電車の広告を見てふと思ったこと

Pocket

『グローバル時代を切り拓く21世紀型の学びを〜』

今日の朝、電車に乗っていたのですが、その時に見かけた、ある私立高校の広告のフレーズです。

 

 

具体的な売り文句としては、

  • Wi-Fi完備
  • 全教室にプロジェクター導入
  • iPad導入

というものでした。

 

 

電車の窓の上とかに広告が入っているのは見たことがあると思うのですが、あそこに広告を出すのにどれぐらいのお金がかかるかご存知ですか?

電鉄会社によって価格は異なりますが、今日僕が乗っていた電車だと、1ヶ月掲載するのに30万円ちょっとでした。

 

 

おそらく何ヶ月も掲載していると思いますし、広告自体を作るコストもかかるでしょうから、数百万円は掛けているはず。

これを見て思ったことは色々ありますが、いちばん思ったのはこれでホントに生徒集まるんかなと思っちゃったんですよね(笑)

 

 

もうすぐ小学生の授業にプログラミングが必須化されるという時代に、Wi-Fi完備とか当たり前にやっておくべきですし、今の中学生ならスマホでLINEが当たり前。

どんな先生が教えるのかは知りませんが、おそらくITスキルは先生より学生の方が高いと思うんですよね。

また、全教室にプロジェクターは別にいらないし、必要な時に借りれる程度に用意されてたら十分。

 

 

母校でもなければ、子供たちに通わせるわけでもなく、何の馴染みも無い高校なので、高校名は伏せますが『ズレてるなぁ』って思ったんですよね。

 

 

Wi-Fiとかプロジェクターの環境が整ってたからといって、グローバル時代を切り拓けるわけないし、もっと人間的な部分を育てる事を重視しないと。

『全教室にAIを搭載したロボットを完備して次世代のテクノロジーが学べる環境』とかだったら、そこを打ち出しても良いかなぁとも思いますが、『あの高校にはWi-Fiとかプロジェクターがあるから進学したい』とはならないですよね。

 

 

マーケティングの格言で、『ドリルを売るなら、穴を売れ』というのがあります。

 

 

例えば、コーナンにドリルを買いに行ってる人はドリルが欲しいわけではなく、穴を開けたいだけです。

そんな人に『このドリルは何ワットのエネルギーで、毎秒何千回転して〜』というのは、別に興味ありません。

 

 

それより知りたいのは、必要な箇所にちゃんと穴が開けられるかどうかです。

もっと言うと、穴を開けずに求めている事が出来るなら、その方法が知りたいわけです。

 

 

ターゲットとしている人が誰か、何が目的かによって違いますし、時代によっても違うので正解はありません。

ですので、常に反応を見ながらやるしか無いのですが、セミナーの案内文やチラシの内容、ブログのタイトルなどでも同じことなので、自分の発信しているものがドリルになっていないか見直してみてください。

 

 

2017年大忘年会開催!
今年もあとわずかになってきたので、
年末に向けて1つイベントを企画しました。

井上 耕太さんと共催で、特別ゲストの方にもご参加頂き、
ゲームや生ライブ、トークセッションなど、
みなさんに楽しめるコーナーもご用意しています。

2017年最後にもうひと盛り上がり欲しい方は是非ご参加ください!


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!