SEO対策の基本|Google検索エンジンに評価されるための基本知識
Pocket

ホームページやブログなどWebサイトを作成したら多くの人に見てもらいたいですよね?

 

 

アクセスしてもらう方法はいくつもあるのですが、1つがインターネット検索から自分のホームページやブログを見つけてもらう方法です。

このインターネット検索から自分のブログやホームページを見つけてもらうために行う施策の事を『SEO対策』と呼びます。

 

 

SEO対策をしっかりと行って、検索からのアクセスを確保することができれば、自分が休んでいる間にもブログやホームページに人が訪れてくれて、さらに商品やサービスを購入して行ってくれる可能性も生まれます。

もちろんSNSでシェアしたり、リアルな知り合いに告知をしてサイトを見に来てもらうということも必要なことではありますが、それだけに頼っていると、自分が動けない時はサイトへの人の流れも止まることになります。

 

 

そのためSEO対策をして、検索からアクセスしてもらうことを狙うのですが、その時に知っておきたい点が1つあります。

それは、SEO対策というのは今時点ではほぼGoogleの検索エンジンから評価されるために行う施策というのと同義だということです。

 

 

というのも、日本においてはGoogleとYahoo!での検索を使っている人が、インターネット検索している人の9割以上です。

さらに、Yahoo!はGoogleの検索の仕組みを使っているため、Googleの検索エンジンに評価されたら、Yahoo!でも上位表示が見込めるからです。

つまり、『SEO対策 = Googleの検索エンジン対策』だということです。

 

 

そのため、Googleが好むサイトの作り方、記事の書き方をしていくことが検索からのアクセスを増やす方法だとも言えます。

今回は、Googleの検索エンジンに評価してもらい、検索からのアクセスを増やすために知っておきたいことについてお話しします。

 

 

Googleの最大の評価基準はユーザー価値

Googleというと、世界でトップの天才集団で世界中のエリート達が集まっているので、ちょっとドライな印象を受けるかもしれませんが、彼らは徹底的にユーザー価値の向上にフォーカスしています。

検索している人の気持ちを考え、その人がどんな情報を求めているのかを判断し、その内容に添った記事を検索結果として提示します。

さらに、Googleの検索エンジンはとても頻繁に改善されていて、日々その精度を向上させて行っています。

 

 

昔は、自分の収益を上げるためだけの低品質なサイトでもテクニックで上位表示させることが出来ていました。

ですが、今のGoogleの検索エンジンではそれは出来なくなっています。

検索ユーザーにとって価値がある情報がそこに書かれているかをしっかりと評価して、ユーザーの役に立たないと評価したサイトは評価を下げて目に触れないようになっています。

 

 

また、検索のキーワードもちょっと文字を入れるだけで、予測で出してくれたり、同意語も引っ掛けてくれるようにしたりと、ここ最近のGoogle検索はユーザーが使いやすいよう改善し続けています。

これらはすべて、Googleの掲げている理念に基づくもので、すべてはユーザー価値を最優先するという考えから行われています。

Googleの掲げている理念については『「Googleが掲げる10の事実」を知ることがSEO対策の第一歩』という記事に詳細を書いていますので、Googleの考えを知るために1度読んでみてください。

SEO対策の基本|Google検索エンジンに評価されるための基本知識
2018.5.8
ホームページやブログなどWebサイトを作成したら多くの人に見てもらいたいですよね? アクセスしてもらう方法はいくつもあるのですが、1つがインターネット検索から自分のホームページやブログを見つけてもらう方法です。 このインターネット検索から自分のブログやホームページを見つけてもらうために行う施策の...

 

 

僕たちのようなWebを通して情報発信する人が考えるのは、検索する人にとってどんな情報をどんな形式で届ければ最大の価値が提供できるのかです。

それを徹底的に考えて、妥協なく提供できた人の記事は多くの人の目に触れて読んでもらえるようになるということです。

 

 

昔は被リンクだけで検索上位表示可能だった

なぜGoogleがわざわざ大変な労力をかけてまで、検索エンジンのアルゴリズムを改善してきたのかの理由を少しご説明します。

これを知っておかないと、間違ったSEO対策をしてしまってGoogleからのペナルティーを受けてしまい、検索結果から自分のブログやホームページが姿を消してしまうかもしれないからです。

 

 

 

なぜGoogleが検索エンジンの改善をし続けていたのか一言で言うと、Googleの検索エンジンの穴をついて、読む価値の無いような記事を検索結果の上位に表示させる人がたくさんいたからです。

 

 

WEBサイトというのはアクセスを集めれば集めるほど、それをお金に変えやすくなります。

Webサイトで何かものを売りたいと思った時にも、少ししか人が来ないサイトよりたくさんの人の目に触れた方がものは売れやすいのは分かりますよね。

また、WEB上に自分の商品やサービスの広告を出したい人はたくさんいて、アクセスがたくさん集められるサイトには広告主が付きます。

そうすると広告収入を得ることができます。人気テレビ番組にCMを出したいスポーサー企業が付くのと同じことです。

 

 

とりあえず、検索結果の上位表示さえしておけば、後からお金に変える手段はいくらでもあるので、無理やり上位表示させる人がたくさんいました。

そして、そもそもなんで無理やり上位表示させることができたかというと、昔の検索アルゴリズムは人気投票の仕組みになっていたからです。

 

 

例えば、僕がAさんのサイトがとても役に立つので、他の人にも知ってもらいたいと思ったら、このブログにAさんのサイトのURLを貼って紹介します。

Aさんのサイトから見ると、他のサイトからリンクを貼ってもらってるという意味で、これを被リンクと呼びます。

 

 

で、僕みたいな人がたくさんいてて被リンクがたくさんあったら、このサイトはこんなに紹介されるぐらいなので、役に立つサイトなんだろな、と普通は思いますよね。

Googleも昔は同じように考えていて、被リンクがたくさん付いているサイトは良いサイトだと考えて上位に表示させていました。

すると、悪知恵が働く人が出てきて、自分のサイトに自分でURL貼ったら検索で上位表示出来る、と考えたわけです。

 

 

そういう人たちが無料のブログサービスとかを山ほど登録して、そこにメインのサイトのURLを貼っていくということが横行しました。

さらに、リンクをたくさん貼ることを仕事にする業者まで現れたぐらいです。

これがまかり通ると検索結果は価値薄いサイトで埋め尽くされることになり、それではダメだということでGoogleは繰り返し検索アルゴリズムを改善していったわけです。

 

 

で、結局なにを伝えたいのかというと、単純にリンクを貼るだけでは検索結果に上位表示出来ないどころか、逆にペナルティーを受けてしまう可能性があるので、むやみやたらとリンクを貼るというのはやめましょう、ということです。

 

 

Googleに評価されるには価値あるコンテンツを作ること

そして、Googleが検索アルゴリズムをかなりの精度まで高めてくれたおかげで、あまり内容のないサイトが上位表示することはほとんどなくなりました。

その結果、僕たちコンテンツ提供側としては逆にシンプルな考えで情報発信していくことが可能となりました。

つまり、変なテクニックに目を奪われることなく、読み手にとって価値あるものを提供する、これだけに的をしぼっていけば良くなったということです。

 

 

もちろんこれ自体も簡単なことではないですが、本来あるべき形になったということ。

どんなジャンルも成熟してくると、抜け道がなくなってくるので、本物だけしか生き残れなくなります。

生き残っていけるだけの力をつけていかないといけないので大変ではありますが、それが出来ればかなり有利に生きていけるので、ぜひ本当の力を付けるべく努力していきましょう。

 

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

関連キーワード
SEO対策の関連記事
  • 定期開催イベントの案内ページの認知を広げるためのSEO的考え方
  • SEO対策に取り組むなら最初に理解しておくべき基本の考え方
  • アクセス解析
    Webサイトの改善はアクセス解析で分析して行う
  • コンテンツSEOを理解してブログ・オウンドメディアに検索からの劇的なアクセスアップをはかろう!
  • SEO対策を促進させるサイトマップの基礎知識
  • SEO対策の第一歩はGoogleの検索エンジンについて理解すること
おすすめの記事
『早起きは三文の徳』の由来
ブログ
今日は全然役に立たない話を書くので、興味ない方は今すぐに画面を閉じてください(笑) さっきFacebookを眺めていたら、知り合いでWe...