丸亀製麺から学ぶ商売繁盛の秘訣
Pocket

関西人のソウルフードといえば粉もんです。

粉もんと言ってもお好み焼きからたこ焼き、焼きそばまで色々なものがありますよね。

 

 

そんな粉もんの中でも、私が最も好きなものの1つが『うどん』です。

シンプルなので、美味しいところと、そうでは無いところの差が大きいのも、うどんの特徴です。

 

 

そんな、うどん屋の中でもひと際注目を集めているのが丸亀製麺です。

私もよくうどんを食べに行きますが、チェーン展開されていてどこに行ってもあるということもあり、丸亀製麺にはよく足を運びます。

 

 

今回は、この丸亀製麺が他の飲食店と比較して繁盛している秘訣について考えてみたいと思います。

 

 

丸亀製麺の強み

先ほどもお話したように『うどん』と言えば、丸亀製麺ですよね。少なくとも私の中ではそうです(笑)

たしか初めて行ったのが、高校生の時ぐらいだったので、もう15年ぐらいになりますが、当時は他にはあまり無い目新しいスタイルのうどん屋さんでした。

 

 

まず、セルフサービスというのが新しかったですね。

香川県に行くとセルフサービスのうどん屋さんというのは普通らしいのですが、神戸では見たことがなく、うどん屋さんと言えば席に着いて注文取りに来てもらうというスタイルが一般的でした。

 

 

ですが、丸亀製麺では、まずは入り口でお盆を手に取り列に並ぶわけです。

そして、順番に調理している方に注文をお伝えして、その場でうどんを受け取ります。

さらに、レジまで続く通路にはかしわ天やエビ天、イカ天などの天ぷらや、いなり寿司やおにぎりなどの付随商品を取りながら進んでいきます。

 

 

繁盛している事が視覚的にわかる

このうどんを注文してから、レジまでの間にトッピングの天ぷらとかオニギリとかが並べられていて、レジまで順番に進みながら取らせるというのは、丸亀製麺がヒットしている一つ大きなポイントとなっています。

 

 

なぜなら、いつ行ってもレジ前には行列が出来る形になるので、人気があるのが視覚的に分かりやすくなっていて繁盛している様子が一瞬でわかるようになっているわけです。

 

 

お腹が空いてお店に入ってご飯を食べようと思った時に店を選ぶことがあると思いますが、入ろうかどうかを決める時に店の中を覗いてみることってありますよね。

その時に、誰もお客さんが入っておらずガラガラだったために入るのを躊躇した経験があると思います。

 

 

人というのは、繁盛しているところに行きたいと思うもので、ラーメン屋の行列に並んだりするのも同じ理由からです。

 

 

丸亀製麺の場合は、店の外からも行列が見えるような設計になっているため、繁盛していることが視覚的に確認でき、その連鎖でさらに繁盛しているという形です。

 

 

トッピングで客単価を上げている

もう一つの特徴が、レジに並びながらトッピングを取るというスタイルです。

 

 

自分の後ろにもどんどん人が並んでいくので、ある程度流れに合わして進みたいという気持ちは多くの人が持っているはずです。

特に日本人の場合は他人に気遣いが出来る良い人が多いので、流れを止めずに進む事を優先する傾向にあります。

 

 

その証拠に丸亀製麺で並んでいた時に、前の人がトッピングを選んでいることによって待たされた事がほとんどありません。

おそらくみなさん前の人に遅れないように進みながらトッピングを選ぶ人が多いんじゃないでしょうか。

 

 

その結果、軽い衝動買いみたいな感じで取り過ぎる時がけっこうあるはずです。

 

 

これは実は心理学的にも効果的な方法で、人というのは放っておくと決断を先送りにしがちなのですが、時間の猶予があるとしっかりと決断を下しやすくなります。

 

 

あの並んでいる列に送れないように歩いているスピードでトッピングを決めないといけないので、ある意味時間制限が設けられているようなものです。

そのため、一瞬でも食べたいなと思ったら、列に遅れないようにしないといけませんし、さらに前に進んでしまったら後から戻って取ることができないため、反射的にパッと手が伸びてしまうわけです。

 

 

丸亀製麺のうどん自体は280円でとても安いので、このトッピングでどれだけ客単価を上げられるかが勝負になっているわけですね。

 

 

セントラルキッチンを使わず店内で調理

おそらく意図的にそうしているのだと思いますが、基本的にどの店舗に行っても、レジに並んでいるところからしっかり見える場所で天ぷらを揚げていて、揚げたてがどんどん並べられるようになっています。

そのため、目の前に揚げたての天ぷらが並べられていくのを見ていると、食欲がそそられて思わず購入してしまいます。

 

 

大手のチェーン店というのは、チェーン全体としてコストの最適化を図る事と品質の均一化のために、セントラルキッチンを使うケースがとても多いです。

ある程度までは一箇所で作っておいて、それを各店舗に配送して、店舗では仕上げだけをしてお客さんに提供するという形です。

 

 

しかし、丸亀製麺ではそれをあえてやっていません。

各店舗で粉から麺を作っているし、オニギリ等も売れ行きを見ながら、店員さんがにぎっています。

 

 

チェーン展開している飲食業のセオリーから考えると非効率に見える行為ですが、そうしているからこそ、高い品質を維持できているということと、目の前で作っていることで安心感を見せることができています。

 

 

結局、それによってたくさんのお客さんが来ているので、非効率に見えて、もっと大きな視点から考えたら非効率では無いようになっています。

 

 

組み合わせと、ズラすこと

丸亀製麺自体はトリドールの系列なので、大きな会社のチェーン店ですが、丸亀製麺から学べることはたくさんあります。

上記のようなポイントを自分のビジネスに照らし合わせて活用できるようにするというのも1つです。

 

 

また、丸亀製麺の視点の持ち方についても参考にできるポイントがあります。

それは、既存の要素でも組み合わせが新しかったらそれは新しいということ。

 

 

丸亀製麺の場合でいうと、うどん屋さんというのは他にもいくらでもあり、特に珍しいものでもありません。

セルフサービスというのも他ではありました。

 

 

しかし、『うどん』と『セルフサービス』の組み合わせは今まで無かったので、みんな新しいと認識したわけです。

 

 

また、チェーン店だと普通は効率に意識が向いて、いかに低コストで商品を提供できるかという所に注力しがちですが、丸亀製麺は他のチェーン店とは視点をズラして店舗で調理をして品質を高めるという所にフォーカスしました。

 

 

つまり、同業者とは少しずらしたポイントで戦うというのも有意義なことであるということです。

 

 

まとめ

だいたいどこの店舗にいつ行っても繁盛しているお店なので、そこから学べる事は本当にたくさんあります。

今回は丸亀製麺を例にとってみましたが、店舗ビジネスでなくても参考にできる点はいくつも見つかります。

 

 

成功の秘訣をしっかり吸収して、うまく自分のビジネスに活用してもらえればと思います。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

本を読む事は大切だけど、それだけじゃ何も変わらない。アクションして初めて何かが変わる!

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

関連キーワード
  • 情報発信全体におけるFacebookの役割は大きく分けて2つ
  • 今からブログを始めるなら最初の半年間はクズみたいな記事を書き続けろ!
  • 差別化するために出来るとてもシンプルなたった1つの事
  • 三宮のほとんどの美容院はお客さんを取りこぼしています!一刻も早くオウンドメディアを作ろう!
  • やりたい事があるけど、なかなか一歩踏み出せてない人へ!
  • Facebookをビジネスに有効活用するなら知っておきたいエッジランクについて
おすすめの記事