Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

昨日は、『ピンチをチャンスに変える発想の転換』という記事で、津軽地方で生み出された『落ちないりんご』の話をしました。

 

 

 

収穫前の時期に大型台風が直撃したことで、大きな損害を受けたりんご農家の方が必死で考えて生まれた商品が『落ちないりんご』でした。

台風にも負けずに落ちなかった強いりんごにあやかって、受験生のお守りとしてもらおうという発想でした。

 

 

まず、状況は全く同じであっても、人によってどこを見るのかというのには差が生まれます。

大量のりんごが落ちているという光景が目に入ったときに、木から落ちたりんごを見るのか、もしくは木に残っているりんごを見るのかという違いです。

 

 

どっちが正しいとか、間違っているとかを言いたいわけではなく、人によって目がいくポイントが異なるということです。

言い換えると、いま自分が見えているものが全てでは無いということ。

 

 

また、同じ辺りを見ていても、見ている角度によっても、自分の中に生まれる感覚というのは違ってきます。

木に残った傷付いたりんごを真正面から見ると、『もうこれは売りもんにならんな(涙)』ですよね。

 

 

でも、津軽のりんご農家の人は違った。

これをちょっと裏から見て、傷付きながらもたくましく残ったという側面に気付いたわけです。

だから『落ちないりんご』を思い付いたわけです。

 

 

他のことでも同じです。

ペットボトルの形ってどんな形ですか?

ちょっと想像してみて下さい。

 

 

多分多くの方が縦長で上の方が少し狭まった形、つまり横から見た形を想像したんじゃないでしょうか?

大丈夫です。

これも正解です。

 

 

でも、これだけが正解ではないんです。

 

 

例えば、上から見ると、大きな丸(ボディ部分)の中に小さな丸(飲むところ)があるように見えます。

逆に下から見ると、なんか丸いけどデコボコしてるのが見えます。

斜めから見たらまた違うし、近くで見ても、遠くで見ても違ったように見えます。

 

 

ある物事を目の前にしたときに、もっと違った角度から見れないか疑ってみて下さい。

今まで気が付かなかった意外な姿が見えるかもしれませんよ。

 

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事