これからの個人ビジネスにおけるWebマーケティング3種の神器はこれだ!

Pocket

ここ2〜3年の間にWebマーケティングの世界で主役の座に着くものが何か分かりますか?

ドッグイヤーと言われるIT・Webの世界なので、流行り廃りも激しく、
いま有効なものも、今後どうなるかは分かりません。
ですが、大きな世の中の流れを見る事で、想像することは可能です。

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。

今回はこの2〜3年の間に個人ビジネスにおけるWebマーケティングにおいて、
重要度を増すもの、主役の座に躍り出るものがどんなものか、
3種の神器ということで3つお教えします。

あなたのビジネスに取り入れられるものから取り入れてみてください。

オウンドメディア

オウンドメディアについて話そうと思うと、
本を何冊も書かないといけないぐらい奥深いものですが、思いっ切りざっくりいうと、
自分が運営者として管理するブログです。

つまりアメブロとかライブドアブログとかの無料サービスとして提供されているものではなく、
自分でサーバーとドメインを用意してWordPressなどで運営しているブログです。
細かい話をすると不十分ですが、とりあえずはこんな理解で大丈夫です。

オウンドメディアについては、
ある程度まとまった形にして説明するものを追々用意するつもりなので、
詳しいところはそれを読んでください。

ブログを書いている人自体はいまや相当数います。
ですが、そのほとんどがさっき書いたような
アメブロやライブドアブログのようなサービスを使ってブログを書いています。

最近はWordPressで書いたブログをWeb上ではよく見かけますが、
実際にリアルで会う人の中では少数派で、
やっぱりアメブロをやってる人が圧倒的に多い印象です。

大きな括りでブログを書いている人全体に占める割合は
アメブロの方がどう考えても多い。
それにも関わらず、検索している時にヒットするサイトは
WordPressの方が圧倒的に多い。

これが何を意味するのかというと、
検索からアクセスしてもらうにはWordPressの方が適している
ということです。

実際にGoogleの検索エンジン関連のキーマンだった
マット・カッツという人がGoogle公式の声明として
『(SEOにおいて)WordPressを選ぶことは良い選択だ』と語っています。

つまり、将来的に認知度を広げていくためにブログをするのなら、
WordPressで作るというのが一つポイントになります。

そう言う俺自身も実はアメブロを使っています。
といっても、メイン媒体としてではなくあくまでもWordPressで作ったサイトの
サブとして活用しているという形です。

別にアメブロをメインとしてはいけないといっているわけではなく、
とりあえず今時点では、アメブロはまだ全然使えます。
広く多くの人に自分の発信を伝えやすいメディアでもあります。

ですが、将来的にも右肩上がりに人気が増えるものかというと、
それは無いでしょうね。

だからアメブロを使いながらも次の一手を頭に入れておく必要があり、
それはWordPressを使って構築したオウンドメディアです。

コンテンツマーケティングで見込み顧客を引き寄せる

大企業でも個人単位のスモールビジネスでも同じですが、
いまWeb集客の中心は『コンテンツマーケティング』です。

以前は、いわゆるLP(ランディングページ)という縦長のセールスページを用意して、
PPC広告(Googleの検索結果の上に出てくる広告)を出して成約していくというのが王道でした。

ですが、いまではPPC広告を出稿する費用も高くなっているし、
みんなあそこに出てるのが広告だと既に分かっているから、クリックしない。

検索している人が求めているのは、
『売り込まれること』ではなく、『有意義な情報』だからです。

でもいきなり広告を見てしまったら買わないかもしれないけど、
ある程度信頼出来るなぁという状態にまでいったとしたら、買う可能性は全然あります。
むしろ、自分で商品を探してでも買うと思いますよ。

だからこそ、オウンドメディアが重要で、
ここでは売り込みをほとんどせず、どんどん価値ある情報を出しまくっていきます。
そうすることで、少しずつ読者から信頼を得ていき、最終的にお客さんになってくれるという流れです。

何かしらの手段(主に検索から)でアクセスしてくれた見込み顧客にとって、
『〇〇といえばあなた』という状態を作っていくということです。

99%の見込み客がターゲット

また、オウンドメディアが対象とする見込み客というのは、
基本的には『いますぐ客』以外の人です。

なぜなら、さっきも書いた通り、発信している情報を通して
少しずつ信頼関係を築くことを目的としたメディアなので、
今すぐ商品・サービスを求めている人を狙っていないからです。

そのかわり、その人達があなたの商品・サービスを必要となった時には、
確実にあなたの商品・サービスを購入してくれるという状況を作っていきます。

どんなジャンルの商品・サービスであっても、
全見込み客に占める今すぐ客の割合はとても少なく約1%だと言われています。

広告を出すということは、この1%にアプローチしていることで、
見込み客自体が少ないのにも関わらず、
商品・サービスの提供者側がこの1%の人のところに殺到しているという状況です。

さらに広告というのはお金をかければかけるほど有利になるので、
大企業にはなかなか勝てないのが現実のところです。

だから、オウンドメディアによって、
今すぐ客以外の99%の人にアプローチして、少し長い付き合いをしながら
信頼関係を作って顧客になっていきます。

ということで、オウンドメディアが3種の神器の一つと考えています。

メルマガ

個人ビジネスにおけるWebマーケティングの3種の神器の2つ目は『メルマガ』です。

『今さらかよ』と思うかもしれませんが、メルマガはまだまだ重要だと考えています。

最近だと、LINE@とかが出てきたので、そっちがフォーカスされがちですが、
LINE@はメルマガの代替にはなり得ないと考えています。

もちろんLINE@を使うことにはメリットはあって、開封率が高いことと、
プッシュ通知なので、リアルタイム性が高いことです。
なので、LINE@も使えば良いのですが、メルマガの代替ではないかなと。

その理由はいくつかありますが、1つは過去の投稿の検索性の悪さで、
もう1つが長文に向かないということです。

メールってあとから『あれ何やったっけなぁ』という時に、
以前のメールを探して再度確認するってことが出来ます。
それがLINEではやりにくいんですよね。

一つのスレッドの中にズラ〜っとやり取りが並ぶので、
それを遡ることはかなり大変です。

それに、吹き出しに文章が表示されるので、1行の文字数が少なくなるので、
長文になると縦に長くなってしまうので、
長文を読むのにはあまり適していないんですよね。

つまり、メッセージを受け取った側の使い勝手が悪いということです。

軽いやり取りならLINEの方が使い勝手が良いんですが、
しっかりとメッセージを伝えたい時の少し長めの文章には
向いていないというところです。

で、3つ目の理由、これが一番大きいのですがプラットフォームに依存しているということです。

LINE@というのは、LINEという会社が提供しているツールです。
つまり、LINEという会社が存続している間に限って使えるものということです。

今は勢いのある会社なので、当面は問題ないと思いますが、
将来的にどうなるかなんて分からないですよね。

その点、メルマガというのは、メールアドレスさえあれば、
仮にメルマガ配信スタンドが倒産したとしても、
別の配信スタンドにアドレスだけ移せば発信は続けられます。

つまり、プラットフォームに依存しないのがメルマガの強力なメリットです。

mixiの流行り終わったらmixiで集客してた人のビジネスが成り立たなくなったとか、
アメブロで集客してた人がブログを削除されたために窮地に立たされたとか噂で聞くんですけど、
LINE@もFacebookもこれと同じことが起こる可能性はゼロではありません。

ですが、メルマガに関してはそういうリスクが無いのがメリットです。

ちなみにオウンドメディアも運営者は自分なので、
どこかのプラットフォームに依存して廃れるということはありません。

電子書籍

個人ビジネスにおけるWebマーケティングの3種の神器の3つ目が『電子書籍』です。

これは数年前から、流行る流行ると言いつつも、
なかなか思ったほど普及していないというのが現状のところです。

確かに電子書籍の方が便利な部分もあるとは思うのですが、
やっぱり紙の書籍の方が読みやすいというのがあって、
そこから脱却しきれていないというのが今の状況です。

ですが、ここに来てamazonが相当でっかい爆弾を投下してきました。
それがKindle Unlimitedです。

ご存知ですかね?

Kindle Unlimitedというのは月額980円で電子書籍が読み放題というサービスです。
紙の書籍を購入すると1冊1,500円程度することを考えるとめちゃくちゃ安いです。
それに読める書籍は数十万冊レベルで用意されているそうです。

今時点ではまだまだ大ブレイクと言えるところまでは普及していないのですが、
確実に今後伸びていく市場です。

教科書ですら電子化されてるケースが出てきている状況で、
電子書籍が普及していかないわけが無くて、
今後さらに本格的に普及していくことは確実です。

それに電子書籍であれば、誰でも簡単に電子書籍を出版することが出来ます。

紙の書籍を商業出版するというのは、なかなか誰でも出来るようなことではないですが、
電子書籍であれば、文章さえ一生懸命書きあげることが出来れば、
そんなに難しいスキルは無くても、電子書籍を出版することが出来ます。

もちろん、出版社を通して書籍を出すのとは大きな差がありますが、
それでもある程度まとまった分量の文章を書けるということで、
その分野の専門家としてみてもらう一つのツールにはなります。

まとめ

もちろん、この3つだけをやったらオッケーではなく、
FacebookなどのSNSも必要だし、ランディングページも必要、
その他の新しく出てくるものも必要です。

ですが、全部に同じ労力かけてやるのは個人ビジネスでは無理です。
強弱をつけて、いくつかに力を大きく注いで、他のものはできる範囲でやるしか無いです。

業種やビジネスの状況などによって最適なものは異なるので、
唯一の正解はありませんが、
これからの数年間、非常に重要度が高いと考えているものが今回の3つです。

ぜひ、ご参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!