裏ワザなんて無くて、泥臭い作業をするしかない

Pocket

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。 今日は『裏ワザなんて無くて、泥臭い作業をするしかない』というテーマです。 甘い話にすぐに心が揺れてしまう人は必須で読んでください(笑)  

ゲームに慣れ過ぎている

僕らの世代が子供のときに大ヒットしたものの一つにテレビゲームがあります。マリオとかパワプロとかドラクエとか毎日のようにやってました。今から考えるとびっくりするんですけど、昔のゲームには保存機能が無くて、ドラクエとかでも毎回やめるときにパスワードが発行されて、それを一生懸命ノートに書いていたのを思い出します。 ゲームの話題になるときに盛り上がるネタの一つが『裏ワザ』です。さっきのドラクエでいうと、いきなりレベル99からスタートできるパスワードとか、グラディウスの『上、上、下、下・・・』みたいなキーを先に押しておくと強い装備で始められるとかです。 これはゲームの中の世界なので、楽しめたらそれでいいんですけど(というよりゲーム会社の人はこういう遊びの要素をワザと入れてるらしいです)、リアル世界でもこれを求めてしまっている人がとても多いです。 アメブロやってると、よく分からん人(自動プログラム?)からコメント来たりします。『スマホをクリックするだけで、月100万円稼げる』みたいなやつ。あんなものが横行するのも、もしかしたら『楽して稼げる裏ワザ』があるかもしれないと、考えてしまう人がいるからでしょうね。 もし、そう思っているならいますぐ目を覚ましてくださいね(笑)  

IT業界の矛盾

僕は大学を卒業後、IT業界で働かせてもらうことになりました。そこで感じた矛盾が一つあります。 SEがハードワークしているという点です。 実際には時期にもよるし、人にもよるので、そうじゃない事も多いんですけど。そういうイメージを持っている人にはよく会うし、『デスマーチ』というITプロジェクトの過酷さを表現するような言葉が生まれているぐらいなので、実際にハードワークの部類に入るんでしょう。 僕自身も定時が夜中1時で週6、さらに月に1、2回は徹夜というのが2年近く続いた時があったので、しんどい時はしんどかったです。(でも意外とイヤじゃなかったんですよねぇ〜) 他の業界に目を向けると、外科医の先生とかだと、たぶんこれとは比べものにならないぐらいハードだと思うので、『なかには忙しい仕事もある』と納得していたのですが、さっきも書いた通り、1つ釈然としないことがありました。 『ITの仕事って、世の中を効率化していく仕事、つまり効率化を売り物にしている人たちが、毎晩遅くまで残業しているのは何でなんだろう?』ということです。お客さんに効率化を売ってるのに、自分は効率化出来ていないとか、『医者の不養生』みたいな感じですよね。 でもある時に分かりました。効率化するためには多大な泥臭い作業をする必要があるということを。ボタンをポチっと押したら自動化して色々やってくれるシステムを作り上げるには、ポチッとする人には見えない多大な苦労があります。 入る前はは涼しそうな顔してパソコンパチパチしているイメージだったんですけど、そんな仕事ではなく、意外に気合いと根性の要素が多かったのにびっくりしましたね。 何が言いたかったかと言うと、何事も地道にコツコツやっていくしかないということ。想像しているように、何かのキッカケで一気に全てが好転して、成功してしまうような裏ワザはなく(あっても自分のところには訪れず)、自分の出来ることを泥臭く積み上げていくしかありません。 キレイなセンター前ヒットも、ボテボテの内野安打も同じヒットです。地道に泥臭いことを積み上げていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!