Pocket

 

今年の8月に実施される中小企業診断士の一次試験に向けて今勉強をしています。

中小企業診断士というのは、一応難関資格に分類される国家資格で、一次試験、二次試験を合わせた合格率は1桁台になる資格です。

弁護士や公認会計士などの超難関資格と比べると簡単だとはいえ、合格までに3〜5年ほど掛ける人も少なくない資格です。

 

 

認知度はそこまで高くはありませんが、毎年1〜2万人程度の人が受験するため、資格の予備校での講座もちゃんと開設されており、仕事をしながら予備校に通って受験するというのが一般的な勉強方法となっています。

僕自身は資格の予備校には通わずに独学で勉強をしているのですが、それにはいくつかの理由があり、中小企業診断士だからこそ独学で勉強すべきだとも思っています。

 

 

今回はこれから中小企業診断士にチャレンジしたいなと考えている人向けに、なぜ独学で勉強すべきなのかの考えを書いてみます。

資格の予備校に通うかどうか迷っている方の参考になれば幸いです。

 

 

中小企業診断士の試験は独学でも十分に対応出来る難易度

まず最初に頭に入れておきたいのは、中小企業診断士という試験の概要と難易度です。

この試験は8月に一次試験、10月に二次試験の2ステップの試験になっています。

本当は3次に当たる面接での試験があるのですが、二次試験をクリアした人の大半が合格出来るみたいなので、実質的には2ステップだと言えます。

 

 

一次試験に関しては受験科目が7科目と範囲がとても広く、それだけで圧倒されてしまって受験を諦める人もけっこういます。

ですが、範囲が広いだけあって、実は問題自体の難易度はそこまで高くなく、覚えるだけで解答出来る問題も多数出題されます。

また二次試験に関しては、一次試験とは違い暗記でどうにか出来るものではないですが、教えてもらって解けるような問題でもないので、過去問で練習しながら要領をつかんでいくしかありません。

試験の性質的に独学で対応しやすいというのが、まず1つ目の理由です。

 

 

中小企業診断士には独占業務がない

2つ目以降の理由は試験合格後の話にはなるのですが、まず1つは中小企業診断士という資格には独占業務が無いというのがあります。

他の士業と呼ばれる専門資格には独占業務という、その資格を保持している人しか出来ない業務があることも多いのですが、中小企業診断士にはそういうものがありません。

そのため、資格を持っていても持っていなくてもどっちでも出来る仕事をする事になります。

 

 

つまり、資格を取ったからといって仕事があるとは言えないのが中小企業診断士だということです。

そのため、自分の頭を使って仕事を作っていく必要があるという事です。

 

 

ビジネス戦略を考えるのが仕事

中小企業診断士というのは、唯一国が認める経営コンサルタントの資格というという位置付けになっています。

経営コンサルタントとは何をする仕事かというと、お客さんのビジネスが上手くいくためにどうすれば良いのか戦略を考えて、それを実現させる仕事です。

答えの分からないものに対して仮説を立てて、軌道修正を繰り返しながらミッションをクリアしないといけません。

つまり、自分の頭で考えて戦略を組み立てられるようにならないと仕事にならないという事です。

 

 

資格の取得という実際のビジネスと比べるとイージーなミッションに対して戦略を立てて攻略出来ないのだとしたら、もっと複雑な要因が入り混じってくるビジネスで結果を出すのは難しいと言えます。

中小企業診断士を取った後の仕事を考えると、自分の頭で考えて動けるようになることは必要不可欠な要素かなと思います。

 

 

資格はゴールではなく、きっかけの1つにすぎない

資格というのは、1つのきっかけでしかなく、資格取得はゴールではありません。

むしろスタートで、資格をどう使ってビジネスに役立てるかが重要です。

なので、資格ありきで考えるのではなく、その前に自分が理想とするゴールを定めて、そこにたどり着くために中小企業診断士という資格を取る事が近道になり得るのであれば取るというのが正しい考え方かなと思います。

 

 

それなりに時間を掛けて勉強するからには、それに見合うリターンを見込めていないといけないわけで、それが見込めていないなら勉強時間がもったいないので、同じ時間を違う事に費やした方が良いでしょう。

あくまでも資格取得は定めたゴールに向かう道の1つの通過点でしかないという事をしっかりと意識しておくことが大切です。

 

 

考える力をさえ身に付ければ何でも出来る

繰り返しになりますが、中小企業診断士の試験において大切なのは、いかに知識をベースに自分の頭で考えるかという事てす。

ただの試験だと思わずに、実際にお客さんのところにコンサルに行く時の練習のようなイメージで取り組む事が大切です。

考えるというのは重労働で大変な行為なので、多くの人は考える事を避けています。

 

 

ですが、この力さえ高めていく事が出来れば、何をする時にも役に立ちます。

資格の勉強を通してその力を高める事が出来る良い機会なので、ぜひ独学で合格を目指してみてください。

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事