Webサイトのスマホ対応が必須の時代だからこそWordPressでサイトを作ろう

Pocket

むかしホームページやブログなど自分のWebサイトを作った人とこれから自分のWebサイトを作ろうと思っている人は、必ず気にしてもらいたいことが1つあります。

気にしてもらいたいというより、もはや必須事項になっていることです。

 

何かというと、スマートフォン対応がされているかどうかということです。

これから作成する人は必ずスマートフォン対応をするようにしてください。

 

スマホファーストという言葉が生まれたほど、スマホはかなり多くの手元に行き渡り、これを無視することはできなくなりました。

ということで、今回はWebサイトのスマホ対応に関してお話ししたいと思います。

 

Webサイトの現状

まずはここ最近のWeb界隈でのスマホの現状について簡単におさらいしておきたいと思います。

スマホユーザーがパソコンを追い越した

いま時点でインターネット検索というのは、Googleが全てのルールを決めていると言っても過言ではないぐらい強い力を持っていて、検索からのアクセスを集めたければ、Googleに評価されないといけないというのが共通認識になっています。

 

そのGoogleが去年の春頃から、少し検索アルゴリズムの変更をしていて、スマホから検索された時にはスマホ対応しているサイトを優先して上位表示するようになっています。

その背景はもちろんスマホの利用者が急増しているということで、Google検索においてもスマホで検索する人がパソコンで検索する人を超えたそうです。

 

実際に僕自身も今ではほとんどスマホでの検索になっていますし、このサイトを見に来てくれている方の多くもスマホユーザーです。

このブログにはアクセス解析ソフトというのを入れてるので、どんなデバイスを使って見てくれたかは分かりますが、 それを見ると、だいたいスマホで見てくれてる方が8割、パソコンの方が2割程度です。

 

それだけスマホが普及したということです。

 

パソコン用のサイトだけではスマホでは受け入れられなくなった

最近はだいぶ減ってきましたが、スマホが出た当初はほとんどのWebサイトはパソコンで見ることを前提として作られたものでした。

まぁ、そりゃそうですよね。世の中にスマホというものが無かったわけですから。

 

で、それをスマホで見るとやっぱり文字が小さいので、いちいち見やすい大きさに調整したり、画面がはみ出るので横にずらしながら読んだりと、けっこうめんどうだったりします。

当時は別にそれが普通だったので、そこまで不便に感じなかったんですが、今はもうダメですね。

スマホ用の画面が用意されてないサイトは見る気がしないと思うようにまでなりました。

 

今は多くのサイトで、利用しているデバイスの画面サイズに応じて最適な表示をしてくれるようになっています。

パソコンで見たときは従来のようなレイアウトで表示して、スマホで見たときはスマホ用に最適化したレイアウトで表示するというような感じです。

 

スマホ用レイアウトが必須になった

このように、スマホを使うのが当たり前のように普及してきて、みんながスマホからインターネットを利用するとなると、スマホ用の表示ができることがユーザーニーズに合っていて、ユーザー価値となります。

というより、スマホ用の表示ができていないと価値が下がると思った方が良いですね。

 

さらに、Googleの検索エンジンというの検索ユーザーの価値に即してサイトやページの評価をするので、スマホ用のレイアウトを用意しているサイトを実質的に評価するということですね。

また、Googleの理念として公開されている『Googleが掲げる10の真実』でも『情報を探したくなるのはパソコンの前にいる時だけではない』という風に言っていて、スマホを意識していることは明言しています。

 

なので、もしこれからWebサイトを作るとなったらスマホから見られることを意識するのは必須事項となります。

でも当然、パソコンレイアウトのみ作るよりもスマホ用のレイアウトも作らないといけないので、普通にやると手間もコストも多くかかってしまいます。

 

で、ここからが本題で、具体的にスマホに対応したWebサイトを作るにはどうしたら良いのかという話に入りたいと思います。

 

スマホ対応を行ったサイトの作り方

スマホに対応したサイトを作る方法というのはいくつかあります。

僕のオススメはWordPressを使ってサイトを作ることですが、比較してもらうために他の方法についてもご紹介しておきます。

 

スマホ対応されたサイト作成方法①:手組みで作る

この方法はスマホでサイトにアクセスされた場合に表示するページをHTMLやCSSを駆使して手組みで作るという方法です。

パソコン用のサイトとスマホ用のサイトを2つ作るようなイメージです。

プログラミングの知識やスキルのある人なら自分のやりたいようにできるので、良いかもしれませんが、このブログを読んでいただいている方にはオススメしません。

 

また、業者に外注してサイトを作ってもらう場合も、この方法で作ってもらうのは避けた方が良いです。

というのも、この方法で作ってしまうと、何か修正したい箇所がある場合に、パソコン用とスマホ用の両方を修正する必要があるからです。

 

つまり、余計なお金がかかってしまうということです。

 

スマホ対応されたサイト作成方法②:スマホサイト生成ツールを使う

パソコン用のサイトを持っている方に限定した方法になりますが、今持っているパソコン用のサイトの情報を元に自動でスマホ用のサイトを生成するツールを使うという方法です。

 

自動ツールが勝手にサイトを生成してくれるので、簡単に作ることはできますが、細かい部分で思ったように表示してくれないところがあったり、満足いくものにならないケースもありえます。

とりあえずのお試しとして活用することはアリですが、この方法もあまりオススメはできないというのが実際のところです。

 

スマホ対応されたサイト作成方法③:WordPressでサイトを作る

これが僕のオススメの方法です。

WordPress自体がオススメだという点があるのと、今だともうスマホ対応を意識しなくても勝手にスマホ対応してくれているケースが多いからです。

 

というのも、WordPressを使う場合、デザインはテーマというデザインテンプレートを適用することで決めるのですが、最近のテーマは基本的にスマホ用のレイアウトを内蔵してくれています。

なので、何も考えなくてもスマホで表示した時にはスマホで見やすいレイアウトで表示してくれるということです。

 

しかも、スマホ対応してくれているテーマが無料で提供されていたりするので、コスト面で考えてもこの方法が最適です。

 

テーマによってはまだスマホ対応されていないものがあるかもしれませんが、その場合でもプラグインの有効化のみでスマホビューに変換してくれるものがあるので、安心です。

 

また、他の方法と違って、WordPressで作っている場合は、その時々のトレンドに合わせてテーマを入れ替えることで、デザインを変更していけるというオマケまでついています。

 

最後に

もうこれからWebサイトを作る場合は絶対と言って良いほど、スマホ対応が必要になります。

対応の仕方は今回ご紹介した以外にもありますが、やはりWordPressを使う方法が一番のオススメです。

スマホ対応以外にもWorePressのメリットはとても多いので、これからサイトを作るならぜひWordPressを検討してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!