情報発信しないのは存在しないのと同じ事だと思った方が良い
Pocket

もう既にそうなってきているけど、これからは『個人』で活躍しやすい時代になっていく。

実際に会社に属さずに自由な働き方をしている人が急増しているのをみれば理解できるはずです。

 

 

その要因はテクノロジーの進化です。

インターネットというインフラが行き渡ってきて、さらにスマホが普及したことによって、情報が流れるスピードが格段に高くなりました。

その他あらゆることが効率的に行うことが出来るようになっています。

 

 

その結果、昔はたくさんの人たちが集まって行う必要のあったことが1人でも出来るようになりました。

もちろん、企業という形で大人数が集まらないと成し遂げられないこともたくさんありますが、その比率が下がってきていることは確かです。

 

 

どちらを選択するのかは各自の自由ですが、その選択肢が広がったのは喜ばしいことです。

ここからは『個人』で生きるという選択肢を取りたいと考えている人に向けてのお話となります。

 

 

まずは情報発信してますか?

 

 

『個人』で生きるために必須の行動というのが情報発信で、情報発信なしにこの時代を生きていくことは難しい。

インターネットは怪しいとか、インターネットの情報は信用できない、ということを言っている人がいますが、今や水道・電気・ガスと並ぶインフラとなっています。

 

 

1日全くインターネットを使わずに過ごすことの方が無いという人の方が多くなってきているぐらい、必要不可欠なものです。

 

 

『個人』で生きるというのは、自分を商品として売って生きていくというスタイルのため、自分自身を知ってもらう必要があります。

そのためには、インターネット上に自分の情報が存在しているということは、とても重要なことです。

 

 

言い換えると、YahooやGoogleで検索した時に自分の情報が出てこないというのは致命的な問題です。

 

 

テレビCMを出したり、新聞広告を出したりといった形でのマスメディアを使って認知してもらえるのであれば、まだマシですが、それには多額の費用がかかるので、個人ではなかなか使えません。

ですが、インターネットを使った情報発信であれば、費用がほとんどかからないので、個人も大企業も同じ土俵の上で戦うことが可能です。

 

 

それも月々にかかる費用は1回の飲み代より安い金額で情報発信出来ます。

あとは自分がやるかやらないかだけの話で、やれば将来においてとても大きな資産になります。

 

 

情報発信しないと存在しないのと同じ

そんな時代になってきているので、情報発信していないというのは、存在していない事と同じことだとも言えます。

 

 

例えば、急なお祝いの連絡があってプレゼントの用意をしないといけない状況になったとします。

そんな時にGoogleとかで検索して何が良いか選んだりしますよね。

特別珍しいシーンではなく、似たようなことは日常的によくあることです。

 

 

その時に購入の候補になるのは当たり前ですが、検索した時に情報が出てきたものです。

なぜなら、検索した時に情報が出てこないものは認識すらされないので、購入の候補になりえないからです。

 

 

実際にはインターネット検索した結果として出てきたものより良いものを扱っていたとしても、検索結果に出てこないと選ばれないということです。

つまり、存在しなかったのと同じ事だと言えます。

 

 

昔はインターネットが無かったので、『体調悪いなぁ』って思ったらタウンページ引きずり出して来て近くの病院を探したり、『お腹すいたから出前とりたいなぁ』って思ったら大切に置いてたチラシを見て電話したりしてましたよね?

 

 

この頃はタウンページに載ってるか、家に入ってたチラシから必要なものを探していたのが、インターネットから探すようになったというだけの話です。

 

 

チラシやタウンページのような紙媒体が使えなくなったという話ではなく、インターネットが占める割合が増えているということです。

 

 

要するに、知らないものを買う事はないので、まずは知ってもらう事が必要で、そのためにはインターネット上に情報発信しておく必要があるという事です。

 

 

まずはブログから始めるのがオススメ

情報発信が必要だということはわかった。でも具体的に何を使って情報発信すれば良いのかわからない。

そう思っている人もいると思います。

 

 

今はいろんな情報発信媒体があるので、選択肢はたくさんあります。

Facebook、Twitter、Youtube、Instagram、note、Podcast、mixiなどなど、本当にたくさんの媒体があって、何が何なのか分からなくなっている人も多いのではないでしょうか?

 

 

色々なインターネットを使った情報発信媒体がある中でこれは絶対使った方が良いというのが『ブログ』です。

ブログを書けるようになると、色んな可能性が広がっていくからです。

 

 

ブログのメリットとは情報としての生存期間が長いということ、ある程度の量の文章を書くことになるので文章力が高まること、自分の思考が整理できること。

さらに、認知が広がりやすいこと、深く知ってもらいやすいこと、ブログ経由で出版社からオファーが来たり、雑誌のコラムの執筆が来たりといった可能性もありますよね。

 

 

あとは、今だったらブログの記事をまとめて自分で電子書籍を作っても良いですよね。

ブログを書くということが、後々色んな方向に展開していく可能性があるということです。

 

 

今すぐブログを書き始めよう

会社員として働いてる人だと『別にいま必要無いしなぁ』って思ってるかもしれないですね。

でも、本当は今すぐ必要じゃない人こそやらないとダメなんです。

 

 

だって、もし『明日からキミ会社来なくて良いよ』って言われたとして、次の日にすぐ出来ます?

たぶん出来ないし、出来たとしても相手が準備出来てないから、すぐには伝わらないですよ。

情報発信し始めた直後にすぐ反応があるかって言ったらそんな事はまずない。おそらく読んですらもらえない。

 

 

世界的に有名な映画監督が作った映画ですら、公開の半年前とか1年前ぐらいから告知し始めるんです。

それだけやっても、公開初日には行かない人の方が多いのに、僕たちみたいな有名でもない人は、ある程度の期間発信し続けないと自分の周りの人にすら影響なんて与えられないんです。

 

 

それに最近は就職や転職の際も、採用担当の人は応募者のブログやSNSなどでの発信を見るところが増えているようです。

だからビジネスをしている人だけじゃなく、会社員を今後もやり続ける人にとっても情報発信は必要です。

だから、今すぐ情報発信を始めましょう。

 

 

世界中に向けて発信出来るけど、近くの人からで良い

『ブログを書こう!』って言うと、人気ブロガーのように月間10万PVとか100万PVとかを目指さないといけないと思い込んでしまって、『無理むり・・・』ってなる人もいます。

目指しても良いけど、別にそこ目指さなくて良いですよ。

 

 

もし、あなたが飲食店を経営していたとしたら、自分のお店にやってくる範囲の人たちに届けば十分です。

北海道から沖縄までの広範囲の人たちに見てもらったとしても、可能性はゼロとは言いませんけど、来てくれる人はほとんどいなさそうですよね。

 

 

だから、まずは近くの人に届けば良いんですよ。

商圏内の人がお腹すいたなぁってなった時に、あなたのお店の情報が届けばそれだけで来てくれる可能性が生まれます。

 

 

他のことでも一緒です。

何か面白い企画を考えたり、世の中の役に立つアイディアを思い付いたり、趣味の仲間を探したりなどなど、それらを実現するには情報発信することです。

そうすると、賛同してくれる人や応援してくれる人が出てくるかもしれません。

 

 

昔は情報発信するには多額のお金がかかったので、気軽には出来ませんでした。

ですが、今はお小遣い程度の費用で情報発信できます。

こんなにすごい時代になってるのに、情報発信しない人がいて、すごくもったい無いと感じています。

 

 

せっかくここまで読んだなら情報発信しましょう。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

情報発信出来るようになれば非常識が常識に変わる

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

関連キーワード
ブログの関連記事
  • 『早起きは三文の徳』の由来
  • 必要に迫られたことか、楽しくて仕方ないことしか身に付かない
  • やりたい事があるのに時間が無い人にオススメするタスクの管理方法
  • 上っ面の情報を鵜呑みにせず自分でしっかり考える
  • Amazon GO(アマゾン・ゴー)の登場でまた1つ人間の仕事が減るから少しずつやりたい事始めよう!
  • 信じてやり続けた者にのみ奇跡は起きる
おすすめの記事