Pocket

 

最近、趣味でイカ釣りをやってまして、今日も朝4時半に起きて海に行って帰って仕事してきました。毎週ぐらいのペースで時間見つけて行ってますが、コツがあるみたいで、全然釣れません。。。

先月から始めて2杯だけ釣れたので、自分で捌いて食べたんですけど、その時に思ったことについて今日は書きます。

 

ネット上にプロが素人でも分かるように情報を残してくれてる

イカ釣り自体もイカの捌き方もそうなんですけど、その道のプロの人が沢山の情報をネット上に残してくれていて、それを見ながら勉強が出来ます。仕掛けの用意の仕方から、ルアーの選び方、投げ方、釣った後の対処まで全部丁寧に解説してくれているものがありました。

 

少し前だとブログとかSNSで検索して情報を探すという感じだったと思いますが、今YouTubeを検索するとめちゃくちゃ良い感じの動画が沢山ヒットします。イカ釣りの本も何冊か買ったのですが、それを読むよりYouTubeで解説しながら釣ってるのを観た方が分かりやすいですし、イメージも付くので基本はYouTubeを観て、それの補足として本を使っているようなイメージです。

 

釣った後の捌き方も、今までちゃんとイカを捌いたこと無かったんですが、質問すら出ないぐらいの動画があったので、それ観て自分で捌きました。ちゃんと刺し身にして美味しく頂けました。

 

 

基本的なスキルは自分で十分学べる時代になった

何年か前に堀江貴文さんが寿司屋の修行は不要だと言って炎上してた事がありますが、ホントにそうだと思いました。

イカの捌き方だけではなく、色々な魚の捌き方の動画がYouTubeにはあがっていますし、シャリの握り方も当然あがってます。その動画も素人の人が『寿司を握ってみた』みたいなものではなく、実際にお客さんの前に立って寿司を握っている寿司屋の大将が撮ってたりするので、プロの技を公開してくれています。

 

もちろん、それを観るだけで簡単に出来るわけではないとは思いますし、動画にはあがっていない技もあるとは思います。ですが、これらの動画を繰り返し観て自分で研究しながらトレーニングすれば、ある程度のレベルにまではいけると思います。

 

 

師匠についてゼロから学ぶ以外の道も選択できる

職人の世界って、師匠についてゼロから教えてもらいながら一人前になっていくイメージがあると思います。

実際、昔は情報がオープンにされていなかったので、そうするしか無かったのだと思うのですが、今はそんな事はありません。さっきの話のように、情報は公開されているので、それを自分で積極的に取りに行けば、十分知識は得られます。

 

そこから先は内容によっては難しいかもしれませんが、それでも全くゼロから教えてもらうより、自分で最低限の部分は学んだ上で教えてもらった方が早くスキルも習得出来るはずです。これは起業に関しても同じで、メンターについてもらう事を強く勧める人がいるのですが、僕は必要ないと思っています。

 

むしろ、起業というのは新しい事を生み出す活動で、誰も正解は知らないものなので、実際教えてもらえるようなものではないはずです。そもそも、誰かに成功させてもらおうという考えの人は起業には向いていません。もちろん向き・不向きの問題で、上・下の問題ではないので、自分に合った形で仕事に向き合えば良いと思うので、そこは誤解の無いように強調しときたいと思います。

 

話を戻すと、何かを習得するための情報はかなりオープンにされてきているので、まずは自分でそれらを取りに行って学んでみるのがオススメです。

 

 

情報自体に価値は無くなってきている

こういう状況になってきているので、情報自体の価値はどんどん無くなってきているといえます。何でも同じですが、希少性と価値は相関関係にあって、希少性が無くなっていく事で価値は下がっていきます。大学不要論というのも、そういう意味では正しくて、『学ぶ』という点だけにフォーカスすると大学に価値は無いと言えるでしょう。

 

実際、僕が大学で学んだ事のほとんどがネット上で見つける事ができますし、仮に無料の情報としては存在していなかったとしても、大学の学費の10分の1以下のコストで同じかそれ以上の情報が得られるようになっています。

 

企業に就職するという時には、まだまだ学歴を見られるケースがあるのは事実なので、そういう意味では大学に行く理由にはなりますが、今後、それもどんどん変わっていくと思われるので、将来的には大学は娯楽のために行く場になると思います。そんな感じなので、情報自体に価値は無くなってきているので、それにプラスする付加価値を考えて創出していく事が今後はより求められるようになっていくでしょう。

 

 

最低限の知識を得たらすぐに動きだす事が大切

付加価値を創出していくためには、座して考えているだけではダメで、動きながらその中で感じたことや思い付いた事を取り入れたりしながら、改善のループを回す事が効果的です。知ってる事と出来る事は違うとよく言われますが、体験してみる事で分かる事はたくさんあります。むしろ、体験してみないと分からない事だらけだと思います。

 

 

なので、考え過ぎず情報を得たらすぐにやってみてください。という感じで、イカ釣りに限らずどんなジャンルでも昔はオープンにされていなかった情報に、今は簡単にアクセス出来るようになっているので、どんどん色んな事にチャレンジしたら良いと思います。

 

僕は次はトライアスロンにチャレンジするつもりなので、安田大サーカスの団長の動画をYouTubeで観て勉強します。

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事