価値はシチュエーションによっても変わる
Pocket

昨日は『価値』というのは属人的なもので、人によって価値を感じるポイントは異なるという内容でした

価値というのは極めて属人的なものだということ
2018.5.3
ビジネスというのは、相手に価値を提供して、その対価としてお金をいただくということが本質です。 今日はこの『価値』というものがテーマです。 価値ってなに? 『価値』っていう言葉は小学校で習うので、当然読めるし、この言葉自体は知っていますよね。 でも、価値の意味を教えてくださいと言われたら、パッと答...

 

 

今日はシチュエーションによっても価値の有り無しは変わるという話です。

腹減った時の塩おにぎり

世の中には美味いものって沢山ありますよね。

 

 

焼肉、寿司、ステーキ、高級中華などなど、美味しいと思う食べ物をアンケートした時に上位に来るものよりも、実は圧倒的に美味いものがあります。

 

 

それは何かと言うと、めっちゃ腹減った時に食べる『おにぎり』です。

本当にお腹すいた時は、具なんて、何も無くて良くて、塩だけパラパラと少しまぶしてくれれば十分です。

これだけで、世の中のどんな食べ物より美味くて、どんな食べ物食べた後より満足感が得られます。

ビール好きな人の場合だと、真夏のめっちゃノド渇いた時に飲むビールも同じ感じですよね。

 

 

つまり、普段は『ただのおにぎり』にそんなに価値を感じないかもしれませんが、『めちゃくちゃ腹減った』というシチュエーションになったときには、グンとその価値が上がるわけです。

 

 

他の例でいうと、コンビニで水買ったことありますよね?

ペットボトルの水って日本のコンビニで買うと100円ぐらいです。

これがもし1000円で売られていたら、あなたは買いますか?

おそらく買わないでしょう。

 

 

でも、これは日本の日常だからそうなのであって、他のシチュエーションになったら話は変わってきます。

 

 

例えば、砂漠の真ん中で手持ちの水は飲み干してしまっていて、次にいつ水が手に入るかが分からないという状況になってしまったら、1000円だったとしても即買いすると思います。

全く同じペットボトルに入った水であっても、シチュエーションによっては10倍の価格差でも買います。

相手も納得した上で。

 

 

ここから分かるのは、価値というのはそれを作るためにかかった原価でははかれないということ。

原価で価値をはかるなら、砂漠でも100円で買わないと帳尻合いません。

でも、さっきも言った通り、同じ水でも砂漠に持っていくと、1000円以上の価値を感じてみんな買うわけです。

 

 

これは僕やあなたが持っている知識や経験、知恵やノウハウなどでも同じです。

そこに価値を感じてもらえるシチュエーションがであれば、高く買ってもらえるし、そうでなければ安く、もしくは買ってもらえないでしょう。

 

 

自分の提供出来る価値が、より高くなるのはどんなシチュエーションなのかを考えていきましょう。

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

ブログの関連記事
  • 『遊びを仕事にする』ことが必須の時代にこれからなっていく
  • あなたの発信する情報を求めている人は沢山いる
  • 個人ビジネスのスタート時はホームページよりブログを作ろう
  • 落ち込んでも仕方ない!都合の良い解釈をしてセルフイメージを上げよう!
  • エビングハウスの忘却曲線を理解して勉強の効率を向上させる
  • 時代は個人ビジネスに向かっている
おすすめの記事
オウンドメディア構築の全体像
オウンドメディア
オウンドメディアを持ちたいけど、何から始めて良いかも分からない。 そうお悩みではないでしょうか? インターネットが普及して、スマホを使う事...