SEOを意識したコンテンツを作ってブログ・オウンドメディアへのアクセスを増やす方法
Pocket

ブログやホームページなどのオウンドメディアへのアクセスを増やしたいなら必須の対応があります。

それはSEO対策です。

 

 

どんなに素晴らしい価値のある良いコンテンツを作ったとしても、誰にも読んでもらえなければ全く意味がありません。

読んでもらうためには何かしらの手段によって露出を増やしていく事が必要で、そのメインとなる方法がSEO対策による検索結果からのアクセスです。

 

 

僕のこのブログに関しても、アクセス元はたくさんありますが、8〜9割はインターネット検索からのアクセスです。

このアクセスの大半を占める、検索の露出を増やすためにSEO対策に取り組むわけですが、そこにはたくさんのコツや知っておくべきことがあります。

 

 

せっかく価値の高い情報を発信しているにも関わらず、SEO対策が上手く出来ていないために情報が届いていないのは、とてももったいないことです。

 

 

そこで、今回はSEO対策の基本を知ってもらい、価値のあるコンテンツを多くの人に届けるための方法について書いていきます。

ぜひ、読んでいただいて、実際に取り組んでみてください。

 

 

なぜSEOを意識してコンテンツを作成する必要があるのか?

過度にSEO対策を嫌悪している人もいるのですが、オウンドメディアの存在を多くの人に知ってもらい集客に繋げたいのであれば、必須事項と言えます。

検索からのアクセス無しにWebからの集客は相当難しいと言わざるを得ません。

SEO対策にしっかりと取り組んで、日々更新しているコンテンツが検索結果の上位に表示される事で確実にオウンドメディアやあなたの商品・サービスを知ってくれる人の数が増えていきます。

 

 

SEO対策をすることによって無料で露出を増やせる

ビジネスというのは『認知』してもらうことから全てが始まりますし、そのために企業は大金を払って広告を出しているわけです。

それがSEO対策を行うことによって、無料で露出が増やせるわけです。

 

 

SEO対策に必要なのは、オウンドメディアを持つことと、Googleの検索エンジンに評価され検索結果の上位に表示されるコンテンツを作ることだけです。

この2つによってお金をかけずとも多くの人に自分の商品・サービスが宣伝が出来るようになります。

 

 

見込み顧客を集客しやすい

TwitterやFacebookなどSNS経由のアクセスと検索エンジン経由のアクセスには決定的な違いが1つあります。

 

 

その違いというのは、能動的なアクセスなのか受動的なアクセスなのかという点です。

SNSからブログやオウンドメディアのコンテンツにやってきた人というのは大半がたまたま情報が流れて来たから読みに来たという人です。

一方、検索結果から来てくれた人というのは、そのコンテンツを求めて来ているわけなので、コンテンツに対する本気さが全然違うわけです。

 

 

このどちらが自分の見込み客になる可能性が高いのかは考えるまでもなく、本気度の高い検索から来てくれた人たちですよね。

だからSEO対策をすることが重要なわけです。

 

 

継続的に見込み客に露出することが出来る

TwitterやFacebookなどのSNSで拡散されると一時的に大量のアクセスが集まって露出が増えることがあります。

それはそれでアリなのですが、期間的には一瞬で終わるため常に新たな火種を探し続けないと露出が保てないのがSNSです。

 

 

検索からのアクセスの場合は逆に瞬間的なアクセスの爆発はあまり起こりませんが、一度検索結果の上位表示が出来るようになるとある程度継続的にアクセスしてもらえることが期待できます。

もちろん、検索順位も日々動いているので、一度上位表示されたものが未来永劫、上位表示され続けるわけではありませんが、1〜2年に渡って継続的に上位表示され続けることはよくある事ですし、何年も露出し続けるケースもあります。

 

 

これがコンテンツが資産になると言われるところで、一度しっかりと価値のあるコンテンツをSEOを意識して作りさえすれば、それが24時間365日営業し続けてくれるようになるという事です。

 

 

SEOを意識したコンテンツの作り方

なぜSEOを意識したコンテンツを作るべきなのかが分かったので、具体的にどうやってコンテンツを作っていけば良いのかについてお話していきます。

 

 

Googleの理念からSEO対策の基本方針を理解する

インターネット検索というと、Google以外にもYahoo!やBingなど色々なものがあるのですが、2018年現在、SEO対策を行うという時にはGoogleだけを意識すれば問題ありません。

※この記事は2016年に書いた記事を2018年4月にリライトしています。

 

 

というのも、日本でインターネット検索をしている人の9割以上がGoogleかYahoo!の検索エンジンを使っており、さらにYahoo!の検索エンジンはGoogleの検索エンジンの仕組みを借りています。

要するに、9割以上の人がGoogleの検索エンジンでインターネット検索しているという事です。

 

 

そのため、コンテンツを検索上位表示させたいのであれば、Googleからどうやったら評価されるのかを考える必要があります。

想像力を働かせて考えるというのも必要なのですが、実はGoogleが公開している経営理念を知る事でどう考えたら良いのかが見えてきます。

 

 

この経営理念というのは『Googleが掲げる10の事実』というもので、詳しくは『「Googleが掲げる10の事実」を知ることがSEO対策の第一歩』という記事に書いていますので、そちらを一度読んでみてください。

「Googleが掲げる10の事実」を知ることがSEO対策の第一歩
2018.5.4
ブログ・オウンドメディアへのアクセスを増やすためにはSEO対策は必要不可欠です。 とは言ってもそんなにバリバリテクニックを行使して検索の上位表示させようというわけではなく、第一は読んでくれる人にとって価値がある情報を分かりやすく提供することを目指します。 その上で、Googleの検索エンジンにも評...

 

 

検索ユーザーにとって価値の高いコンテンツを作成する

Googleの理念からも分かるように、Googleが最も大切に考えているのは検索ユーザーです。

検索ユーザーが満足するような利便性が高く価値のあるコンテンツから順番に検索上位に表示したいと考えています。

 

 

であれば、SEOでの露出を増やしたい僕ら情報発信者が考えるべきなのは、検索ユーザーにとって価値のある情報をコンテンツとして発信するという事です。

『価値のある情報』という表現だと少し漠然として分かりづらいかもしれませんね。

 

 

発信する情報によって求められる事は違ってきますが、例えば以下のようなコンテンツであれば、検索している人にとって価値がある情報だと言えるでしょう。

 

  • 検索している人の課題や問題に対して、的確で網羅的な答えを提示している
  • 検索している人自身も気が付いていない課題や問題点を指摘している
  • 複雑で難しい内容について、とても分かりやすく解説している
  • 最新の情報が掲載されている
  • 専門家でないと知らないような情報を教えてくれている etc.

 

 

検索している人のことを深く知ること

先ほど挙げたようなコンテンツを作ろうと思った時に必要なのは、検索ユーザーつまり見込み客のことをより深く知ることです。

知らない人がどんな課題や問題を持っていて、どんな情報を提供すれば喜んでくれるのかを考えるのは、やはり難しいです。

 

 

ですので、検索して情報を取得しようとしている見込み客の事を知るための行動が必要となってきます。

 

 

例えば、こんな感じです。

  • 見込み客や既存顧客と会話する場を設ける、もしくはそういう場があれば足を運ぶ
  • 質問サイト(Yahoo!知恵袋、教えてgooなど)を覗いてみる
  • まとめサイト(NAVERまとめなど)を眺める
  • はてなブックマークでたくさんブックマークが付いているものを見てみる
  • キーワードプランナーで思い付いたキーワードの検索回数を調べてみる
  • 見込み客に属性の近い人たちのSNSの投稿やブログの投稿を読んでみる etc.

 

 

とにかく何かしら情報を得て、どんな事を発信すればお役に立てるのかを本気で考える事です。

これがブログやオウンドメディアの運営が上手くいくかどうかのキモになる部分なので、しっかりと足を使って情報を得るようにしましょう。

 

 

競合(ライバル)の調査をする

しっかりと見込み客の事を知って、どんな事を書けば良いのかが決まったら、競合の調査をします。

と言ってもそんなに難しい事はしません。

 

 

今から作るコンテンツのキーワードを使って実際に検索してみる事です。

そうすると、今から自分が勝負する相手がずらっと検索結果に出てくる事になります。

それらをただ上から順番に見ていくだけです。

 

 

1ページ分(10サイト)ぐらいみれば十分です。

それらがどんな事をどれぐらいのレベルで書いているのかを調べます。

だからと言って、内容をパクるのはNGですし、同じ主張をする必要もありません。

 

 

あくまでも参考にするだけで、重要なのはオリジナリティーです。

自分の中から出てくる事を書けば良いので、調査したサイトの内容に引っ張られ無いように気を付けましょう。

また、逆に無理やり自分の考えと異なる事を書こうとする必要も無いので、思った事や自分の考えを書きましょう。

 

 

 

最後に

ブログやオウンドメディアの存在を多くの人に知ってもらうためにはSEO対策を施して検索からの露出を増やす事は必要不可欠です。

 

 

今回はそのために必要な考え方や具体的な方法を書きましたので、ぜひ参考にして取り組んでみてください。

最初から上手くはいかないかもしれませんが、しっかりと取り組めば必ず結果につながりますので、信じてコンテンツを作成して見てください。

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

金沢夏樹

金沢夏樹

神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。【目標:自分の好きな事に本気で取り組み、ワクワクして生きる人を自分の周りに1万人輩出すること!】 【無料メール講座: 集客できる!情報発信力向上の7ステップ 【発信力を高め合う仲間を作る: 情報発信コミュニティー >>詳細なプロフィール★

コメントを残す

関連キーワード
SEO対策の関連記事
  • ブログ記事のタイトル最適化はSEO効果を最大限に高めるWebライティングの最重要事項です。
  • この記事さえ見ればオッケー!SEO対策チェックリスト(コンテンツ編)
  • SEO対策の第一歩はGoogleの検索エンジンについて理解すること
  • ブログの画像や写真にはalt属性(代替テキスト)をSEOのためにも設定しましょう
  • SEO対策に取り組むなら最初に理解しておくべき基本の考え方
  • 集客できるブログ・オウンドメディアに必須のキーワード戦略
おすすめの記事
SNS(ソーシャルメディア)
SNS(ソーシャルメディア)
ソーシャルメディア関連の記事をドン!とまとめていきます。 記事は随時更新していきますので、ぜひ読んでみてください。 Facobook関連 ...