 一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか? SEOというのは、 Search Engine Optimizationの頭文字を取った略語で、 日本語に直すと「検索エンジン最適化」という意味になります。 検索エンジンというのは何かを調べるときに、 GoogleやYahoo!の検索窓に調べたいキーワードを入力して、 Webサイトを検索しますよね。 そのGoogleやYahoo!の検索プログラムのことを検索エンジンと言います。 自社サイトや自分のブログを検索結果の上位に表示させたいのはみんな思うことです。 なぜなら検索ランキングの上位に表示されると、その分多くのアクセスが見込めるからです。 この検索ランキングで上位表示されるために色々な対策をしていくわけですが、 まず最初に理解しておかないといけないことが一つあります。 それが、『検索エンジンについて知る』ということです。 今回は検索エンジンがどのようなものなのかを理解していただき、 今後のサイト運営の参考にしていただければと思います。

検索エンジンの全てを知るのは諦める

これからGoogleの検索エンジンについて勉強しようとしている人に対して、 いきなりやる気をダウンさせてしまうかもしれませんが、検索エンジンの詳細なロジックは、 ケンタッキーのフライドチキンのレシピと同じように公表されていません。 だから、私たちがGoogleの検索エンジンの全てを知ることはできません。 「なんやそれ」って感じですよね? でも公表されてないものは仕方ないので、 推測も含めながら対策していく必要があります。 実際に検索エンジンの全てを知っている可能性があるのは Googleの内部の人だけです。 しかも検索エンジンのアルゴリズムはGoogleの中でも最重要事項なので 検索エンジンのプログラマーも分担を分けられていて全体を知ることはできない 仕組みになっていると聞いたことがあります。

本当かどうかはわかりませんが、 それぐらい重要なものだと思ってもらえたら良いです。
ですので、これからSEO対策について学ぼうと思っている人は 少し割り切って取り組むということも大切です。

Googleが最優先しているのはユーザー価値

Googleの検索アルゴリズムには大小含めかなり多くの順位付けのルールがあります。 しかし、方針はたった一つです。 それは検索ユーザーにとって価値の高い順にWebサイトを提示することです。 最近、パンダアップデートやペンギンアップデートというような名称で、 頻繁にGoogleのアルゴリズム変更のニュースが入ってきますが それらも全て検索ユーザー価値を高めるための変更です。 というのも、昔は検索上位表示しようと思った時に、 検索ユーザーにとって価値があるとか無いとか関係なく、 被リンクを集めるだけで上位表示できた時代がありました。 そのため、内容も薄っぺらくて、そんなに価値が無いサイトであっても サイトを量産して、それらのサイトからリンクを貼ったり、 SEO業者にリンクを貼ってもらえば上位表示することが可能でした。 でもそれではアフィリエイトなどで稼ぎたいサイト運営者にとってはメリットがあっても、 検索ユーザーにとってはあまり良い状態では無いですよね。 つまり、『何かを知りたい』、『何かの問題解決したい』と思って検索しているのに、 その答えが書いたサイトよりも、お金を稼ごうと思って運営されているサイトが 上位に表示されるので、検索ユーザーが知りたい情報にたどり着きにくい状態なわけです。 これがエスカレートしていくとGoogleにとっても望ましくありません。 というのも、検索しても知りたい情報にたどり着けないとしたら、 検索する人も減っていきますよね。 そうなるとGoogleに広告を出す人も減ってしまうため、 Googleのビジネスが成り立たなくなってしまいます。 だからGoogleは何度にも渡る改善を繰り返して、 検索ユーザーが求めている情報にスムーズにたどり着けるような 検索エンジンにしていったわけです。 逆に言うとユーザーに価値あるサイトを作らなければ 上位表示させることが出来なくなったということです。

クローラーというプログラムが徘徊してサイトの情報を集める

Googleはキーワードに応じた最適なサイトをランク付けするために、 あらゆるサイトの情報を収集しています。 その情報収集するためのプログラムをクローラーと言います。 クローラーはサイトからサイトへリンクをたどってひたすら情報を集めていきます。 このクローラーが回ってきた時に初めてGoogleはそのサイトについて認知します。 つまり、クローラーがやってくることが、検索結果に表示される第一歩だということです。 さらにサイト内を効率的に回って行ってもらうために 内部対策を実施するのですが、それはまた別の記事で書きます。

集めたサイト情報をインデックスする

クローラーが色々なサイトを巡回して集めてきた情報は全て Googleのデータベースに登録されます。 このデータベースへの登録のことをインデックスといいます。 基本的にはクローラーが取得してきたデータ全てをインデックスするのですが、 著しく価値が低いと判断されたサイトに関してはインデックスされないそうです。

最後に

SEOについてはもっと時間をかけて色々とお話ししていきたいと思うのですが、 結局はユーザーにとって価値ある情報を発信することが1番大切です。 これなくしてはいくらテクニックを駆使しても意味がなくなってしまいます。 それにそもそも価値ある情報を発信していなければ、 いくら上位表示されたとしても、その後のビジネスには絶対につながりません。 なので、第一は検索ユーザーにとって価値のある情報を提供することを徹底して、 その上で技術的な部分のSEO対策に取り組んでいくことです。 そのためにもまずは検索エンジンの基本を理解しておくことは重要なので、 ぜひこの機会に理解しておいてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!