Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

SEO対策をして検索上位表示させて多くの人に存在を知ってもらいたいですよね。

きっとビジネスをしている人の多くがそう思っていると思います。

 

 

ただ、SEO対策という言葉を聞いただけで難しそうに感じてしまうことも事実です。

今回はそのSEO対策に対して多くの人が抱いているハードルを下げて、具体的にどんなポイントに気を付けて取り組めば良いのかについて書いていきます。

 

 

SEO対策を行って検索上位表示することが出来るようになれば、広告費をかけずに多くの人に自分のビジネスや商品・サービスを知ってもらうことが出来るようになります。

 

 

取り組むメリットはありますので、ぜひこの記事でSEO対策のポイントを押さえて実際に取り組んでみてください。

 

 

まずはSEO対策について最低限知っておきたい基本

 

SEO対策について具体的なポイントをご説明していきますが、その前に最低限の知識を頭に入れておくことが必要です。

 

 

ですので、SEO対策って何?という方は『SEO対策って何?これからWeb集客に取り組む人に基本を徹底解説』という記事に最低限知っておいてもらいたい内容を書いていますので、まずはそちらを読んでみてください。

 

 

そもそもSEO対策をしないといけない記事か判断する

SEO対策をするといった場合、ざっくりというと次のような流れで記事を書いていくことになります。

  1. 狙うキーワードの洗い出し
  2. そのキーワードに対する検索需要を確認
  3. 狙う価値のあるキーワードなのかどうかを判断
  4. いざ記事を書く

 

 

記事を書くまでに必要な下準備がそれなりにあるので、思い付いたことをそのまま書くより時間がかかります。

さらに記事を書いて公開したからといって狙った通りに上位表示されてくることは少ないので、その後にも状況に応じて記事の修正をしながら上位表示されるまで記事を育てていく必要があります。

 

 

つまり、SEO対策をして検索にヒットさせるには1記事1記事かなりの時間をかけて対策していくことが求められます。

 

 

ただ、すべての記事に対してSEO対策を意識する必要は実はなくて、SEO対策をした方が良い記事と別にしなくても良い記事があります。

その辺りについては『SEO対策すべきサイトと必要ないサイトを理解して上手く記事を書き分けよう!』に書いていますので、そちらをご参考にしてみてください。

 

 

SEO対策 = Google対策だと理解する

SEO対策を行う場合に、必ず知っておきたいことが『SEO対策とはGoogleの検索エンジンに対する対策』だということです。

 

 

日本における検索エンジンのシェア

検索エンジンというのはGoogle以外にもYahooやBingなど、実は他にもたくさん存在しています。

ですが、基本的にはGoogle以外はSEO対策をする上では無視しても構いません。

 

 

というのも、日本においての検索エンジンのシェアが以下のようになっているからです。

  • Google:70.24%
  • Yahoo:19.56%
  • Bing:9.32%

 

※参考:http://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/desktop/japan

 

 

さらに、Yahooの検索エンジンというのはGoogleの仕組みが入っているので、実質的にはGoogleの70.24%とYahooの19.56%を足した約9割がGoogleの検索エンジンを利用しているということになります。

だから、SEO対策を行う場合はGoogleの検索エンジンだけを意識しておいたら良いという話になるということです。

 

 

知っておきたいGoogleの考え方

SEO対策はGoogleに対して行う対策だと言いましたが、Googleがどんな評価項目を設けて各サイトにある記事を評価しているのかは実は公開されておらずブラックボックスになっています。

ただ、細かい評価項目は分からなくても大まかな方針は公開されており、次の2つを知っておくと良いです。

 

 

 Googleが考えている高品質なコンテンツのE-A-T

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

 

 Google が掲げる 10 の事実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

 

 

この2つがGoogleの大きな考え方なので、それに沿った上で読んでくれる人にとって役に立つコンテンツを作ることがSEO対策で成功するためのポイントです。

 

 

SEO対策を成功させるためのポイント

 

SEO対策を行って検索上位表示させ、さらにその先のコンバージョン(成約)に繋げるために押さえておきたいポイントがいくつかあります。

それらをざっと挙げていきますので、簡単に説明していきます。

 

 

キーワード選定を行う

SEO対策においてのスタートはどのキーワードで上位表示させたいのかを決めることです。

 

 

その時に必ず意識しておきたいのは、1ページ1キーワードにするということです。

1キーワードというのは1単語という意味ではなく、1回の検索で入力するキーワードのことです。

例えば『三宮 カフェ』というような感じです。

 

 

Googleの検索エンジンは、入力された検索キーワードに対して適切な回答が書かれたページから順に表示していくことになるので、まずは検索ユーザーからのどんな質問に対して回答するのかを決める事が大切です。

 

 

ページタイトルの最適化を行う

SEO対策において重要なことはたくさんあるのですが、まず簡単にできることはページタイトルの最適化です。

具体的に何をするのかというと、タイトルに狙っているキーワードを含めることです。

 

 

SEO対策のイロハのイがページタイトルの最適化だと言えるぐらい重要な要素なので、まずはこれをやってみてください。

 

 

ページタイトルを変更するだけで検索からのアクセスが増加するという事例もたくさんあります。

それだけ、Googleの検索エンジンもページタイトルを重要視しているということです。

 

 

meta description(メタディスクリプション)を適切に設定する

メタディスクリプションというのは、検索結果の画面にページタイトルの下に表示される説明文のことです。

 

 

実はこの部分の設定は検索エンジンの評価には含まれないと言われています。

ですが、しっかりと設定すべきだと僕は考えています。

 

 

検索結果の一覧の中からどのページを読むかを考える時に、意識しているか無意識かは別として必ず参考にしているはずだからです。

要するに、メタディスクリプションに設定している内容によってアクセス数が変わってくるということです。

 

 

見出しを付けて記事の構成を分かりやすくする

タイトルの次に検索エンジンが重視して見ているのが見出しです。

すべての見出しにキーワードを含める必要はありませんが、入れられるものに関しては見出しにもキーワードを含めておくべきです。

 

 

また、見出しをつけておくことで、見出しだけ拾い読みして内容を把握することも可能になります。

時間が無くてすべてをしっかりと読めない方にもブログを役立ててもらうことができます。

 

 

面倒だと思うかもしれませんが、検索からのアクセスアップにもユーザビリティーにも影響があるので、ぜひ付けるようにしましょう。

 

 

内部リンクを貼ってサイト内を回遊できるようにする

内部リンクというのは、自分のサイト内にある別のページへのリンクを貼ることです。

 

 

ブログ記事の中で関連する記事の紹介をしたり、合わせて読むと良い記事を最後に紹介したりします。

そうすることで、読んでいる人にとっては便利ですし、検索エンジンもリンクを辿って情報を取得しやすくなります。

 

 

ですので、人にも検索エンジンにも優しくなるように内部リンクを貼るようにしましょう。

 

 

画像にalt属性を設定する

ブログ記事の中に画像を添付する時があると思いますが、その場合にはalt属性を設定するようにしましょう。

 

 

alt属性に関しては『画像や写真にはalt属性(代替テキスト)をSEOのために設定しよう!』に詳しく書いていますので、ぜひそちらを読んでみてください。

 

 

リンク切れが無いようにチェックする

リンク切れというのは、自分のサイトに張っている他のページへのリンク先が存在しなくなっていることを言います。

Webページというのはけっこう削除されることがあります。

 

 

自分のページからリンクしていたページがなくなっていたら、それをクリックしてもらった時に『ページが存在しません』という表示がされてしまい、ユーザビリティー(使い勝手)が下がります。

そういうのが多いと、Googleの検索エンジンとしても検索ユーザー第一義から外れてしまうので、評価を下げざるをえません。

 

 

リンク切れがあると検索上位表示にマイナスになってしまうので、リンク切れが無いように定期的にチェックするようにしましょう。

WordPressを使っている場合は、『WordPressのリンク切れのチェックをしてくれるプラグイン『Broken Link Checker』の使用方法』に書いているようにプラグインを入れるだけでチェックできるので、ぜひインストールしておきましょう。

 

 

 

まとめ

SEO対策というものにハマり過ぎると全ての記事に対して検索を意識してしまいがちなのですが、実はそんな事も無いという事を知っておいてください。

 

 

認知を広げるという目的においてはSEO対策は有効ですが、それだけにこだわってしまうと、その先にいる人の存在を忘れてしまうようになります。

そうなると、ブログを書いている目的の達成からも遠ざかる事になるので、注意してSEO対策に取り組んでいきましょう。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

SEO対策すべきサイトと必要ないサイトを理解して上手く記事を書き分けよう!

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事