Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

ホームページのURLには実は2種類あります。

『http://〜』というものと、『https://〜』というものです。

 

 

何が違うの?

 

 

はい、『s』がついてるかどうかだけです。

でも、この『s』がとても大きな意味を持っています。

 

 

SSL化と言うのですが、超簡単に言うと、サイトにセキュリティ対応がされているのかどうかをこの『s』は表しています。

この7月から常時SSL化されていないサイトに不都合が発生するケースが出てきます。

 

 

今回は、常時SSL化とは何か、どんな影響があるのかについてお話ししたいと思います。

 

 

★この記事を読むと得られること★
・SSLというのが何かが分かる!
・なぜ常時SSL化すべきなのかが理解出来る!
・Googleの今後の方針を知れる!

 

 

常時SSL化とは何か?

最初に『常時SSL化って何?』というところから簡単に説明しますね。

 

 

『常時SSL化』を知るためには、まず『SSL化』について知る必要があります。

SSL化というのは、Webサイトとそれを閲覧しているユーザーの間の通信を暗号化することです。

 

 

と言ってもイマイチよく分からないかもしれないので、もう少し詳しく説明しますね。

 

 

このブログを読んでもらっている今もそうなんですが、ブログの情報を保存しているコンピューターとあなたのパソコン(もしくはスマホ)とが通信しながら情報をやり取りしています。

 

 

ただ単にブログの情報を見ているだけだとイメージしづらいかもしれませんが、例えば申し込みフォームからメールアドレスを入力して送信するとします。

そうすると、あなたが画面上で入力したメールアドレスの情報は、僕のブログを管理しているコンピューターに送信されてくるわけです。

 

 

その時に普通に情報を送ってきてしまうと、スキルのある悪意を持った人がメールアドレスの情報を盗み見しようと思えば簡単に出来てしまいます。

ちょっと怖いですよね。

 

 

そんな事をされないように、情報を盗み見されても内容が分からないように『暗号化』ということをします。

この通信の部分を暗号化するための仕組みを『SSL』と呼びます。

 

 

メールアドレスを入力する画面や、クレジットカードでの決済をする画面などだけをSSL化するというのも可能なのですが、今後主流になるのはWebサイト全体をSSL化する事で、これを『常時SSL化』と呼びます。

 

 

なぜ常時SSL化が必要になるのか?

昔は『http://〜』で表記されるSSL化されていないサイトしかなかったので、これが普通だったのですが、インターネットを使って商品やサービスを購入する事が当たり前になってきた事で、セキュリティにも留意する必要が出てきました。

 

 

サイト内で入力された情報を簡単には読み取れないように対応した常時SSL化されたサイトのURLが『https://〜』になっています。

 

 

先ほどお話しした通り、今まではセキュリティに気を付けるべきサイトだけが『https:〜』になっていれば良かったのですが、この7月以降はそうはいかなくなり、全てのブログやホームページで対応すべきものとなります

 

 

というのも、最もシェアの高いGoogle Chromeというブラウザの表示が変わるからです。

 

 

 ブラウザとは?

インターネットに繋ぐ時に使うアプリの事です。

『Internet Explorer』、『Safari』、『Firefox』、『Opera』、『Google Chrome』などです。

 

 

どう変わるのかというと、『http://〜』のサイトを開いた時に『保護されていない通信』という表示が出てしまいます。

ただ、それだけなんですが、この辺りの事を知らない人が自分のサイトにやって来た時に、この表示が出てきたら、『こわっ、ウイルスに感染するのイヤやし、見るのやめよ!』ってなる可能性けっこう高いですよね。

 

 

なので、ブログやホームページを持っている方は、今すぐ自分のブログやホームページを開いてURLを確認してみてください。

その時に『http://〜』だったら、あなたのサイトにも『保護されていない通信』というのが表示されます。

 

 人によってタイミングが変わります!
Google Chromeのバージョンによって異なるので、旧バージョンを使っている人には今まで通り表示されます。

新バージョンになっている人には『保護されていない通信』というのが表示されます。

ブラウザ側の新バージョンの提供とユーザー側のアップグレードのタイミングによって適用されるタイミングは異なります。

 

 

ホームページ経由で商品・サービスが購入されるケースが多い方、ブログ(主にWordPress)が集客の起点になっている方は必ずチェックしてください。

 

 

もし『https://』になっていなかった方は、対応が推奨となりますのでぜひ一度ご連絡ください。

お問い合わせはこちらです。

 

 

まとめ

以前からGoogleの方針としても常時SSL化(https化)を進めるという事でした。

 

 

今回はWebサイトを閲覧する時に出てくる問題でしたが、今後はSEO対策(検索表示順位のこと)にも影響が出てくるという話も出てきています。

ですので、大きな流れとして常時SSL化は必須となりますので、面倒だと思わずにこの機会に対応してみてください。

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事