ピカソが30秒で描いた絵の価格から価値というものを考える

Pocket

1つ質問です。

30秒でササっと書いた絵が1億円で売られています。ボッタクリもしくは詐欺だと思いますか?

 

けっこう有名な話みたいなので知ってるかもしれませんね。僕自身もこの前たまたまSNSに流れてきたのを見かけたので。

 

大切な考え方だなぁと思ったので、ちょっと書いてみようと思います。

 

ピカソとファンとのエピソード

ある日、ピカソが街をブラブラしていると、1人の女性が話しかけてきました。

もちろん友達とか知り合いではなく、全く知らない人です。

 

女性『もしかしてピカソさんですか?うわっ、めっちゃファンなんです。厚かましいお願いなんですけど、この紙に小さくてもいいので1つ絵を描いてもらえませんか。』

ピカソはその女性を見て少し微笑んで、紙とペンを受け取り、ササっと30秒ほどでキレイな絵を描きました。

そして、それを手渡す時に一言こう言いました。

 

ピカソ『100万ドルです』

今のレートで考えても1億円を超える金額を提示され、その女性はビックリしました。

 

女性『えっ!?30秒ぐらいで簡単に描いた絵がなんでそんなに高いんですか!?』

 

あなたの反応はどっちですか?

このやり取りを見てどう感じますか?

反応としては次の2つのどちらかですよね。

 

パターン①

『女性の言う通り、ピカソの言ってる事はおかしい。時給いくら取るつもりやねん。』

 

パターン②

『ピカソが描いた絵やねんから当たり前やろ。』

 

おそらく人によって正反対の反応をすると思います。

ピカソはどう答えたのかというと、『いえいえ、30秒じゃありません。30年と30秒という時間が掛かってるんですよ』です。

ピカソ的にはどっちかというとパターン②です。

 

要するに、今は30秒で描けるようになったけど、簡単にそうなったわけじゃなくて、30年間真剣にスキルと感性を磨いた結果の30秒なんですよ、ってことです。

確かにそうですよね。

何の訓練も経験もしてきてない人が、チャチャッと30秒で描いた絵なら分かりますけど、そうじゃないので、今まで積み重ねてきたものも考慮してあげないとアカンよねって話です。

 

価値は時間とは関係ない

URLをコピーしてなかったので、もうどの記事か分からなくなってしまったんですが、さっきのピカソの話はTwitterかFacebookで流れてきた記事に書いていた内容です。

この話が実話かどうかは知らないので、人に話すときは自己責任で(笑)

 

まぁ、でも実話かどうかなんてどうでも良くて、絵と同じように形の無いモノを売る人間として、考えておきたいなぁって思って、この記事を書いてみました。

 

で、僕はどう考えたかというと、ピカソとも違う答えでした。

30秒で描いたという事は当然の事ながら関係無いです。

さらに、今まで30年間スキルと経験を積み重ねてきたというのも全然関係無いと思っています。

 

どれだけの金額に相当するぐらい欲しいかどうかだけだと思います。

どんな高品質な素材の紙に、どんな希少なインクを使って、何年間も絵を描き続けてきたプロの画家が描いたから、高くても納得するかと言われると、そんな事は無いです。

その絵が自分にとってどれだけ価値があるかが問題です。

※もちろん、そういう周辺情報に価値を感じてもらうっていうのは有効だと思います。

 

仮にピカソが僕のところに歩いてきて、さっきの絵を『1万円でどう?』って言ってきても買わないです。

残念ながら今は絵画にあまり興味が無いから。

でも、めっちゃ頑張ってて、応援したいと思ってる画家見習いの友人の絵ならピカソの倍の値段でも買うかもしれないですね。

 

時給の考え方を捨てよう

僕がIT業界に入った社会人1年目の頃から感じてた違和感があります。

『工数見積もり』っていう考え方がIT業界にはあって、何時間でそのシステムが作れるから金額はいくらですっていう価格の決め方をします。

 

要するに時給です。

1時間で作っても、100時間で作っても提供される側の価値は変わらないですよね。

時給っていう考え方はベクトルが提供側に向いてますが、価値を受け取るのはお金を支払っているお客さんです。

 

フォーカスするべきところが逆なんですよね。

1分で終わろうが100万円の価値があれば価格は100万円でオッケーですし、10年かけても100円の価値しかなければ、それは100円です。

要するに価格は価値で決まるって事です。

 

でも多くの人は時間と価値をすり替えてしまっています。

だから学生のアルバイトの間は良いけど、社会人になったら時給の考え方は捨てよう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!