中小企業・小規模事業者のデジタル化を進める必要がある理由
Pocket

向こう数年の活動のテーマの1つとして中小企業や個人事業主を含む小規模事業への『DX(デジタルトランスフォーメーション)』の浸透というのを自分の中で持っています。

最近のリモートワークやZOOM飲み会などで少し前進した雰囲気はありますが、ITの活用をはじめとしたデジタル技術をビジネス活用する余地はまだまだあると考えています。今後はAIやIoT、AR/VR、3Dプリンティングなどのテクノロジーを活用することを前提にビジネスモデルから刷新していくというのが『DX』と呼ばれるものです。

 

 

『テクノロジーをビジネスに活用する』というより、『テクノロジーをベースにビジネスを組み立てる』というニュアンスの方が近いかもしれません。

最近パッと出てきた言葉ではなく、数年前からDXに関しては課題として認識されていて、経済産業省もDXレポートというのをサイト上で公開していて、2025年までに対応していかないと大きな経済的損失が生まれてしまうと警鐘を鳴らしています。

 

 

僕たちのようなIT関連の事業をしている人間からすると、手が回ってなくて取り組めていないケースはあれど、いくらかは意識している部分はあるので、全く知らないという人は少ないと思いますが、そうでは無い人からすると別世界のことのように知らないもしくは興味が無いという人が多いと思います。

ですが、これから大きな課題として取り組んでいくべきだと考えており、20冊ほどこの辺りの内容に触れている書籍を購入して、毎日少しずつ読んでいます。まだ勉強をし始めたところで、これから実際にどういう形にして提案していけば良いのか検討すらできていないのですが、まずは現時点での認識を書いておこうと思います。

 

DXは大企業だけが取り組むべきものなのか?

さきほど挙げた『AI、IoT、AR/VR、3Dプリンティング』という言葉を聞くと、多くの人は大企業が考えることで、中小企業や小規模事業では関係ないと思っている人が多いと思います。実際に、これらをビジネスに取り入れて活用し始めるのは大企業が先行すると思います。

 

それはリソース的な部分で大企業の方が取り組みやすいというのがあるためです。中小企業や小規模事業の場合は大企業と比べるとリソース的に余裕が無い状態でビジネスを回しているケースが多いので、イノベーターやアーリーアダプターとしてのポジションも取りにくく、ある程度やり方や効果が見えるようになってから手を出すという形にせざるを得ないケースが多いからです。

 

ですが、大企業だけが取り組めば良いというものでは無いと考えているため、勉強しながらどう取り入れていくのが良いのか探りたいというのが今の状況です。

 

中小企業や小規模事業こそデジタル化の恩恵を受ける必要がある

中小企業や小規模事業者がなぜDXに取り組むべきなのかを少しお話しておきます。

 

全企業の99%以上が中小企業・小規模事業者

知っている企業を挙げていってください、と言われたらおそらく誰もが知っている大企業から頭に思い浮かぶと思います。

ですが、企業数で言うと大企業に該当する企業は全体の1%にも満たない数しか実はありません。残りの99%以上は中小企業や小規模事業者です。もちろん、大企業1社1社の影響力は大きく、大企業の業績の良し悪しがGDP等の経済指標へも影響を与えます。

 

ですが、日本全体として底上げしていくためには大企業以外の会社のデジタル化は必要不可欠で、今後の日本経済を考えた時に、そこは課題だと考えられる部分でしょう。

 

人口減少社会に入っていくため生産性向上は必須

ご存知の通り、日本は諸外国に先立って高齢化社会に入り、その後人口減少社会に突入していきます。2025年問題という風に言われることが多いのですが、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になり全人口の3分の1が65歳以上になるという社会が訪れます。

 

医療や社会保障の問題もありますし、ITに視点を移してもシステムの老朽化やブラックボックス化している昔から使っているシステムのメンテナンスが出来る人がいなくなることなど、問題は山積みの状況です。そのため、労働人口が減っていくなかで今以上の生産性の向上を実現しないと社会として成立しなくなっていくことが容易に想像できます。

 

普通に今の延長線上でやっていてはどこかのタイミングで立ち行かなくなるため、デジタル化によって乗り越えてく必要があるということで、国家としても対策を考えているというような状況のようです。

 

まずは簡単なITやWebの活用から始めることがオススメ

国家レベルでのマクロな視点で考えると実感が沸かないかもしれませんが、身近なところで考えても、人が足りない中で利益は出していかないといけないというのは、ほとんどの企業で共通している課題なので、自分の会社や自分のビジネスという視点で考えても効率化は必要な取り組みではないかと思います。

 

AIとかIoTという先進的な技術だとハードルが高いかもしれませんが、もっと手前の基本的なITやWebの活用から取り組んでもらいたいというのは以前から思っているところです。

まだまだホームページを持っていない企業もたくさんありますし、個人レベルでもスマホやパソコンが使えないという人もたくさんいます。SNSをビジネスに活用することに抵抗のある人も少なくない状況なので、まずはそこから取り組むことが大切かなと思います。

 

本当にこれからどんどん新しいテクノロジーが世の中を変えていくはずなので、時代の変化のスピードに振り落とされないように、しがみついていきましょう。そのためのお手伝いをしていくつもりです。

 

●オンラインサロンをやってるのでご興味がある方はぜひご参加お待ちしています!
 ▶︎詳細はこちらからです!

●メールマガジンやLINEでもビジネスに関する情報を配信しています。
 ▶︎メールマガジンのご登録はこちらです!

 ▶︎LINEのご登録はこちらです!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事