SEO(検索)に強いブログを作りたいならWordPressで作ろう
Pocket

ブログを書いているなら絶対に気になることとして、アクセスを増やしたいというのが少なからずあると思います。

 

 

ブログのアクセスが増えるということは、あなたの発信している情報を受け取る人がそれだけ増えたということです。

そうすると、あなたの商品やサービスは広告を出さなくても売れていきますし、見込み客リストもどんどん増えていきます。

 

 

また、あなたのブログの一角に広告を出させて欲しいという人も出てくるでしょうし、他のWebメディア運営者から、記事を書いて欲しいという依頼もくるでしょう。

ブログというメディアを育てることで、あなたのビジネスは大きく飛躍します。

 

 

そんなアクセスを集めるブログを作るための方法は『WordPressでブログを書くこと』です。

色んなブログサービスがある中で、なぜWordPressがSEOつまり検索に強いのかについて書きたいと思います。

 

 

もし、WordPressを使うかどうかに迷っているなら、この記事を読んでWordPressを使おう!

 

 

SEOの基本をおさらい

なぜWordPressがSEO(検索流入)に貢献するのかを考える前に、まずはSEOについての基本をおさらいしておきます。

SEOというのは、Search Engine Optimizationの略で、日本語に置き直すと『検索エンジン最適化』です。

 

 

自分の作ったWebサイトの各ページがGoogle検索をしたときに1ページ目に表示されて、検索からのアクセスを増やすために行う施策のことをSEO対策と言います。

昔はSEO対策というと、主に被リンク対策のことを言っていました。

 

 

つまり、いかに他のサイトに自分のサイトへのリンクを貼ってもらうのかにフォーカスした施策でした。

なので、お金をかけてSEO業者と呼ばれる会社にたくさんリンクを貼ってもらったり、自分で大量のサイトを作ってそのサイトからメインサイトへのリンクを貼ったりして、Google検索の上位表示をさせている、という人がウジャウジャいました。

 

 

そのサイトが良い情報を提供しているサイトなのであれば、100歩譲ってそれも世の中にとっては価値があるのですが、たいして考えてもない薄っぺらい内容のサイトでもGoogleは評価してしまっていて、検索ユーザーにとってあまり良くは無い状況になっていました。

 

 

ですが、Googleは数年間をかけて、検索エンジンのアルゴリズムを改善してきており、被リンクという一方向からの評価ではなく、総合的に価値ある情報を発信しているかどうかで判断するようになりました。

 

 

つまり、これからブログで情報発信をするのであれば、検索してきたユーザーにとって価値がある情報を発信出来ているかどうかでGoogleに評価されるようになりました。

そして、これが出来ないと検索からのアクセスが見込めないという状況がすでに出来上がっています。

 

 

ここまで読んでお分かりかもしれませんが、Google検索で上位表示されるサイトは小手先のテクニックに終始したサイトではなく、そのジャンルの本物だけが残っていく世界になってきています。

 

 

これはかなりのチャンスで、各ジャンルのプロフェッショナルが真っ当な形で評価されるということなので、本物の情報さえ出せるようになれば検索からのアクセスは右肩上がりに伸びていきます。

 

WordPressはGoogleのお墨付き

1つお話するのを忘れていましたが、今の日本では、みんなどの検索エンジンを使っているのかというと、ほとんどがGoogleとYahoo!の検索エンジンです。

 

 

かつ、ここからはWebに詳しい人しか知らないと思いますが、実はYahoo!の検索エンジンというのは、Googleの検索エンジンを使っています。

 

 

ということはどういうことかというと、SEO対策というのは、Googleだけを意識しておけばいいっていうことです。

 

 

このサイト内でもSEO対策に関する情報を出すことは結構ありますが、それは基本的に全てGoogleの話をしていると思ってください。

で、その検索エンジンの全てを牛耳っているGoogleのSEO関連の責任者が公式な場でこういう内容の話をしています。

 

 

『WordPressは検索に強い』

もうGoogleがそう言ってるならWordPressで作るしかないですよね。

独自ドメインであることの強み

WordPressでブログを作るというのは、自分のドメインを取得して、そこにブログを作ることを意味します。

  本当は・・・
WordPressのドメインを使うブログの作り方もあるんですが、
それはWordPressのメリットが享受しきれないので、推奨しません

要するに自分のブログ専用のドメインを作るわけです。

 

 

 

※ドメインについてよく分かっていないという方はこちらで解説しています
いまさら聞けない☆ドメインとサーバーの基礎知識

 

 

もちろん、そのブログに書いた記事というのはそのドメインの配下に存在することになりますし、またそのドメインの配下には基本的に自分の記事だけが存在していることになります。

 

 

これの何が良いのかというと、理由はいくつかあって、まずはそれが誰のサイト(ブログ)なのかというのが、分かりやすいですよね。

 

 

これはやっぱり大きなメリットですよ。

人に自分のサイトを教える時に何を教えて読んでもらうのかというと、いまでも変わらずURLなんですよね。

 
URLの構成要素の大半はドメインです

これがアメブロとかを使っている場合であれば、単純にURLの文字数が多くなるので、どこからが自分のブログ用のURLなのかというのが、分かりづらくなります。

 

 

さらにもう1つ独自ドメインにすることのメリットは、Googleの検索エンジンはドメインの単位で評価をするという点です。

 

 

もちろん各記事ごとにも評価されています。

ただ、それだけではなく、各記事を総合してサイト全体としてどうなのかという評価も行っています。

 

 

もしかすると、勘のいい方はお気付きかもしれませんが、それにはメリット・デメリットがあります。

独自ドメインでブログ等のサイトを立ち上げた場合、自分がしっかりと価値のある情報を出し続ければ、確実にドメイン全体の評価が高まっていって、じわじわ検索からのアクセスが増えていきます。

 

 

なので、良くも悪くも自分次第だというのが独自ドメインでブログを作った時の特徴です。

 

 

一方、アメブロなどのサービスを利用した場合は、そのサービスで用意したドメインの配下に自分のブログが入ることになるので、そのサービス自体の評価にも左右されることになります。

そういう意味で、今時点ではアメブロというのは、Googleからの評価も高く、アメブロにブログを作ることがメリットになるケースも多くあります。

 

 

しかし、他のブログサービスで実際に起こったことなのですが、ブログ内の記事の質が悪いものが増えてきてしまった場合、自分がいくらめちゃくちゃ価値ある情報を出し続けていても、検索結果に表示されないということもありえます。

 

 

そのブログサービス自体がペナルティを受けてしまって、そこに書いてる記事は一切Google検索には表示されなくなったということがありました。

要するに自分がいくら頑張って書いても、他の大多数のユーザーに引っ張られる形になってしまうということです。

 

 

また、同一ドメインのページを表示するのはいくつかまでという制限があるので、同じドメイン内にライバルがたくさんいると、検索結果には出てこないようになってしまうこともあります。

 

 

ブログを立ち上げてすぐに評価をされるということは無いんですが、自分の努力がストレートに反映されやすいのが独自ドメインの特徴です。

 

 

価値ある文章を思いっきり書ける

検索ユーザーは価値ある情報を求めていて、Googleもそれを基準に各サイトを評価しています。

 

 

なので、ブログの書き手としては、読んでくれる人にとって価値のある情報を書くことにフォーカスすることが重要です。

『そりゃそうやし、そうすればいいやん』

 

 

そう思うかもしれませんが、実はそうはいかないケースもあります。

私が以前アメブロに書いた記事なんですが、バックアップの重要性について書いたことがあります。

 

 

コンピューターというのは、思っているよりも高い確率でデータが消えたりすることがあって、ブログ記事も同じなのでバックアップしましょうという内容の記事でした。

 

 

特にアメブロユーザーの方は削除問題も有名なので気を付けてくださいと注意を促したのが、アメブロの運営側のチェックが入ってしまい、記事が公開できなかったんですよね。

アメブロの中でアメブロの削除問題を出してしまったのがいけなかったんですが、アメブロユーザーに取っては必要な情報だと思ったから書きましたが、それは公開できませんでした。

 

 

これだけに限らず、他社のサービスを使わせてもらっている以上、そこのルールの上でやる必要があり、それに合わないことは書けなかったりします。

WordPressで独自ドメインでやっていればサービス運営者は自分なので、本当に読んでくれる人にとっての価値にフォーカスすることができます。

 

 

まとめ

SEOを意識した、つまり検索エンジンからのアクセスを意識したブログを作る場合には、WordPressが今のところ最適です。

 

 

WordPressを使えばオッケーというわけでは無いですが、しっかりと作り込んでいけば、SEO対策がしやすい構造になっています。

もしかすると、少し難しいと感じるかもしれません。

 

 

しっかりと取り組んでいけば結果はついてくると信じていますので、ぜひ諦めずに取り組んでみてください。

 

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

関連キーワード
SEO対策の関連記事
  • SEO対策を促進させるサイトマップの基礎知識
  • コンテンツSEOを理解してブログ・オウンドメディアに検索からの劇的なアクセスアップをはかろう!
  • ブログ記事のタイトル最適化はSEO効果を最大限に高めるWebライティングの最重要事項です。
  • 定期開催イベントの案内ページの認知を広げるためのSEO的考え方
  • SEOを意識したコンテンツを作ってブログ・オウンドメディアへのアクセスを増やす方法
  • この記事さえ見ればオッケー!SEO対策チェックリスト(コンテンツ編)
おすすめの記事