Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

Twitterってどんなイメージですか?

 

 

こう質問すると、結構多くの人が抱いているイメージとして『炎上』が答えとして返ってきます。

確かに、キングコングの西野さんや、ドランクドラゴンの鈴木さん、堀江貴文さんの寿司職人の修行の話などTwitterが炎上したというニュースがテレビでも時折取り上げられるので、そういう印象が残っているのかもしれませんね。

 

 

この方々は有名人なので、みんなの注目度が高いので炎上しているのか、もしくは一般の人でも炎上する可能性があるのか、そこが気になってTwitterを嫌煙している方もいるように感じます。

 

 

そこで、今回は僕自身が8年ほどTwitterを使ってきてどうなのかを書きたいと思います。

 

 

Twitterアカウントの現状

僕自身のTwitterのアカウントが今どんな状態なのか簡単にご説明しておきます。

 

 

元々、Twitter自体を使い始めたのは8年ぐらい前です。

途中使っていない期間があり、パスワードが分からなくなってアカウントの作り直しをしているので、今のアカウントは2015年10月から使っている形です。

 

 

2018年10月時点でフォロワーが約1,200人なので、多くもなく少な過ぎるでもなく中途半端な状態です。

投稿数がもう少しで6,000ツイートなので、Twitterを日常的に活用している方に比べると少ない方だと思います。

 

 

一般ユーザーのTwitterが炎上することがあるか?

Twitterを使おうかどうかを迷っている人が気にしている『炎上』が一般ユーザーでも起こり得るのかどうかですが、可能性はゼロではありません。

実際に、有名人では無いのに炎上している人はいます。

ですが、割合でいうと一般の人の炎上は相当少ないはずです。

 

 

僕自身が8年間Twitterを使ってきて、炎上したことは一度もありません。

バズというほどの大きさでは無いですが、何度かかなり多くの人に投稿が拡散されたことがあるぐらいです。

 

 

その時はブログのアクセス数がいつもの15倍ぐらいになったので、Twitterの投稿が普段では考えられないぐらい広がったのですが、いわゆる炎上というような感じのネガティブなコメントもほとんど無かったです。

なので、可能性はゼロでは無いですが、心配するほど炎上することは無いというのが今の印象です。

 

 

仮に炎上したとしても気にする必要は無い理由

たまに批判のコメントをTwitterやブログでもらうことがありますが、正直全く気にする必要ありません。

それには明確な理由があるからです。

 

 

ネガティブなコメントをしているのは匿名ユーザーがほとんど

そもそも、有名人のTwitterアカウントが炎上している時に、コメントを書いているのは、ほとんどが匿名ユーザーです。

Twitterの場合は、Facebookと違って本名で運営する必要がなく、匿名での運営も公式に認められています。

 

 

そのため、かなり多くの匿名ユーザーがTwitter上には存在しています。

Twitterが炎上しやすいというのはこれが理由で、コメントを書いているのは匿名ユーザーばかりです。

 

 

そもそも会ったこともなければ、メッッセージのやり取りをしたことも無い知らない人の言う事を気にする必要はありませんし、自分が誰なのかバレないから書いているような卑怯な人に気を取られるのはあほらしいです。

人道的、倫理的に間違ったことを言っているわけでは無い自信があるのであれば、基本的には無視しておきましょう。

 

 

自分のことが嫌いな人はビジネス的には対象者にならない

このブログを読んでくださっている方は、Twitterを何かしらビジネス目的で活用しようと思っている人だと思います。

 

 

その観点から言うと、Twitterだけではなくブログやリアルでも同じですが、自分の事を嫌いな人はどっちにしてもお客さんとして来ることは無いので、気にする必要がありません。

お客さんとして来る可能性があるのは自分に好意を持ってくれている方です。

 

 

自分のことを嫌っている人がどれほど嫌っていようと、そもそも見込み客としてカウント出来ないので、そこを意識する必要は無いということです。

それよりは、自分のことに好意を持ってくれている人にフォーカスした方がよくて、自分のことを嫌いな人を減らすことよりも、好きな人の母数を増やすということに意識を向けた方が得策だと言うことです。

 

 

反対意見が出る=主張が明確である証拠

炎上というのは、発信した主張に関して相当数の反対意見が集まってきているということを意味します。

その主張が非人道的なものや、倫理的におかしいものであれば反省すべきかもしれませんが、考え方の問題なのであれば、むしろポジティブに考えても良いと思います。

 

 

反対意見が出るというのは、裏返すと主張が明確であるということです。

ふわっとした意見には賛同しにくいですが、明確な主張の場合はとても好きかとても嫌いの両極端に分かれます。

先ほどの話にも繋がるのですが、嫌いな人も増えますが、好きな人も増えます。

そうすると、ビジネス的な観点から言うと、お客さんになる可能性のある人が増えるということです。

 

 

インターネットで情報発信をすれば、自分と異なる考え方の人にも情報が届くようになります。

それを1つずつ気にしているとキリが無いので、批判は気にせず発信していくようにしましょう。

 

 

ちゃんとした人と繋がればTwitterも健全なコミュニティー

Twitterユーザーという、大きなくくりでコミュニティーを考えると、ネガティブな印象になるかもしれませんが、実際にはそれは一部の人たちです。

ほとんどの人はとても前向きにTwitterを使っていますし、良い人も多いです。

 

 

そういうポジティブな人たちとだけ繋がるように意識しておけば、炎上のリスクも下がりますし、健全な活用ができるはずです。

 

 

まとめ

今回は、Twitterの炎上について書きました。

 

 

Twitterというと炎上のイメージがあるかもしれませんが、ちゃんと使えばそうなる可能性は低いです。

また、情報を多くの人に届けるツールとしてTwitterは優れているので、それを気にして使わないのももったい無いと思っています。

 

 

テレビ等で観るイメージを過剰に受け取らず、情報発信のツールの1つとしてぜひTwitterを活用してみてください。

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事