ストアカって知ってる?教えるビジネスをしてるなら集客に活用しよう!
Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

『ストアカ』というWebサービスをご存知ですか?

 

 

最近、セミナーや勉強会などでよくご紹介しているのですが、何かを教えるためのセミナーや勉強会などを開催している人が集客に活用出来るサービスです。

もちろん僕自身も利用していますし、多くの人がストアカを活用して集客をしています。

 

 

Webサービスの場合、登場してから軌道に乗るまでにサービス停止してしまうケースも多いので、新しいものが出てくるたびに飛びついていても効率が悪いため、ある程度活用するメリットが得られる程度にまで成長するまではオススメしていません。

 

 

ですが、『ストアカ』に関しては、いわゆる『キャズム』を超えて成長期を迎えているサービスだと思うので、いま活用すればメリットがあるため、年明けぐらいからお会いした方にはご紹介しています。

 

 

今回は『ストアカって何?』という方のために、ストアカについての基本情報とストアカを使って集客する時に最低限押さえておくと良いポイントについて書きます。

 

 

ストアカとは何か?

『ストアカ』というのは、『教えたいと学びたいをつなぐ まなびのマーケット』というキャッチフレーズで運営されているWebサービスです。

簡単に言うと、何かを教えたい人とそれを学びたい人をマッチングしてくれるサービスで、ホットペッパーやぐるなび等に似たイメージです。

 

 

2012年にスタートしたサービスですが、1万人を超える人たちが先生登録をしており、受講者はその10倍以上になっています。

僕自身もストアカは利用しており、ストアカを通してセミナーや勉強会等を受講してくださる方も増えてきています。

 

 

ただ、関西圏だとまだまだ認知度が関東ほどは高くないようで、何かを教える仕事をしている方にはご紹介するのですが、知らない人の方が多いというのが現状です。

テレビや新聞などマスメディアでも取り上げられているので、今後さらに広がっていくサービスだと思っています。

 

 

ストアカを集客に活用するメリット

先ほども少し書きましたが、何かを教える仕事をしている方には、ぜひストアカを活用してもらいたいと思い、いつもオススメしているのですが、ストアカを活用するメリットについてまずはお伝えします。

 

 

ストアカは無料で利用できるため金銭的なリスクがゼロ

ストアカを集客に活用するための最初のメリットは、『無料で利用できる』という点です。

 

 

ご自身で集客をして自分の勉強会やセミナー等の講座を開催したことがある方は分かると思いますが、自主開催をする時に一番大変なのが集客をする部分です。

本格的に人数を集めて開催しようとすると時間もかかりますし、お金も掛かります。

 

 

あるセミナーに参加させてもらった時に講師の方がおっしゃっていたのが、そのセミナーに1人参加してもらうために掛かっているコストがだいたい15,000円ぐらいだと言っていました。

その方は本も出していて、翻訳版が何ヶ国かで販売されているぐらいヒットしていて、その分野では有名な方なので、一般的な人が自主開催するよりは参加者も集まりそうなイメージではあるのですが、それでもそれぐらいの金額が掛かるということです。

 

 

そういう意味では、いかにコストを掛けずに集客できるメディアを知っていて活用しているのかというのは重要なポイントで、そのメディアの1つとしてストアカは現時点でとても有効な場だと言えます。

 

 

念のために書いておくと、講座の掲載自体は無料で行えますが、受講の申し込みがあった場合に受講料の数パーセントを手数料としてストアカに支払う形になるので、全くコストが掛からないわけではありません。

ですが、受講料の一部を支払う形なので、自分で手出しで支払うことは無いので、そういう意味で金銭的なリスクはゼロと言えます。

 

 

ストアカのメディアとしての集客力が高く、さらに高まっていくことが予想される

集客する時に考えることというのはたくさんあるのですが、その1つとして見込み客にリーチできるメディアかどうかという点はとても重要なポイントになります。

 

 

どんなに役立つ内容の講座で、どんなに心に響くメッセージを届けたとしても、それを必要としていない人しかいなければ意味が無いからです。

もちろん、潜在的にニーズを持っている人に受講する動機付けをするメッセージを発信することは大切なのですが、それでも万人に必要なサービスというのは存在しないので、どこで発信するのかは優先順位を付けていく必要があります。

 

 

そういう意味でも、多くのケースにおいてストアカを活用することをオススメできます。

 

 

まず、ストアカを見に来ている人というのは、既に何かを学びたいというニーズを顕在的に持っている人なので、内容さえマッチしていれば受講してもらえる可能性は高くなります。

さらに、ストアカ自体の認知度が高くなってきているので、その母数はこれからどんどん大きくなっていくと予想されます。

 

 

もう1つ僕が『ストアカを使うなら今やな!』と思ったポイントが、ストアカが掲載している講座に対してFacebook広告を出し始めていたことです。

 

 

おそらく、ストアカ自身もここがスケールしていくための1つのターニングポイントだと感じていると思われます。

講座を開催する側としては、ストアカに講座を掲載していれば、自分で広告を出さなくても見込み客に対して情報を届けてくれるわけです。

 

 

だからこそ、今ストアカを使うことがオススメで、乗り遅れると今ほど集客が出来ない可能性も高くなるので、何か教えるものがある人に関してはいますぐ活用し始めるのがオススメです。

 

 

簡単に講座の案内をすることができる

ストアカを活用するメリットとしては、講座の案内を簡単に出来るという点も見逃せないかなと思います。

 

 

自分でセミナーや勉強会などの集客活動をする時には、LP(ランディングページ)と呼ばれる集客用のホームページを作成して、そこに見込み客となる人に来てもらって申し込みをしてもらうというのが、ベーシックな方法です。

 

 

ですが、このLP(ランディングページ)を作成するというのが、ちょっとハードルに感じてしまう方も多いです。

実際には、『使わないと絶対損する!ペライチでWeb集客を加速させよう!』という記事でご紹介している『ペライチ』というツールを使えば、かなり簡単に自分でLPを作成することが出来ます。

使わないと絶対損する!ペライチでWeb集客を加速させよう!
2018.7.30
『ペライチ』使ってますか? Webを使って集客を行いたい方が、いま絶対に知っておいた方が良いツールの1つが『ペライチ』です。 商品を販売する方でも、サービスを販売する方でも、イベントを企画している方でも、どんな方にもオススメできるツールです。 私自身も実際にペライチを使っていて、とても有効...

 

 

また、『【神戸】知識・スキルが無くても大丈夫!2時間で自分で集客用ホームページが作れるようになる勉強会』というのを毎月開催していますので、そちらに参加いただけたら一緒にLPを作成します。

コストを掛けずにご自身でも作れるようになりますので、ご興味ある方はぜひご参加してみてください。

 

 

話を戻すと、ストアカに掲載する場合には、決められたフォーマットの中で必要な情報を入力していくだけで講座の解説が出来るので、本当に簡単に講座の案内を出すことが出来ます。

本当はどちらも行った方が良いのですが、ITやWebが苦手な方にとっては一気に色々やるのは難しいと感じると思うので、まずは簡単に情報を掲載出来て、ある程度効果も見込めるところを活用するのが良いと思うので、ストアカを活用することはその点でもオススメです。

 

 

『受けたいリスト』で講座に関しての反応を確認することが出来る

ストアカの機能に『受けたいリスト』というのがあります。

ストアカに掲載されている講座の中で、まだ実際に申し込むほどでは無いけど興味があるというものにチェックを付けておくための機能です。

 

 

これがあることで、自分がやろうとしている講座の内容が他の人にとって興味があるものなのかどうかを確認することが出来ます。

 

 

こちらが教えたいと考えている内容が、他の人からすると興味が無い内容であることは珍しいことではなく、よく起こることです。

だからこそ、反応を見ながら軌道修正していく必要があるのですが、費用を大きく掛けて始めてしまうと軌道修正したくても容易に出来ないこともあります。

 

 

スモールビジネスにおいては機動力があるかどうかが生き死にを分かつポイントでもあるので、敏感に周りの反応を見ながらビジネスを進めることが必要不可欠です。

 

 

先ほども書いたように、ストアカに講座の内容を掲載する時には一切費用が掛からず、かつストアカ自体にある程度の集客力が備わっている状況なので、そこに講座を掲載するだけで、需要があるかどうかの確認が出来るわけです。

通常は講座を案内するためのLPを作成して、それを広告に掛けてどれぐらいの反応があるのかで需要の有り無しを判断したりするのですが、そこにお金をかけるのは難しいケースもあります。

 

 

ストアカを使うことで、その講座に需要があるかどうかを『受けたいリスト』の数字で確認することが出来ます。

 

 

受けたいと感じている人がたくさん存在しているのであれば、他の集客手段も活用して本格的に集客をしていく判断をすることも出来ます。

思っているほど受けたいと思う人がいないのであれば、内容を変えるべきなのか、切り口を変えるべきなのか、軌道修正する材料になります。

 

 

要するに、ストアカを使うことでテストマーケティングが出来るということですね。

 

 

 

ストアカでセミナーや勉強会の集客するためのポイント

どんなメディアを使って集客する時も同じなのですが、ただ単に開催内容を掲載したからといって集客出来るわけではありません。

集客できるポイントを押さえて、セミナーや勉強会の案内を出さないと思うようには集客出来ないでしょう。

 

 

では、どんなポイントに気を付けて講座を出せば集客が出来るのかについてお話したいと思います。

 

 

ストアカで集客するポイント①:講座のタイトルを魅力的にする

ストアカで集客する場合のポイントの1つ目は『講座のタイトルを魅力的にする』ということです。

 

 

これはストアカに限った話ではありませんが、まず最初に目にするのがタイトルで、これが興味を惹けるものになっているかどうかで集客出来るかどうかに大きく影響します。

言うまでも無いことですが、内容が大したこと無いのにタイトルだけ魅力的にするのはオススメできませんが、しっかりとした内容を用意しているにも関わらず、講座のタイトルを簡単に付けてしまっているために、集客できていないケースがとても多いです。

 

 

内容に自信があればあるほど、タイトルを考えるのにもしっかりと時間を掛けることをオススメします。

 

 

ストアカで集客するポイント②:プロフィールをしっかりと書く

セミナーや勉強会などは特にそうですが、誰がやっている講座なのかというのは受講者側としては気になるところです。

 

 

ですので、プロフィールは時間を掛けてしっかりと書くべきです。

名前や専門ジャンルなど基本的な情報は当然のこととして、今までの実績やどんな想いを持って活動をしているのかなど、自分の活動のスタンスを知ってもらえるような情報を出しておきましょう。

 

 

ここでしっかりとプロフィールを考えて書いておくと、ブログなど他のメディアにも掲載出来るので、時間を掛けてでもしっかりと書くことをオススメします。

 

 

ストアカで集客するポイント③:講座の価格を数千円程度の価格帯に抑える

講座と言っても千円程度の低価格なものから、数万円、数十万円するような講座まで様々だと思いますが、僕のオススメは数千円程度の低価格の講座に限ってストアカで集客する形です。

 

 

理由は2つです。

 

 

1つは高価格な講座はストアカでは集客しにくいということです。

 

 

ストアカを見て申し込みして受講してくれる方というのは自分のことを全く知らない人がほとんどです。

その時に、いきなり数万円の講座を申し込みしてくれるかと言うと、可能性はゼロではありませんが、かなり低くなるのは間違いありません。

 

 

もう1つが、ストアカに支払う手数料の問題です。

金額が大きくなればなるほど手数料の金額も大きくなるので、間の経費が大きくなります。

もし、直接受注することができていれば、手数料も掛からないのですが、ストアカ経由での申し込みになると、システムを利用させてもらっている以上、手数料は支払わないといけなくなります。

 

 

どのようなサービスを提供しているのかにもよりますが、メインのサービスではなく、お試しの内容を用意してそれをストアカで集客するというのがオススメです。

いわゆるフロントエンドの集客をストアカで行うということです。

 

 

フロントエンドを用意することは、サービス提供側としても受ける側としてもメリットがあるので、もしメイン商品しか用意していない場合は、この機会にフロントエンドを用意しても良いかもしれませんね。

 

 

ストアカで集客するポイント④:受講することで得られるメリットをしっかりと書く

意外なほど多いのが、講座の案内文の中に、それを受講することで得られるメリットが書かれていないケースです。

 

 

参加してくださる方々も忙しい時間を使って、またお金を支払って来てくださるわけですから、参加して損したと思いたくないわけですよね。

ですので、その講座に参加することで何が得られるのか、どんなメリットが享受出来るのかをしっかりと明記することは重要なことです。

 

 

全く同じ内容の講座を行っていたとしても、それを書いているかどうかによって、参加する側の期待度も変わってきますし、参加に踏み切るかどうかの判断基準にもなります。

受講者の方が得られるメリットをしっかりと案内文の中に書くようにしましょう。

 

 

ストアカで集客するポイント⑤:受講者の感想を追記していく

複数回に渡って同じ内容の講座を行う場合にやりたいことですが、講座を行うたびに受講者の方々にアンケートを取って感想を書いてもらうようにしましょう。

 

 

飲食店を探す時に、食べログの評価を確認して行くかどうかを決めるのと同じように、その講座に参加するかどうか第三者の感想を参考にする人は多いです。

初回はどうしても書くことが出来ないので、仕方ないのですが、1度でも開催したらアンケートを用意しておいて、参加してくれた方に書いてもらうようにしましょう。

 

 

講座の内容に満足してくれていたら、快く書いてくれるはずですので、満足してもらえる講座の内容にして、アンケートのお願いをしましょう。

 

 

まとめ

ビジネスにおいて最も苦労する部分の1つが集客です。

 

 

これさえやれば集客出来るというものは無いので、自分にあった方法を試しながら確立していく必要があります。

また、今うまく行っている方法であっても、未来永劫うまく行く保証は無いので、世の中の変化に合わせてやり方も変えながらやっていく必要があります。

 

 

いま時点でも集客手段というのはたくさんありますが、何か教えるというビジネスをしている人にとって『ストアカ』は1つ有効な集客手段として活用できます。

活用することにリスクは特に無いので、ぜひ活用してみてください。

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

  • フロントエンド商品・バックエンド商品でメイン商品販売への流れを作る
  • コンテンツSEOを理解してブログ・オウンドメディアに検索からの劇的なアクセスアップをはかろう!
  • ジレットモデルから収益獲得のバリエーションを学ぶ
  • これからブログを始める人へ!ブログの種類と選び方を教えます!
  • ホームページ
    Web集客したいなら必須!ブログ機能を搭載した情報発信型ホームページを作ろう!
  • ランチェスター戦略の弱者の戦略をベースにWebマーケティング考える
おすすめの記事