タマネギの皮から学ぶ!それに価値があるかどうかは相手が決めること

Pocket

ちょっと前にテレビで『タマネギの皮でも売れる』というのをやっていたそうです。

 

スーパーとかで1玉でタマネギを買ってきたら、一番外側に茶色い皮がついてます。

あの部分って食べれないし、使い道が特に見当たらないので、当然のようにゴミ箱に捨てますよね。

 

 

あれがインターネットで販売すれば売れるらしい。これを聞いて最初は『???』でした。

 

普通に考えたらゴミですよね。でも、そのゴミに対してお金を払って買う人が実際にいるということ。

なんで売れるのかご存知ですか?

 

パサパサやし、そんなに綺麗な色でもないし、食べれそうにもないですね。

 

あのタマネギの皮が何に使うのかというと、タマネギの皮を使って『タマネギ茶』というのを作るらしいです。

たぶん、テレビか何かでタマネギ茶が健康に良いとかってやってたんだと思うのですが、それを見た人たちがタマネギ茶を作るためにタマネギの皮が必要で買っていくそうです。

 

タマネギ茶を作りたいけど、自分が料理で使う分だけではお茶を作るほどの量にならないという人が、タマネギの皮を買っていくわけです。

 

 

タマネギの皮が売れるんだったら、だいたいどんなものでも売れますよね。

 

『自分には何も価値あるものを持っていない』という人がいますが、これを考えたらそんなことは無いですよね。

タマネギの皮より価値の無い人なんていないですよ(笑)

 

それは『持っていない』のではなく、『気付いていない』だけです。

 

 

・他人が出来ないこと:あなたがやってあげる事に価値があります

・他人にも出来るけど質が悪い:あなたのクオリティーに価値があります

・他人にも出来るけど時間がかかる:あなたがやってあげる事で、他のことに時間が使えるようになります

 

世の中の誰1人それに価値を感じないというものであれば、残念ながらそれは『ゴミ』です。

でも、今まで何年も生きてきたわけですから、『タマネギの皮』以上のものは必ず持っています。

 

自分の価値っていうのは、自分では分かりにくいかもしれませんが、他人から見たらそれはとても価値がある可能性があります。

 

自分はどんな価値を持っているのか、一度考えてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!