SEO対策の第一歩はGoogleの検索エンジンについて理解すること
Pocket

『SEO対策』

インターネットをビジネスに活用したいと考えたことがある人なら 一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか?

 

 

SEOというのは、Search Engine Optimizationの頭文字を取った略語で、日本語に直すと『検索エンジン最適化』という意味になります。

 

 

検索エンジンというのは何かを調べるときに、GoogleやYahoo!の検索窓に調べたいキーワードを入力して、Webサイトを検索しますよね。

そのGoogleやYahoo!の検索プログラムのことを検索エンジンと言います。

 

 

自社サイトや自分のブログを検索結果の上位に表示させたいのはみんな思うことです。

なぜなら検索ランキングの上位に表示されると、その分多くのアクセスが見込めるからです。

 

 

この検索ランキングで上位表示されるために色々な対策をしていくわけですが、まず最初に理解しておかないといけないことが一つあります。

それが、『検索エンジンについて知る』ということです。

 

 

今回は検索エンジンがどのようなものなのかを理解していただき、 今後のサイト運営の参考にしていただければと思います。

 

 

検索エンジンの全てを知るのは諦める

これからGoogleの検索エンジンについて勉強しようとしている人に対して、いきなりやる気をダウンさせてしまうかもしれませんが、検索エンジンの詳細なロジックは、ケンタッキーのフライドチキンのレシピと同じように公表されていません。

 

 

だから、私たちがGoogleの検索エンジンの全てを知ることはできません。

 

 

『なんやそれ』って感じですよね?

 

 

ですが、公表されてないものは仕方ないので、推測も含めながら対策していく必要があります。

 

 

実際に検索エンジンの全てを知っている可能性があるのはGoogleの内部の人だけです。

しかも検索エンジンのアルゴリズムはGoogleの中でも最重要事項なので、検索エンジンのプログラマーも分担を分けられていて全体を知ることはできない仕組みになっているはずです。

 

 

ですので、これからSEO対策について学ぼうと思っている人は、少し割り切って取り組むということも大切です。

(インサイダーもしくはそれに類似する情報を持っている人に聞ける状況を作るのがベストです。)

 

 

Googleが最優先しているのはユーザー価値

Googleの検索アルゴリズムには大小含めかなり多くの順位付けのルールがあります。

また、そのルールは常に変更を加えられ、いまだに改善が繰り返されている状況です。

 

 

そんな中、それを全て解明して、1つずつ対策していくというのは現実的ではありませんし、実はそんな事をする必要もありません。

 

 

なぜなら、方針はたった1つだけだからです。

その1つの方針さえ遵守する事ができれば、細かいSEO対策の要因を考えなくても検索上位表示させていく事は可能だからです。

 

 

そのGoogleが検索エンジンにおいて重要視している1つの方針というのは、検索ユーザーにとっての価値です。

検索した人に対して価値の高い順に検索結果の一覧を表示しています。

 

 

最近、『パンダアップデート』や『ペンギンアップデート』というような名称で、頻繁にGoogleのアルゴリズムの大幅な変更が行われています。

それらも全て検索ユーザー価値を高めるために行われています。

 

 

昔は検索上位表示しようと思った時に、検索ユーザーにとって価値があるか無いかは関係なく、被リンクを集めるだけで上位表示できる時代がありました。

内容も薄っぺらく、価値のある情報を掲載していないサイトであっても、サイトを量産して、それらのサイトからリンクを貼るという行為をしたり、SEO業者にリンクを貼ってもらうような、テクニックを駆使する事で上位表示することが可能でした。

 

 

ですが、それではアフィリエイトなどで稼ぎたいサイト運営者にとってはメリットがあっても、検索ユーザーにとっては望んでいる情報が出てこないので良い状態ではないですよね。

『何かを知りたい』、『何かの問題解決したい』と思って検索しているのに、その答えが書かれたサイトよりも、お金を稼ごうと思って運営されているサイトが上位に表示されるので、検索ユーザーが知りたい情報にたどり着きにくい状態なわけです。

 

 

これがエスカレートしていくとGoogleにとっても望ましくありません。

検索しても知りたい情報にたどり着けないとしたら、検索する人も減っていきます。

そうなるとGoogleに広告を出す人も減ってしまうため、Googleのビジネス自体が成り立たなくなってしまいます。

 

 

だからGoogleは何度も何度も改善を繰り返して、検索ユーザーが求めている情報にスムーズにたどり着けるような検索エンジンにしていったわけです。

その結果、検索ユーザーにとって価値のあるサイトを作らなければ上位表示させることが出来なくなったということです。

 

 

これは、ちゃんとした正当な方法で情報発信をしている人にとっては望ましい状況で、難しい事を考えなくても良くなってシンプルになったと言えます。

ですので、検索ユーザーにとって価値のある情報を発信できるようにしていきましょう。

 

 

クローラーというプログラムが徘徊してサイトの情報を集める

 

Googleはキーワードに応じた最適なサイトをランク付けするために、あらゆるサイトの情報を収集しています。

その情報収集するためのプログラムをクローラーと言います。

 

 

クローラーはサイトからサイトへリンクをたどってひたすら情報を集めていきます。

このクローラーが回ってきた時に初めてGoogleはそのサイトについて認識します。

 

 

つまり、クローラーがやってこないと、検索結果に表示されないということです。

そのため、何かしらの手段で自分の更新したページにクローラーに来てもらう必要があります。

 

 

そのための方法は、ここでは書ききれないため別記事にしたいと思います。

 

 

集めたサイト情報をインデックスする

クローラーが色々なサイトを巡回して集めてきた情報は全てGoogleのデータベースに登録されます。

このデータベースへの登録のことをインデックスといいます。

 

 

基本的にはクローラーが取得してきたデータ全てをインデックスするのですが、 著しく価値が低いと判断されたサイトに関してはインデックスされないそうです。

 

 

つまり、自分のサイトの情報が検索にヒットするようにするには、クローラーに回ってきてもらい、かつインデックスされる事が必要だということです。

それがされない事にはいくら頑張ってコンテンツを作ったとしても検索にはヒットしませんので、詳しく中の仕組みまでは理解しなくても良いのですが、クローラーとインデックスの存在ぐらいは知っておいてください。

 

 

最後に

SEO対策の前提として知っておかないといけない最も重要な事は、ユーザーにとって価値ある情報を発信することです。

これが無くいくらテクニックを駆使しても今の時代のSEO対策の世界では全く通用しません。

 

 

それにそもそも価値ある情報を発信していなければ、いくら上位表示されたとしても、その後のビジネスには繋がらないので、意味がありません。

 

 

検索ユーザーにとって価値のある情報を提供することを徹底して、その上で技術的な部分のSEO対策に取り組んでいくことです。

そのためにもまずは検索エンジンの基本を理解しておくことは重要なので、ぜひこの機会に理解しておいてください。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

Google検索で上位表示するためには検索意図を想像する事が必要不可欠!

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

金沢夏樹

金沢夏樹

神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。【目標:自分の好きな事に本気で取り組み、ワクワクして生きる人を自分の周りに1万人輩出すること!】 【無料メール講座: 集客できる!情報発信力向上の7ステップ 【発信力を高め合う仲間を作る: 情報発信コミュニティー >>詳細なプロフィール★

コメントを残す

関連キーワード
SEO対策の関連記事
  • ブログで集客したいなら知っておきたいSEO対策3つのポイント
  • ブログ記事のタイトル最適化はSEO効果を最大限に高めるWebライティングの最重要事項です。
  • コンテンツSEOを成功させるためにやるべき9つの事
  • SEO対策を促進させるサイトマップの基礎知識
  • SEO対策
    全てのサイトにSEO対策が必要なわけでは無い!SEO対策すべきサイトと必要ないサイト
  • アクセス解析
    Webサイトの改善はアクセス解析で分析して行う
おすすめの記事