検索エンジンの基本を学んでブログへのアクセスを10倍にする秘訣

Pocket

ブログやサイトなどのオウンドメディアへのアクセスの大半を占める、検索からのアクセスを増やすために知っておくべきことがあります。

それはGoogleの検索エンジンの仕組みです。

 

検索エンジンの仕組みを知らないために、情報自体はしっかりとした価値のあるものなのにも関わらず、なかなか認知度が広がらず困っているという方も多くいます。

検索エンジンの仕組みを全く知らずにブログを書いているというのは、ルールも知らずに野球の試合に出ているようなもので、上手く活用できるわけがありません。

 

今回は最低限知っておくべき内容に絞って、検索エンジンの基本事項を整理しました。

この記事を読んで、Googleの検索エンジンを上手く活用できるようになりましょう。

 

Googleがどんな理念を持っているか知っていますか?

いま時点で検索エンジンへの対策を考えるといった場合、Googleについて考えるということとほぼイコールになります。

 

というのも、日本でインターネット検索をしている人の大半がGoogleかヤフーの検索を使っていて、さらにヤフーはGoogleの検索エンジンを利用しています。

つまり、ほとんどの人がGoogleの検索の仕組みを利用してるってこと。

 

野球のルールを知らなくて、打ったら三塁に走ってしまうような人が試合に出て活躍できるわけがないのと同じように、Googleがどんな考え方をしているのかを知らない人が、SEO対策をして検索上位に自分のブログ記事を表示させられるわけが無いんですよ。

 

だから、まず知っておかないといけないのは『Google が掲げる 10 の事実』というもので、Googleがどんな理念を持って事業を行っているのかを整理した文書になっています。

ですので、Googleはこれをベースに検索順位を決めているということをしっかり理解して、この方針にしっかりと則って運営を続けていけば、検索エンジンからは評価されやすいサイトになっていくこと

 

いくつか抜粋して重要と思うものだけご説明したいと思います。

 

ユーザー第一主義

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

 

Googleが第一優先にしているのは『検索ユーザー』です。

検索ユーザーにとって1番良い形を実現するために検索エンジンの改良をし続けています。

 

逆に言うと、Google上で自分の発信した情報がより生きるためには、検索してきたユーザーにとって価値がある情報を提供し続けているかどうかという点が最重要になります。

これが出来ていれば、ある程度の時間さえ経てばGoogleは自然とあなたのブログを検索結果の上位に表示させます。

 

昔はテクニックでGoogleの検索ランキングは攻略することができました。

ですが、Googleも日進月歩で進化して行っているので、今はそれは難しくて、本当に価値のある情報を発信し続けないといけなくなってきています。

 


まぁWelqの問題でわかったように、完璧な状態ではないですが、
それでも方向としては検索ユーザーの価値を重視するというのは変わらないはずです。

 

被リンクもやっぱり重要

ウェブ上の民主主義は機能します。

 

ちょっと前まではSEO対策というと、いかにたくさんの被リンクを獲得するのかが重要な施策でした。

 


SEO対策というのは、
検索結果の上の方に自分のサイトを表示させるために行う施策のことです。

被リンクというのは、別のサイトから自分のサイトへのリンクを貼ってもらうことです。

 

別のサイトが自分のサイトへのリンクを貼ってくれるっていうことは、紹介をしてくれてるっていうことを意味します。

たくさんのサイトからリンクが貼られているということは、それだけ多くの人から評価されているということなので、Googleの検索エンジンもそれを最大限に尊重して、検索結果を作成していました。

 

『みんなが美味いって言ってるラーメン屋は、多くの人に受け入れられるぐらいやから、きっと美味いんやろう』って言うのと同じ話で、みんなが良いって言ってるサイトは良い情報が載ってるサイトに違いないって言う話です。

 

でもいつの頃からか、これを悪用する人が出てきて、自分でサイトをいっぱい作って、そのサイトからメインのサイトへのリンクを大量に貼って検索エンジンを攻略してやろうと思う人がいっぱい出てきたわけです。

挙げ句の果てにはSEO業者という名の、被リンク屋が大量発生して、インターネット上に役に立たないアフィリエイトリンクだらけのページが蔓延したわけですね。

 

 

Googleはこれを撲滅して、本当に価値のある情報を掲載したサイトを検索エンジンが評価するようにいくつもの改善を行ってきて、今に至るというわけです。

 

その時から、よく言われるのが『被リンクはもう意味がない』という事です。

 

ですが、Googleのサイトを見に行くと、今もまだ『ウェブ上の民主主義は機能します。』という言葉が残り続けています。

つまり、被リンクの意味が無くなった訳ではなく、今もGoogleの検索エンジンは被リンクを重要視しているということです。

 

ただし、ただ単にリンクの数では評価はしていないと考えられ、リンクを貼っているページ自体がちゃんとしたページなのかという点までチェックして評価していると考えられます。

 

これに関しては、なかなかコントロールしにくい部分ではありますが、他の人に紹介してもらえるぐらい『価値のある記事を書き続ける』というところに、結局は行き着くことになりますね。

 

スマホ対応は必須事項になった

情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

 

電車に乗っても、街を歩いていても見かけるようになったのが、スマホを見ている人の存在です。

ここ数年で一気に普及が進んで、もうスマホを使っていない人を探す方が難しいぐらいの状況になってきています。

 

それはやっぱりGoogleも考えていて、そのサイトがスマホ対応されているかどうかを検索エンジンは評価するようになってきています。

少し前にGoogleから『スマホユーザーが検索した時の検索結果はスマホ対応しているページをより評価する』ということが、オフィシャルな形で言われました。

 

要するにスマホ対応されていないページは今後どんどん不利になっていくということです。

と言っても僕がこのブログで何度もオススメしているように、WordPressを使えばスマホ対応も簡単にできるので、これからブログを始める人や、アメブロを使っているけど、そろそろ本格的なものに変えたいという方は、ぜひWordPressを検討してみてください。

 

表示スピードも大切

遅いより速いほうがいい。

 

インターネットが一般家庭にも普及し始めたのは、確か僕が小学生の頃だったと思います。

その頃は今みたいに環境も整っていなかったため、インターネットを使っている間は家の電話は使えなかったりしたような時代で、Webサイトが表示されるのも時間がかかるのが普通でした。

 

ですが、今はいろんな面で環境が整ってきたので、Webサイトの表示スピードも速いのが当たり前になっています。

そのため、昔は早く表示されたら高く評価されていたのが、今は表示スピードが遅いと評価を落とすというところまできています。

 

利用しているレンタルサーバーのスペックや動画や画像を掲載している量、掲載のやり方なんかによって表示スピードが落ちるケースもあるので、もし遅くなっていると感じたら、改善策を打つ必要があるので、注意してみてください。

 

検索順位を決めるのはコンテンツと被リンク

さっきのGoogleの理念をしっかりと読み込んだ結果として、Googleの検索ランキングで上位に表示されるために必要な要素というのは、大きく分けて次の2つです。

  • コンテンツの質
  • 被リンク

 

この2つが、同じ検索キーワードの他のサイトより優れていたら上位に表示されやすく、そうでなければ順位が低くなるというわけです。

 

Googleの検索エンジンは数百という評価基準によって各Webページを評価していると言われていますが、この中でもこの2つにフォーカスすることが重要で、この2つを疎かにして他の要素に力を入れても意味がないというのは声を大にしてお伝えしておきたい点です。

 

Googleがどんな記事を掲載したいかを考える

検索エンジンで上位に表示してもらいたいと考えたら、逆に自分がGoogleの関係者だとしたらどんな記事を上位に表示したいのかを考えたらよく分かります。

どんな記事を掲載したいと考えると思います?

 

やっぱり役に立つか面白い記事ですよね。だって、Googleサイドとしては多くの人に検索を利用してもらいたいわけです。

じゃないとGoogleに広告を出したいという人も出てこないし、広告収入が無くなったらGoogleという会社は成り立たないわけです。

 

Googleとしては検索順位をどんな順番にするのかは、会社の命運を左右する超重要事項です。

だから何度も何度もGoogleは検索エンジンを改良して、価値の高い記事から順に表示されるようにしてきました。

 

役にも立たず、オモロくもない記事を読みたい人がいるかと言われたら、まぁいないじゃないですか。いたとしたら、その記事を書いた人のお母さんぐらいですよね(笑)

 

検索エンジンに評価されて検索上位表示される記事を作るためには、自分がGoogleサイドだったらどんな記事を上位表示したいのかを考えれば良いということです。

 

コンテンツって何?

検索エンジンに評価されて、検索結果の上位表示してもらうためにはまずは『コンテンツの質を高める』ことが大切だと言いました。

 

コンテンツの質が高いってどういうこと?その前にコンテンツって何?

これに答えておかないとGoogleの検索エンジンを攻略することはできませんよね。

 

ラーメンの存在を知らない奴が、美味いラーメンを作れるわけが無いように、Googleの検索エンジンが評価の軸としている『コンテンツ』が何かを理解していないやつが、上位表示出来るわけが無いというわけです。

 

じゃあまずコンテンツって何っていう話ですが、これはブログを構成している情報全てのことを指します。

つまり、コンテンツというのは文章、画像、動画などのことで、メインはやっぱり文章です。このコンテンツをいかにブログに訪問した人に対して役立つような形で提供しているのかが重要なポイントです。

 

検索エンジンの仕組み

検索エンジンを攻略するために、まずはGoogleの理念という根本の考え方の部分をご紹介しました。

その次に、その中でも重要である、コンテンツの質という点についても少し補足をしました。

 

最後に知っておいてもらいたいのが、検索エンジンの仕組みです。

どうやって検索エンジンはサイトの情報を収集して、どうランキングしているのかを知ることで、自分がどう対策していけば良いのかが分かります。

 

 

Googleの検索エンジンが検索結果を作るまでの間には次の3つのステップがあります。

  • クローリング
  • インデックス
  • ランキング

 

それぞれのステップで何をしているのかを知れば、やるべきことも見えてくるので、簡単にご説明します。

 

クローリング

Googleはインターネット上をグルグル、グルグル巡回する自動プログラムを使ってインターネット上に存在している色々なページの情報を収集しています。

その巡回プログラムのことをクローラーといい、クローラーがインターネット上を徘徊することをクローリングと言います。

 

クローラーという自動プログラムがどうやってインターネット上を徘徊しているのかというと、サイト内に存在しているリンクを辿って次から次に情報を収集していく形です。

 

つまり、自分のサイトへのリンクがたくさんあればGoogleのクローラーに来てもらいやすいですが、そうでなければGoogleの検索エンジンに認識してもらえないので、当然検索結果のランキングにも表示されないことになります。

 

そういう意味でも被リンクというのは重要で、Googleに知ってもらうためにも、リンクを貼ってもらえるような質の高い記事を買い続けていくことが重要です。

 

とは言っても、最初の頃は誰にも見つけてもらえないような時期が続くので、自分からGoogleの検索エンジンに向けてサイトの情報を送付するということも行います。

XMLサイトマップというのを作って、Googleのサイト上で送信する処理をすることで、こっちから通知ができるという形です。

 

インデックス

クローラーがクローリングして集めてきた、色々なサイトの情報をGoogleの検索エンジン用のデータベースに保存することを、インデックスと呼びます。

 

Googleの検索エンジンは、検索ユーザーが検索したタイミングで、インデックスした情報から最適な情報が書かれたサイトを瞬時に取り出してきて、検索結果のページを生成しています。

なので、まずはインデックスされていることが、検索結果に表示されるための第一歩になりますが、それだけでは上位表示されるのは難しいというのが実際のところです。

 

なぜなら、思いのままに書かれた文章は、読んだ人はもちろんGoogleの検索エンジンにも理解がしにくかったりします。

そうすると、本当はめちゃくちゃ役立つ情報が書かれているのにもかかわらず、Googleの検索エンジンがちゃんと評価できないために、あるべき評価よりも低く評価されてしまうケースが出てきます。

 

そのために必要になってくるのがWebライティングです。Webライティングについては『SEO対策の効果を最大限に発揮するWebライティングのポイント』に詳しく書いていますので、そちらもチェックしてみてください。

SEO対策の効果を最大限に発揮するWebライティングのポイント

2017.01.19

 

ランキング

クローラーが世界中のサイトから情報を集めてきて、それをデータベースにインデックスしたものを、検索キーワードに応じてランキングしてその結果を検索結果という形で表示しています。

 

このランキングのためにGoogleの検索エンジンは数百の評価基準を持っているそうで、それらの結果が検索結果となって表れているという形です。

SEO対策というと、この数百の評価基準全てに対して対策していくと思っている方がいますが、そうではなくて、Googleの理念を知って、それを頭の片隅に置きつつGoogleにも分りやすい形で、良質のコンテンツを作成していくことに集中した方が良い結果につながります。

 

そもそも、Googleの検索エンジンが持っている評価基準というのは公開されていないだけではなく、Google社内でも限られた人にしか公開されていないほど超極秘情報です。

それをGoogle関係者でもない僕たちが知ることはできず、それを研究していたら、その研究だけで終わってしまいます。

 

ですので、繰り返しになりますが、僕たちがやることは次の3つだけです。

  • 価値の高い役に立つコンテンツを作成する
  • クローラーに来てもらいやすくする
  • 適切にインデックスしてもらいやすくする

 

この中でも1番重要なのは、いうまでもなく価値の高い役に立つコンンテンツを作成することです。

これなしにはビジネスにWebは活用できません。

 

最後に

ブログやオウンドメディアを検索結果の上位に表示させるためにSEO対策をすることはとても重要なことです。

その前提としてGoogleがどんな方針を持っている会社なのかということと、どんな仕組みで動いているのかを知らないことには適切な対策は行えません。

 

今回の記事ではそのあたりの基本事項を整理したものになりますので、ぜひ理解して上手く活用できるように意識してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!