需要と供給の関係で価格は決まる

Pocket

4a39c432c7ed54c0f6d617042a2c849a_m

個人ビジネスコンサルタントの金沢の夏樹です。

今日は『全く同じものでもこんなに値段は変わる』という話をします。

今日、西明石という明石より1駅西側(姫路のほう)の駅の近くを歩いてたときに、コインパーキングの看板が目に入ったんですね。

『1日止め放題700円』と、その看板には書いていました。安いなぁと思いつつ、ちょっと気になったので、東京銀座のコインパーキングの値段を調べてみました。

なんぼやと思います?

なんと、10分500円でした。20分止めたら西明石の1日中より高くなります。さすが銀座ですね。車を一台止めるスペースを貸し出すという全く同じサービスなのに、これだけの差が出るってすごいですよね。

別に銀座のコインパーキングはドクター中松の家のトイレみたいに金でできてるわけでもなく、西明石と同じようにアスファルトで出来ているのにです。

これはやっぱり需要と供給なんですよね。銀座という毎日沢山の人が訪れる街に対して、コインパーキングの数が少ないので、この値段でもみんな車をとめるわけです。

逆にそんなに車も通っていないのに、あちこちにコインパーキングがある西明石では、駐車料金をそんなに高くすると、お客さんは他のコインパーキングに行ってしまうので、誰もとめなくなってしまいます。

駐車場とかって付加価値つけられる要素が少ないので、どうしても価格勝負になってしまって、近くにある駐車場のどこかが安くしたら、そこに負けてしまうので、競合は負けないために同等もしくはそれ以下に価格を下げざるを得なくなります。

それを繰り返してどんどん低価格化していくことになります。つまり儲からなくなっていくということです。

この話を駐車場の話だと思って自分には関係無いと思っていたら大間違いです。全てのビジネスで同じことが言えます。もちろん、あなたの仕事でも同じです。

需要に対して供給が少ないと、価格は上がります。逆に需要に対して供給が多いと価格は下がります。

昔と違って今はグローバル化された社会ですから、あなたのライバルは日本国内だけとは限りません。中国にもインドにもミャンマーにもラオスにもライバルはいます。つまり、供給側は多くなっています。

それにも関わらず、日本人の給与はいま挙げた国の人たちに比べて高いですよね。さっきの西明石の駐車場のように周りに安くサービス提供してくれる人がいるなら、そっちに行ってしまうという状態です。

実際、工場はどんどん海外に出て行っていて、人件費の安いところで商品を作って、それを日本に送ってくるというケースは普通になっています。

さらにロボット化が進めば、将来、日本から自分のやっている仕事がなくなっていく可能性も大いにあります。その時のためにも、どんどん付加価値を高めて価格とは違う土俵で勝負する形にシフトできるように準備していきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!