Pocket

 

やりたいことをやる時間を取りたいというのと同時に、やらないといけない目先の事にアップアップする事が増えてきました。直近の事だけを考えたら、本当はやらなくても良い事をそれなりにやってるのは自分でも認識しているのですが、将来に繋がると思っての行動はやっておきたいというのがあります。

 

自分でやらないという選択肢を取れるものは良いのですが、そうではないものは時間をやり繰りしてやる必要があります。本当は、そこの見極めも精査したほうが良いんでしょうけど、まだそこまでのレベルには至っていないというのが現状です。

 

ただ、どう考えても自分よりたくさんのアウトプットを出している人はいくらでもいるので、まだまだ力不足を補っていけばパフォーマンスは上がる余地はたくさんあると思ってます。なんとかならないかなと、この1ヶ月ぐらいの間ずっと考えていて、そんな時にフラっと立ち寄った書店で『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』という書籍を見つけました。

 

 

まさに、求めている本だったので、即買いで今朝読み始めたところです。著者は、元マイクロソフトの天才プログラマーの中島聡さんです。もしかするとIT業界に関係していない方はご存知ないかもしれませんが、Windows95を設計して、右クリックとかドラッグ&ドロップの概念を生み出した人だというと凄さが分かるかと思います。

 

プログラマーと呼ばれる人たちって、本当に人によってスキルの差が激しくて、その中でも天才と呼ばれている人たちは、何十人、何百人の人が生み出すアウトプットを1人で軽く超えてきたりします。マンガの世界でしかありえないような人が実際にいて、たぶん中島聡さんもそういう類の方なのだと思います。

 

そういう方々の言ってる事って、普通の人からするとけっこう何言ってるのか分からなかったりします(笑)

ですが、この方は本も何冊も出してますし、メルマガやnote等でも一般の人向けに文章を沢山書かれていて、めちゃくちゃ分かりやすく、普通の人にも出来るようにかなり歩み寄って書いてくれるので、読みやすいと思います。

 

今回の書籍に関しては、まだこれから読むので、内容は分からないのですが、仕事を速く終わらせるのに参考になる事が書いてそうなので、1つでも多く取り入れていきたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事