Pocket

 

まだまだ時間はあると思っていましたが、気が付けば5月に入っていて今年の目標の1つである中小企業診断士試験まで3ヶ月を切ってきました。

資格を取った後の計画も自分の中であるので、何としても今年中に2次試験まで合格したいと考えています。

なので、まずは1次試験突破に向けてここからギアを入れ直してスピード上げていきます。

ブログの記事も中小企業診断士試験に関する内容の割合が増えると思いますので、ご興味無い方はスルーしといてください。

 

 

今日は、今から1次試験までの間にやろうと思っている事を書いておこうと思います。

 

 

3ヶ月前の今の状況

まず、5月4日時点の状況からお伝えしておくと、一応1次試験の7科目は満遍なく勉強をしている状況で、ただまだ安心して試験日を迎えられるという感じでは無いというのが正直なところです。

 

 

科目別で言うと、企業経営理論、財務・会計、経営情報システム、運営管理(オペレーション・マネジメント)の4科目に関しては、ここから過去問を回して知識を定着させていけばなんとか合格ラインの6割は超えられるかなと思っています。

不安があるのが、経済学・経済政策と経営法務で、この2科目に関しては足切りにならないように、取れるところを確実に取るような勉強に切り替えていくつもりです。

残りの中小企業経営・中小企業政策に関しては基本的に覚えるだけでなんとかなる科目なので、直前に力を入れてやっても良いかなと思っているので、合間を見つけて少しずつインプットしているという状況です。

 

 

まだまだ1次試験に関しても安泰では無いというのが、3ヶ月前の今の状況です。

 

 

残り3ヶ月の勉強の仕方

今日から8月の頭の1次試験までの勉強の仕方ですが、ここからは過去問をベースに勉強を進めていく予定です。

まずは過去3年分の問題を解きながら、合格レベルに到達するように知識を固めて、さらに問題の周辺の知識を補充していくという感じです。

インプットとアウトプットを日々繰り返しながら記憶に定着させていきます。

 

 

企業経営理論、運営管理、財務・会計の3科目に関しては、10月の2次試験にも影響してくる科目なので、特に力を入れてこの段階からある程度2次試験も視野に入れながら勉強を進めていくつもりです。

ここからは時間との勝負でもあるので、隙間時間を見つけては勉強するような感じになると思います。

 

 

受験するからには合格しないといけない

フルタイムで仕事をしている状況で、正直あまり余裕も無いのですが、受験するからには何としても合格しにいきます。

科目合格で翌年に繰越しというのも可能ではあるのですが、来年は次の目標が既にあるので、中小企業診断士の試験勉強には時間を費やせません。

『来年もある』と思って受験していては甘えも出てくるでしょうし、資格を取ったからといって収入が増えるわけでも無いので、今年なんとしてでも合格しないといけないという気持ちで残りの期間、勉強を進めていきます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事