Pocket

 

ブログを書いて集客したいとお考えの方なら、無視できないのがアクセス数です。

自分のブログを読んでくれている人が多ければ多いほど集客につながる可能性が増えるので、少しでもアクセスを増やしたいという気持ちはあると思います。

ブログのアクセスが増えるということは、あなたの発信している情報を受け取る人がそれだけ増えたということですよね。

多くの人にブログを読んでもらうことが出来れば、あなたの商品やサービスは広告を出さなくても売れていきますし、見込み客リストもどんどん増えていきます。

 

 

また、あなたのブログに広告を出させて欲しいという人も出てくるかもしれませんし、他のWebメディア運営者から、記事を書いて欲しいという依頼もくる可能性が高くなります。

つまり、ブログというメディアを育てることで、あなたのビジネスは大きく飛躍する可能性を秘めているということ。

そのようなアクセスを集めるブログを作るための最良の方法は『WordPressでブログを書くこと』です。

色んなブログサービスがある中で、なぜWordPressを使うことが、SEO(検索)に強いのかについて書きたいと思います。

 

 

もし、WordPressを使うかどうかに迷っているなら、この記事を読んで納得した上でWordPressを使うことをオススメします!

 

この記事を読んで欲しい人
  • ブログを使って集客したいと考えている人
  • SEO対策をしてブログにアクセスを増やしたいと考えている人
  • どのブログを使って書こうか迷っている人

 

 

SEO対策の基本をおさらい

なぜWordPressがSEO対策において有利えなのかをお話する前に、まずはSEOの基本について簡単にお話しておきます。

SEOというのは、Search Engine Optimizationの略で、日本語に置き直すと『検索エンジン最適化』という意味になります。

 

 

自分の作ったWebサイトの各ページがGoogle検索をしたときに1ページ目に表示されて、検索からのアクセスを増やすために行う施策のことをSEO対策と言います。

SEO対策を行うことで多くの人の目に触れることになり、その中でも自分のことに興味を持ってくれた人がブログをお気に入り登録してくれたり、メルマガ等に登録してくれたりという形で継続的な関係に繋がっていく形です。

SEO対策についての基本事項は以下の記事に書いていますので、そちらを一度読んでみてください。

 

検索からのアクセスの特徴

インターネット検索からアクセスしてくれた人の特徴として、自分が書いている記事の内容に興味度の高い人が来てくれる可能性が高いというのがあります。

というのも、インターネット検索をしているということは、何かしら知りたいことが既にあって、それを表すキーワードを検索窓に入力して情報を探している人だからです。

検索に自分のブログ記事がヒットして、そこから見に来てくれる人というのは、見込み客になり得るということです。

 

 

ただ、検索から来てくれた人とは関係性が築けていないため、すぐに商品・サービスを購入してくれるケースも少ないのも特徴です。

そこからいかに関係性を築ける方向に持っていけるかが大切なのですが、たくさんの記事が検索にヒットしていると、単純接触効果で自然と親近感を抱いてくれるようになります。

だからこそ、ブログにはある程度の数の記事数が必要で、時間を掛けてコツコツと記事を書き続けることが重要だということです。

 

 

SEO対策で重要なのはコンテンツ

SEO対策というと、テクニック的な部分にフォーカスされがちなのですが、テクニックよりもコンテンツが重要になっています。

ここ数年のGoogle検索エンジンのアップデートでさらにそれが加速している状況で、仕組み的な部分だけで上位表示できるというのは、難しいのが今のSEO対策です。

そのあたりについては以下の記事に詳しく書いていますので、そちらもご参考にしてみてください。

 

 

GoogleからSEO(検索)に強いとお墨付きのブログがWordPress

今の日本では、ほとんどの人が検索をするときにGoogleかYahooを使っています。

さらにYahoo!の検索エンジンというのは、Googleの検索エンジンを使っているため、SEO対策をするという場合は、Googleだけを意識しておけば問題ありません。

このブログでもSEO対策に関して記事を書くことが結構ありますが、それは基本的に全てGoogleの話をしていると思ってもらって問題ありません。

 

 

で、そのGoogleのSEO関連の責任者が公式な場でこういう内容の話をしています。


 

『WordPressは検索に強い』

Googleがそう言ってるならWordPressで作るしかないというのが現状だということです。

 

 

SEOに強いブログにするために最低限押さえておくべきポイント

SEOに強いブログにしていくためには、コンテンツが重要だということを先ほど書きました。

ですが、システム的な面で押さえておく必要があるポイントがいくつかあるので、それだけご説明しておきます。

それが出来ていたら上位表示できるというものではなく、出来ていないとマイナスになるというものがほとんどなので、ぜひ対応するようにしてください。

 

独自ドメインでブログを作ること

WordPressでブログを作るというのは、自分のドメインを取得して、そこにブログを作ることを意味します。

  本当は・・・
WordPressのドメインを使うブログの作り方もあるんですが、それはWordPressのメリットが享受しきれないので、推奨していません

 

 

要するに自分のブログ専用のドメインを作るわけです。

ドメインについてよく分かっていないという方は『いまさら聞けない☆ドメインとサーバーの基礎知識』という記事で解説しているので、そちらを一度読んでみてください。

自分専用のドメインを作ることのメリットはいくつかあって、1つはそれが誰のサイト(ブログ)なのかというのが、分かりやすいです。

 

 

人に自分のサイトを教える時に何を教えて読んでもらうのかというと、いまでも変わらずURLですよね。

これがアメブロとかを使っている場合であれば、単純にURLの文字数が多くなるので、どこからが自分のブログ用のURLなのかというのが、分かりづらくなります。

 

 

さらにもう1つ独自ドメインにすることのメリットは、Googleの検索エンジンはドメインの単位で評価をするという点です。

もちろん各記事ごとにも評価されています。

ただ、それだけではなく、各記事を総合してサイト全体としてどうなのかという評価も行っています

 

 

独自ドメインでサイトを立ち上げた場合、自分がしっかりと価値のある情報を出し続ければ、確実にドメイン全体の評価が高まっていって、じわじわ検索からのアクセスが増えていきます。

なので、良くも悪くも自分次第だというのが独自ドメインでブログを作った時の特徴です。

 

 

一方、アメブロなどのサービスを利用した場合は、そのサービスで用意したドメインの配下に自分のブログが入ることになるので、そのサービス自体の評価にも左右されることになります。

そういう意味で、今時点ではアメブロというのは、Googleからの評価も高く、アメブロにブログを作ることがメリットになるケースも多くあります。

 

 

しかし、他のブログサービスで実際に起こったことなのですが、ブログ内の記事の質が悪いものが増えてきてしまった場合、自分がいくらめちゃくちゃ価値ある情報を出し続けていても、検索結果に表示されなくなってしまうということもありえます。

実際、ブログサービス自体がペナルティを受けてしまって、そこに書いてる記事は一切Google検索には表示されなくなったということがありました。

要するに自分がいくら頑張って書いても、他の大多数のユーザーに引っ張られる形になってしまうということです。

 

 

また、同一ドメインのページを表示するのはいくつかまでという制限があるので、同じドメイン内にライバルがたくさんいると、検索結果には出てこないようになってしまうこともあります。

 

 

ブログを立ち上げてすぐに評価をされるということは無いんですが、自分の努力がストレートに反映されやすいのが独自ドメインの特徴です。

 

スマホ対応されていること

スマホでインターネットを利用する人が急激に増えているので、Googleの検索エンジンもそれを前提に考えるようになってきています。

Googleから送られてきた『Mobile-first index〜』というメールについて』という記事にも書いているのですが、もう対応するのが必須になってきています。

最近作成されたサイトや、今から作るサイトに関しては当然ですが、過去に作成したサイトに関してもスマホ対応すべきなので、出来ていない場合は、お早めに対応をご検討してみてください。

 

SSL化されていること

URLには2種類あって、『http://〜』のものと『https://〜』というものがあります。

何が違うのかというと、サイトがセキュリティー対応されているかどうかです。

個人情報を入力してもらうようなサイトの場合は当然考慮しないといけませんが、そうではなくてもSEOにも影響するため、対応できていない場合は、こちらも対応すべきです。

7月から常時SSL化必須!ブログ・ホームページのURLが『https:〜』じゃない人は要チェック!』という記事にも、その辺りのことについて書いていますので、ご参考にしてみてください。

 

サイトの表示スピードが遅すぎないこと

これもスマホユーザーが増えたことも影響しているのですが、サイトの表示スピードが遅いとSEO的にマイナスになってしまいます。

表示するタイミング等にもよるので、判断は難しいかもしれませんが、自分のサイトを開いてみて体感的に遅いと感じた場合は、何かしら対応を検討した方が良いでしょう。

正確にチェックしたい方は、表示スピードを計測するためのツールも提供されているので、そういうのも利用してみてください。

 

 

SEO対策用のプラグインを導入する

WordPressを利用している場合、SEO対策用のプラグインとして『All in One SEO Pack』というものが無料で提供されています。

これを利用することで、SEO対策においてやっておくべき設定が一括で出来るものになっています。

設定項目がとても多くて難しいと感じるかもしれませんが、『WordPress必須プラグインAll in One SEO Packの全情報を公開します!』という記事に詳細を書いていますので、そちらも参考にしながら設定してみてください。

 

 

記事毎に個別のタイトルとディスクリプション(説明文)を設定することもSEO対策上とても大切なことなので、しっかりと設定していくようにしてください。

 

WordPressなら価値ある文章を思いっきり書ける

検索ユーザーは価値ある情報を求めていて、Googleもそれを基準に各サイトを評価しています。

 

 

なので、ブログの書き手としては、読んでくれる人にとって価値のある情報を書くことにフォーカスすることが重要です。

『そりゃそうやし、そうすればいいやん』

そう思うかもしれませんが、実はそうはいかないケースもあります。

 

 

私が以前アメブロに書いた記事なんですが、バックアップの重要性について書いたことがあります。

コンピューターというのは、思っているよりも高い確率でデータが消えたりすることがあって、ブログ記事も同じなのでバックアップしましょうという内容の記事でした。

 

 

『アメブロユーザーの方は削除問題も有名なので気を付けてください』とアメブロの中で注意を促したので、アメブロの運営側のチェックが入ってしまい、記事が公開できなくなってしまいました。

アメブロの中でアメブロの削除問題を出してしまったのがいけなかったんですが、アメブロユーザーにとっては必要な情報だと思ったから書きましたが、それは公開できませんでした。

 

 

これだけに限らず、他社のサービスを使わせてもらっている以上、そこのルールの上でやる必要があり、それに合わないことは書けなかったりします。

WordPressで独自ドメインでやっていればサービス運営者は自分なので、本当に読んでくれる人にとっての価値にフォーカスすることができるというのもメリットです。

 

 

まとめ

SEOを意識した、つまり検索エンジンからのアクセスを意識したブログを作る場合には、WordPressが今のところ最適です。

WordPressを使えば全てがオッケーというわけでは無いですが、しっかりと作り込んでいけば、SEO対策がしやすい構造になっています。

もしかすると、少し難しいと感じるかもしれません。

しっかりと取り組んでいけば結果はついてくると信じていますので、ぜひ諦めずに取り組んでみてください。

 

▼この記事を読んでくれた方には以下の記事もオススメです!▼

WordPressでオウンドメディアを構築するための基本から応用までの全知識

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事